親の介護問題!アラサ―女子が考えておきたいポイント

2016/11/29

あなたのご両親は、何歳でしょうか。まだまだ現役で仕事をしている?それともセカンドライフを自由に暮らしている?しかし、今は想像ができなくてもいつかはご両親の介護という問題が私たちにのしかかってきます。今回は、ちょっとシビアだけど考えておきたい介護問題についてです。
親の介護問題!アラサ―女子が考えておきたいポイント

親の介護は実子がする時代になったって本当?

まず、「介護は専業主婦である女性がするもの」という考えをいったん捨てましょう。

「だって私のお母さんは、おばあちゃんの介護をしていたよ」
「彼氏に、結婚したらうちの両親の介護を頼むよってプロポーズされた」

そんな女子もいるかも知れません。
しかし時代は大きく変わっています。
まず「専業主婦」という考えが当たり前だった昭和時代と今とでは、社会の仕組みも大きく変化していますよね。

そして私たちが両親の介護に直面する数十年後には、日本の社会はさらに変化している可能性もあります。
たった20年前にはスマホなど無かったのですから、20年後には全然違う生活をしていても不思議ではありません。

つまり、親は「女が介護する」「主婦が介護する」というのは、ちょうど私たちの親世代の考え方であり、私たちの世代では通用しないものになっているのです。

しかし今の60代以上と、その世代に育てられ固定概念を受け継いだ一部の人は、もちろんまだ「介護は女がすべき」と思っています。
もしあなたが「私がするべきって言われた・している」というのなら、そしてそのことを負担に感じているのなら、ちょっと立ち止まって時代の変化に耳を傾けてみましょう。

今は「親の介護は実子がする」時代になってきています。
そうですよね、女性も男性と同じ教育を受け、同じように社会に出るのですから…親の介護だけ女がするべきことではないのは、考えると当然のことでもあるのです。

親の介護問題、こんな場合はどうすればいいの!?

14 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -