おみくじで大大吉があるって知ってる?大大吉を引くことの意味

2017/02/20

初詣でおみくじを引くときに願うのは「大吉でありますように!」ということ。でももし、開いたおみくじに「大大吉」と書いてあったら…。めちゃめちゃハッピーな気分で1年を始められそうですよね!!そこで今回は、とっても珍しい大大吉について、寺社仏閣マスターの本田もみじがご紹介しましょう。
おみくじで大大吉があるって知ってる?大大吉を引くことの意味

大大吉を目指す前に、まずはおみくじの順序をおさらい

おみくじの順序で一般的なのは「大吉・中吉・小吉・吉・半吉・末吉・末小吉・凶・小凶・半凶・末凶・大凶」というもの。
しかし凶のつくものは「参拝者にショックを与えたくない」「なるべく気持ちよく帰って欲しい」などの寺社の心遣いから、数が少なくなっているか、入っていないパターンもあります。

またこの吉凶の種類は、実は取り扱う寺社によっても変わります。
よく見かけるのは7段階・5段階ですが、京都の伏見稲荷大社のように17段階にも分かれているところもあるのです。

そして私たちは大吉を引き当てると「一番良いものを引けた」と思って、とってもハッピーな気分になりますよね!
いい年になりそうな予感がして、気分よく帰ることができそうです。

しかし、日本に数ある神社の中でほんの少数の神社では「大大吉」というおみくじが存在します。
とても珍しいので、その存在を知らない人もたくさんいることでしょう。

大大吉は、願いが叶う最高の運です。
もしおみくじを開いて「大大吉」が出てきたら…何年も飾っておきたくなるほど嬉しくなるのは間違いなし!
まさにいい運気の頂点に当たる、特別なおみくじなのです。
13 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -