マイホームの頭金の貯め方、成功者に聞いた4つのコツ

2016/11/30

マイホームの購入を考えたとき、まず頭を悩ませるのが購入資金となる頭金の準備ではないでしょうか。人生の中でも大きな買い物になるため、計画的に準備したいところ。今回は、年間数百万の貯金に成功した方の体験談を基に、マイホームの頭金を貯めるコツを4つご紹介します。
マイホームの頭金の貯め方、成功者に聞いた4つのコツ

マイホームの頭金|会社の福利厚生制度を利用しよう

福利厚生として住宅資金の制度がある会社の場合、若いころから利用して頭金を少しでも多く貯めてしまいましょう。貸付金利も、一般的な金融機関の住宅ローンよりも優遇されていることが多いです。

実際に、会社の制度を利用したAさん。
地方出身者も多い会社で、社員に対しての福利厚生も手厚い企業だったそう。 その福利厚生の一環として、住宅資金に関する融資制度があったようです。
その企業では、毎月の給与から住宅資金として預金をし、住宅を建築したり購入するときには市場より低金利で会社の住宅ローンを借りられるというものだったそう。
ただし、住宅ローンを借りるときは、預けた金額は頭金などに充当され、不足分は毎月の徴収天引きで返済、退職年齢にまで返済できなかった場合は退職金で一時的に返済する方法だったそうです。

Aさんは言います。
「勿論、会社の貸付額はそんなに多くは無く限度額がありましたし、後の足りない分は市中の金融機関から借りるようになります。この様な方法で住宅ローンの目安は付きました。しかし、頭金が不足していたため、不足分は、妻にも協力してもらい、始めのうちは仕事をしながらセッセとマイホームの頭金を貯めていました」とのこと。

その甲斐あって、Aさんは会社へ就職してから5年目ほどにして念願のマイホームを取得する事が出来たそう。郊外のマンションで、価格的には3,000万円前後の3LDKの建物でしたが、例によって会社から1,000万円、民間の住宅ローンで1,500万円、購入するときの頭金や諸経費などを含めて500万円ほどを用意でき、念願のマイホームを手に入れることができたそうです。

マイホームの頭金|定期積立で確実に目標金額を貯める

14 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -