仕事で怒られてばかり。落ち込む前に自己分析を

2017/03/17

「仕事で怒られてばかり」と落ち込んでいるそこのあなた。落ち込む前に、あなたがどうして怒られているかを考えてみませんか?そして、悩めるお仕事女子のために明日から活用できる、仕事と向き合うための自己分析を行いましょう。自分を知る事は、人生において非常に大切な事なんですよ。
仕事で怒られてばかり。落ち込む前に自己分析を

仕事で怒られてばかりのあなたに知ってほしいこと

■上司は決してあなたが嫌いで怒っているのではありません

「いつも仕事で怒られてばかりで辛い。上司は私のこと気に食わないのかも。」
仕事で怒られてばかりのあなたは、こういうことを思っていませんか?
それは大間違いなんです。


怒られるのは、あなたに期待をしているから。
怒る側も時間と労力がかかります。ですが、あなたに期待しているからこそ、時間と労力をかけて怒ってくれるのです。

中には、特定の人を怒ったり、体罰や辛いいじめに近いことをする上司もいるかもしれません。
それはパワハラなのでしっかりと対応していかないといけませんが、ほとんどの上司は期待をしているから叱るのです。

叱られたことを真摯に受け止めて、今後の仕事に活かしていくことが怒られることが少なくなる方法の1つですよ。

■上司にどうして怒られたのか、しっかり把握していますか?

あなたは怒られた理由をしっかりと把握していますか?
「あー上司に怒られてしまった。最近仕事で怒られてばかり。反省しなければ」とその場しのぎにしていませんか?


その場しのぎは、何の成長もできません。
怒られてしまった状況に反省するのではなく、怒られている内容を把握して反省しなければなりません。
仕事で怒られることを少なくするためには、怒られている内容を把握して仕事のミスを少なくしていきましょう。

■上司に怒られているうちが花ですよ

「怒られているうちは花」という言葉を耳にしたことがあると思います。
言葉通りの話で、あなたを怒っても意味がないと思われたときはすでに時遅し。


「仕事で怒られなくなった!」と喜ぶ前に、上司に叱られたことを改善できているかを確認してください。
改善が見られない、反省をしないと上司に思われてしまっていたらそれは呆れられているのかも・・・。
そうなる前に、怒られている理由をしっかり把握してミスを無くしていくことが大切です。
上司のパワハラについて悩んでいる方は、
上司のパワハラに悩んだ時の6つの対処法を、ご覧ください。

 

仕事で怒られてばかりいる方は、改めて自己分析を。

仕事で怒られてばかりの人はきっと「この仕事、私には向いていないかも」「このままできない人で終わってしまったらどうなるの?」と仕事に行くたびに辛い気持ちになっていることでしょう。
そしてこの記事を読み始めていても「自己分析なんて役に立つの?」と半信半疑かも知れません。


また、自己分析と言えば就職活動のときにしたことがあるだけ、すっかり忘れてしまったという人も多いでしょう。
しかし大丈夫。学生のときの自己分析と、社会にもまれてからのそれはまた違うからです。


就活のときはひたすら「自分を良く見せよう」という競争の中でした自己分析でした。
おそらく「今まで何をしてきたか」「何ができたか」ということを振り返り、自分の適性を見つけて「うまくアピール」するために行ったと思います。


その目的の矢印はまっすぐ「企業」に向いていました。
学生たちは自己分析という名で「企業に気に入られるためのプロセスを自分で作り上げる」ための作業をさせられていたのですね。


でも一回社会に出たあなたたちは、様々な人に接し、その学生時代の自己分析にはあまり意味が無かったことが身に染みて分かっているかと思います。


学歴が自慢で、昔のサークルやゼミの人脈からしか人間関係が築けていない人
過去の栄光や実績だけが頼りで今の問題解決ができない人
いつまでも学生気分が抜けず、仕事を自分のことと考えれらない人


そんな同僚や上司、いませんか?
その人たちはもしかしたら学生時代は優秀で、企業へのアピールもうまかったかもしれません。
しかし実際の戦場であるビジネス社会では戦力になっていませんよね。
そう考えると、「強み」を探るために今までしてきたことを振り返るような自己分析に意味はないのです。
振り返る自己分析ばかりしていては、仕事で怒られてばかりの自分を変えることはできません。
人間関係を整理したい人は、
人間関係を整理したいと感じたら、大切にしたい6つのことを、ご覧ください。

 

仕事で怒られてばかり方は、頑張れるモチベーションを探しましょう。

23 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -