相続トラブル5つの体験談

2016/12/07

相続は何度も経験する方は少なく、トラブルの話を聞いても他人事のように思っている方も多いのではないでしょうか。いざ、相続するという事になったとき、どのようなトラブルが想定されるのか、相続トラブルで苦労した方5人の体験談をご紹介します。
相続トラブル5つの体験談

相続トラブル|知らなかった!売買後の税金額にびっくり

両親ともに他界しており母方の叔母(子供なし)が亡くなった際に、トラブルを体験したというAさん。
相続人は、叔母の兄弟が一名、私、Aさんの三人。叔母がなくなり相続が私兄弟にまで及ぶことすら知らなかったそう。そんな中、何もわからず叔母が依頼した弁護士さんが相続手続きをお願いすることにしたそうです。

最も苦労したのは、叔母の東京の自宅の名義変更。
何もわからないAさんたちは叔母と弁護士さんの言うとおりに書類を揃えサインをしたそう。結果的には、土地の名義を1/3ずつに分割。土地の名義変更や現預金の引き出しに必要な相続人のサインや書類集めと慣れない作業でしたがトラブルもなくなんとか完了できたそう。しかし金銭的にはこのあとに大変な事態が待っていました。

Aさんが経験した大変な事態はこのようなことでした。
「相続手続きが全て終了し、一年が過ぎるか過ぎないかの頃、70歳近くになった叔母は、やはり土地を現金化したいとの相談がありました。トラブル回避のために不動産屋さんへ相談すると土地が三人名義なのでみんな一括で売りに出した方が明らかに譲渡先が決まりやすいと言われました。またここでも言われるがままに手続きをし実際に譲渡先が決まり土地の売買代金は一人約1,000万円近くに。
最初は通帳の預金残高が桁違いに増えたこともあり一喜一憂しておりましたが、友人からどうやら確定申告をした方がいいとの話を聞き金銭的なトラブルを避けるために税務署へ行きやり方を教わりながら行いました。
ここで驚いたのは翌年の税金が今まで以上に格段に高いのです。
また土地の譲渡も短期譲渡という控除が少ない取引だったこともあいまって驚きました。最初の相続では相続税は発生しなかったものの違う形で税金が200万円近く発生しました。」

相続というと相続税をまず気にする方が多いかと思いますが、Aさんのように売買後の税金も念頭において置く必要があるようです。税金は、翌年などあとから判明するものなので、事前に把握して、税金の支払い分を貯蓄しておけば慌てずにすみますね。

相続トラブル|兄弟間の相続トラブルで裁判に!その後の相続税でも苦労を

18 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -