可愛い八重歯と犬歯の違い、知ってますか?

2017/07/26

近年「つけ八重歯」なるものが人気になるほど、日本には八重歯を可愛いとする文化がありますよね。しかし、ここで確認しておきたいのが、多くの人が八重歯のことを勘違いしていないか?ということです。みなさん、尖った歯のことを八重歯だと思っていませんか?それは間違いなんです。今回は犬歯と八重歯の違いと、八重歯ができる理由についてご紹介しましょう。
可愛い八重歯と犬歯の違い、知ってますか?

歯は大きく分けて3種類!切歯、臼歯、犬歯とは?

歯は大きく3種類あります。前歯にあたる「切歯」、奥歯にあたる「臼歯」、その中間にある「犬歯」です。これらはそれぞれ違う役割を果たしています。

切歯・・・食物を噛み切ったり、発音をよくする役割。
臼歯・・・切歯が噛み切った食物をすりつぶしたり、細かくする役割。
犬歯・・・食物を切り裂く役割。

歯の種類|犬歯とは?

ひし形のような形をしている犬歯は、食べ物を切り裂く「牙」です。

よく映画等で、吸血鬼が人に噛みつく時に出てくる一番長い歯もこの犬歯です。

この歯は、全ての歯の中で根が最も長く、強度があります。そのため、歳を重ねて最後まで残るのはこの歯であることが多くなります。

また、犬歯は噛み合わせを正常な位置に保ち、アゴの働きを支えている大切な歯なのです。

歯の種類|八重歯とは?

八重歯は、正式には「上顎犬歯の低位唇側転位」といいます。

犬歯の部分が八重歯になりやすいことから、このような名称で呼ばれるようになったと考えられています。

なんだか、難しい名前ですが、つまり、上顎の犬歯が歯列より前に出ている場合、その歯を八重歯というのです。

歯の種類|八重歯ができる理由

人によって八重歯がある人とない人がいますが、それは「アゴの骨の大きさ」が大きく影響しています。

前提として、乳歯から永久歯に生え変わるとき、上顎は最初に乳切歯、次に乳臼歯、最後に乳犬歯が抜け落ちます。

そしてアゴの大きさが小さい人の場合、正常な位置に犬歯が生えるスペースがなくなり、あとから生えた犬歯が外側に押し出されてしまうことがあります。この歯を八重歯というのです。

現代の子供たちは特に、食生活の変化などに伴いアゴが細くなり、永久歯が生える十分なスペースがなくなったことで歯が正しい位置に生えづらくなっているようです。

【引用】
https://iemo.jp/45641
http://www.kawaramachi-kyousei.com/column/576/
http://www.jpao.jp/trendwatch/vol10/
http://www.jpao.jp/trendwatch/vol10/index02.html
http://www.yabe-shika.com/cgi-bin/yabe-shika/siteup.cgi?category=2&page=3
http://ha-shiritai.com/double-tooth/
【記事提供】
15 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -