木と土重視の「庭風水」でパワーを吸収!恋愛運も仕事運もアップ

2017/08/28

元占い師のマリアです!世の中、様々な風水情報があふれています。風水の流派もいろいろですが、一貫した考え方は「自然界のパワーに逆らわず、上手に利用する」ということです。日本は特に四季がはっきりしていますから、季節のパワーを味方につける「庭風水」は、楽しく運気アップできる方法です。今回はこの「庭風水」についてお話します。
木と土重視の「庭風水」でパワーを吸収!恋愛運も仕事運もアップ

庭やベランダの「土」と「木」の風水のすすめ

部屋の中と違い、外の世界に直接触れる庭は、自然のパワーをしっかり取り入れてくれています。「庭風水」とは、そんな庭で開運植物を育てて飾る風水アクションです。

庭で土いじりをすると、大地のパワーである「土」をはじめ五行の他のパワーも貰えます。(五行とは、木火土金水の5つの要素)

外の世界には、初めからすべて揃っているからですね。庭のない人はベランダや窓際でも大丈夫です。外の気に触れながら植物を育てることが大切なのです。

風水で良いとされる植物を育てれば、気持を明るく保ち、運気をアップできます。特に「土」と「木」のパワーを強化できるので、ガーデニングや庭仕事は、風水上、とってもおすすめなのです!

なぜ庭風水に「土」と「木」を重視するのか?

現代人に、とても多い鬱症状。一部の特殊な人がなるのではなく、誰がいつなっても不思議ではない社会に、私たちは暮らしています。

日光を浴び(日焼けには注意)、「土」と植物(木のエッセンス)を触り、定期的な手入れが必要な「庭仕事」「ガーデニング」が、鬱症状の予防や緩和にとても有効だという結果がでています。
ついでにいえば、育てる植物の「木」の要素は、人間関係を作るのに欠かせない要素なので、恋愛運にも仕事運にも良いのです。

また、実際の風水作用も家の外のほうが大きいのです。
できるだけ部屋も換気をこまめにするなど、いつも外の気を取り入れると良いです。(空気の悪い場所に住んでいるなら、植物をぜひ置いてください)

ところで今回は、ベランダの小さな空間、一般的な戸建ての庭を想定してお話したいと思います。

運気アップ、まずは掃除から!

家の外看板とも言える「庭」は、風水でも大切にされている空間です。
花や木々を植えて、畑を作る…小さな自然に心が癒されますね。

風水では「方位」よりも重要視しているのが「掃除」です。
「良い気」は、掃除により「綺麗に整頓されている」ところに流れます。
どんなに吉方位といわれる場所でも、雑然としているところに「良い気」は流れません。
それどころか、気が滞り、停滞していくばかりです。

庭も同じ。
雑草は伸び放題、手入れがされていない木々や、枯れた草花があると、気の流れは停滞し、その家に影響を与えます。
とくに、庭には欠かせない「木や草花」は、風水陰陽五行の「土の木」と「木の気」を強く持っており「財産運」「家庭運」「健康運」など、家族が平和に暮らしていく運気が大きく関わっています。
風水から見た運気アップのお庭作りをするときは、方位に合ったコーディネートと共にきちんと手入れをして更なる運気アップを目指しましょう!

庭やベランダに置きたい植物の方角と種類

方角ごとに、おおまかに合う植物があります。

・東と東南 NG植物以外は、なにを育ててもOK!小さな鉢で金魚やメダカを飼ってもOK!
・南 原産地が熱帯とか南国の植物が良いです。ラン、パキラなど。やる気が出ます。
・西と南西 金運の方角といわれますが、ギャンブルよりも貯金運です。ひまわりなど黄色い元気な花、クチナシや金木犀など花弁が厚くしっかりした白や黄色、オレンジ色の花。
・北西 アンスリウムなどハンギングプランターを楽しんでも。日当たりの問題で樹木はアスナロなどが良いです。
・北 うちは庭が真北なんだよ!という場合、日陰に強いコニファーやアスナロが良いです。

風水上、特別な意味のある植物

古くから吉とされ、おじいちゃんやおばあちゃんが植えていた樹木があります。

オモト(万年青)、名前に「富貴」とつく植物すべて、福寿草、アジサイ、梅、竹、松、センリョウ、など。

花梨は「金を借りんで金運が良い」など、ダジャレみたいな語呂合わせも在るのですが、これまで信じてきた人々の気持ちも受けて育ってきているので、結局本当に縁起の良いパワーを持っているのです。

庭とは違うかもしれませんが、T字路の突き当りに家があったり、玄関を出てすぐ電柱があるなどの家相的によくない場合も、玄関前に木を植えるか観葉植物を置くと、悪い気を和らげることができます。

ほかにも気になる場所があれば、観葉植物を置いてみてください。

花を植える庭風水*方位に合った花で運気アップ!

あなたの好きな花を庭に植えましょう。
基本的に、花は方位を気にしなくても大丈夫。色とりどりの花の美しさは、庭から家全体を「生きるパワー」で包み込み幸福を運んできます。

運気を意識して花を植えるなら、花と東西南北の性質を知りましょう。
●恋愛運アップ
恋愛運をアップするのは、ピンクのチューリップ・マーガレット・コスモス・スィートピーなどピンクや白の花々。
方位:北(水の気)
可愛らしいお花が、素敵な出逢いを引き寄せてくれるでしょう。
●仕事運アップ
仕事運をアップするのは、赤または紫の薔薇・ブルーデージー・ムスカリなど青い花々。
方位:東
赤く鮮やかな薔薇は、情熱的なやる気を引き出して仕事に対する意欲を増していきます。
社会のストレスを感じているなら、青い花がおすすめ。浄化作用があり、気持ちをリセットしてくれます。
●金運アップ
金運をアップするのは、ひまわり・黄色からオレンジ系のガーベラ・ユリ・マーガレットなど、暖色系と白の花々。
方位:西
黄色からオレンジ系の花は、眺めているだけでも明るく楽しい気持ちを与えてくれます。
金運は明るい場所にやってきます。
ユリは陰の気を含んでいますが浄化力があり、優雅さをあらわします。
金運は物質運でもあるため、陰陽バランスがとても大切。暖色系と白の組み合わせで良い運気を引き寄せましょう。
ポイントは、花で西方位を埋め尽くさないこと。花も空気の通り道が必要ですし、金運にも風通しが大切ですから、花は適度な量で充分です。

サボテンは風水では「悪いことを防ぐ」?!

30 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -