京都・地元民に人気のパワースポット巡り【蹴上・烏丸・伏見の旅】

2017/05/23

女子の間では、京都のパワースポット巡りが定着しつつあります。そのため、京都のパワースポットはほとんど有名になってしまいました。しかし京都には、なかなかネットやテレビでは取り上げられない穴場のパワースポットもまだまだ存在しています。「もう行き尽した」と言うあなた、もしまだ行ったことが無い場所があれば…更なる力を受け取りに巡ってみましょう!
京都・地元民に人気のパワースポット巡り【蹴上・烏丸・伏見の旅】

京都のパワースポット巡り1 日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)(蹴上)

京都のパワースポット巡りにおすすめなのが、日向大神宮。
京都市山科区、地下鉄「蹴上」の駅から歩いて15分ほどの場所にあるこの神社は、まさに穴場のパワースポットです。京都市内と山科区の間に横たわる山超えの街道にあり、伊勢神宮にお参りに行く人が多く通っていたため、大昔から旅の安全を司る神社として信仰されてきました。

日向大神宮は有名な南禅寺や蹴上インクラインから近い場所にありますが、ほんの少し山の方へ上るため観光客はとても少なく、東山のすがすがしい自然のパワーを受けることができます。

この神社のパワーの源は、境内にあるとっても不思議な「天の岩戸」です。この岩の穴をくぐることで厄払いになり、運気アップの効果があるとされているのです。

まるでトンネルのような岩穴は途中で直角に曲がっています。そのポイントには「戸隠神社」があり、天照大神がこもってしまった天岩戸を手で開けた「天手力男(あめのたじからおのみこと)」が祭られています。

そのためこのトンネルをくぐることで「人生の扉が開く」とされ、開運を実感する人が後を絶たないのです。一度運気アップを実感した人たちが定期的にお参りに来ることでも知られ、「年に1回はこの神社に来ると決めている」と言う人もたくさんいるほどです。

京都のパワースポット巡りで最初に訪れたい場所です。
駅から15分歩くので、歩きやすい服装で訪れてくださいね。


■詳細情報

名称:日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)
住所:京都市山科区日ノ岡一切経谷町29
アクセス:地下鉄東西線 蹴上(けあげ)駅下車 (1番出口) 徒歩15分
営業時間:9:00~17:00
URL:http://www12.plala.or.jp/himukai/

京都のパワースポット巡り2 六角堂(ろっかくどう)(烏丸)

京都のパワースポット巡り、日向大神宮の次に訪れたいのは、烏丸にある「六角堂」です。
日向大神宮最寄り駅の蹴上からは、東西線で1本です。

実はめちゃめちゃパワーが強い場所なのですが、パワースポットとしてあまり認識されていない穴場のお寺なんです。京都の中心地にあるため、観光や買い物ついでにフラッと立ち寄ることができるので、京都のパワースポット巡りにはぴったりの場所です。

この六角堂がパワースポットとされるいわれは、まず聖徳太子が建立したというところです。その昔、聖徳太子が四天王寺を建てるために京都に材木を探しに来た折、六角堂の場所で念持仏(持ち歩き用の仏像)が動かなくなり、この場所で民衆を救いたいとお告げがあり…そこに建てられたのが、六角堂なのです。

また昔は神社やお寺を建てる際には、風水や陰陽道、地場のパワー、龍穴や地形などを綿密に計算して場所を決めていました。そのため、古くからあり今まで残っているというだけで「パワースポット」であることが証明されるのです。

鎌倉時代には、聖徳太子を深く尊敬していた親鸞聖人が比叡山から毎日六角堂に参っていたとも言います。のちの浄土宗を開くきっかけにもなった親鸞の「六角堂参籠」、歴史的にもとても重要な場所とされている理由が分かりますね。

さらに境内には「へそ石」と呼ばれる、中央に穴の開いた不思議な石が置かれています。
このへそ石は、かつて「京都の中心」とされた場所でした。マジカルなパワーに溢れた平安京のど真ん中と聞くと、いかにパワーに溢れている場所なのか想像できますね!

六角堂のご本尊はとても小さな如意輪観音さまです。これは思いのままに願いを叶えてくれる観音様としても有名です。残念ながらとても小さいサイズなのと、通常は秘仏とされており見ることはできません。しかし六角堂に行った際には、しっかりとお参りをするようにしましょう。きっと良いパワーを受け取って帰ることができますよ!


■詳細情報
名称:六角堂(ろっかくどう)
住所:京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町
アクセス:・京都市営地下鉄「烏丸御池」駅5番出口から徒歩3分
     ・阪急京都線「烏丸」駅21番出口から徒歩5分
営業時間:6:00~17:00
URL:http://www.ikenobo.jp/rokkakudo/index.html

京都のパワースポット巡り3 御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)(伏見)

京都のパワースポット巡り、日向大神宮・六角堂の次に訪れたいのは「御香宮神社」。
烏丸から四条までランチや買い物がてら散歩して、烏丸線に乗りましょう。近鉄乗り入れの電車に乗れば1本で伏見まで到着です。

京都で「伏見区のパワースポット巡り」と言えば、何と言っても有名なのはドラマや映画のロケ地にも多く使用される千本鳥居のある「伏見稲荷大社」。そのため観光客はそこに集中してしまい、なかなか他のスポットへは足を伸ばしません。

しかし伏見区に住んでいたことのある筆者のおすすめは、伏見稲荷大社以外にあります。
それは「御香宮神社」です。

伏見と言えば湧き出る名水と、その水で作られた日本酒でも有名ですが…御香宮神社ではその美味しい水を飲むことができるのです。

この水は「京都の名水百選」にも選ばれており、甘くいい香りがすることから「御香水」と呼ばれています。飲むことで病気が治り運気も上がるとされているため、地元の人は頻繁に立ち寄り、そのお水を飲んでいるのです。

また御香宮信者のご祭神は神功皇后という女性です。
そのため女性の願いや、安産にとってもご利益があるとされているのです。家族が妊娠したらこの神社に水を汲みに来る、という京都市民もいまだに多くいますから、いかに古くからパワースポットとして信仰されていたかが分かりますね。

パワースポットから湧き出る水を飲むということは、そのパワーを体内に取り込めるということ。参拝してその神社のパワーを感じることができても、体内にパワーを取り込める神社は、そうありません。京都のパワースポット巡りでは欠かせない場所なのです。

京阪・近鉄の駅からも歩いてすぐなので、アクセスもしやすい神社です。
近くには伏見の酒蔵エリアや坂本龍馬の泊まった旅籠・寺田屋などの有名な観光地もあるため、京都のパワースポット巡りに行く際には「御香宮神社」がてら、伏見観光もプランに組み入れてみてくださいね。



■詳細情報

名称:御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)
住所:京都市伏見区御香宮門前町174
アクセス:(1)京阪電車京阪本線伏見桃山駅から徒歩で5分
     (2)近鉄電車京都線桃山御陵前駅から徒歩で5分
営業時間:9:00~16:00
URL:

まとめ

京都の穴場パワースポット巡り4選。

  • 日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)
  • 六角堂(ろっかくどう)
  • 御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)
についてご紹介いたしました。

京都の穴場パワースポット巡り、いかがでしたか?

聞いたことが無い場所もいくつかはあったのではないでしょうか。
もし「全部行ったことがあるよ」という人がいたら、あなたはかなり京都に精通していると言えます!
街全体に不思議なパワーが溢れている京都、ぜひこれからも自分に合ったパワースポットを探して巡ってみてくださいね。
13 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -