木と土重視の「庭風水」でパワーを吸収!恋愛運も仕事運もアップ

2017/08/28

元占い師のマリアです!世の中、様々な風水情報があふれています。風水の流派もいろいろですが、一貫した考え方は「自然界のパワーに逆らわず、上手に利用する」ということです。日本は特に四季がはっきりしていますから、季節のパワーを味方につける「庭風水」は、楽しく運気アップできる方法です。今回はこの「庭風水」についてお話します。
木と土重視の「庭風水」でパワーを吸収!恋愛運も仕事運もアップ

庭やベランダの「土」と「木」の風水のすすめ

部屋の中と違い、外の世界に直接触れる庭は、自然のパワーをしっかり取り入れてくれています。「庭風水」とは、そんな庭で開運植物を育てて飾る風水アクションです。

庭で土いじりをすると、大地のパワーである「土」をはじめ五行の他のパワーも貰えます。(五行とは、木火土金水の5つの要素)

外の世界には、初めからすべて揃っているからですね。庭のない人はベランダや窓際でも大丈夫です。外の気に触れながら植物を育てることが大切なのです。

風水で良いとされる植物を育てれば、気持を明るく保ち、運気をアップできます。特に「土」と「木」のパワーを強化できるので、ガーデニングや庭仕事は、風水上、とってもおすすめなのです!

なぜ庭風水に「土」と「木」を重視するのか?

現代人に、とても多い鬱症状。一部の特殊な人がなるのではなく、誰がいつなっても不思議ではない社会に、私たちは暮らしています。

日光を浴び(日焼けには注意)、「土」と植物(木のエッセンス)を触り、定期的な手入れが必要な「庭仕事」「ガーデニング」が、鬱症状の予防や緩和にとても有効だという結果がでています。
ついでにいえば、育てる植物の「木」の要素は、人間関係を作るのに欠かせない要素なので、恋愛運にも仕事運にも良いのです。

また、実際の風水作用も家の外のほうが大きいのです。
できるだけ部屋も換気をこまめにするなど、いつも外の気を取り入れると良いです。(空気の悪い場所に住んでいるなら、植物をぜひ置いてください)

ところで今回は、ベランダの小さな空間、一般的な戸建ての庭を想定してお話したいと思います。
30 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -