福岡の縁結びといえばココ!宝満宮竈門神社で良縁を引き寄せよう

2017/06/01

福岡は大宰府にある、宝満山竈門神社。 観光スポットとしては太宰府天満宮の影に隠れがちですが、福岡県内では「縁結びの神社といえばココ!」とまず名前が挙げられるほど知られており、現在でも多くの参拝客が訪れる神社なんです!さらにこちらの神社には、他の神社には無いユニークな特徴も…?
福岡の縁結びといえばココ!宝満宮竈門神社で良縁を引き寄せよう

宝満宮竈門神社ってどんなところ?

宝満宮竈門神社(ほうまんさんかまどじんじゃ)は、福岡県太宰府市の宝満山という山に創建された神社です。
主祭神である玉依姫命(たまよりひめのみこと)が、その名の通り「たま(霊・魂)のよ(憑)りつく女性」を指すことから、「魂を引き合わせる」力があるとされ、古くより縁結びの神として信仰されてきました。
そのため、境内には、目を閉じながら歩き、辿り着くことができれば恋が叶うとされる「愛敬の岩」や、木に向かって再会したい人のことを思いながら祈ると願いが叶うという「再会(さいかち)の木」といった、縁結びに関する縁起物も複数存在しています。

アクセスは、コミュニティバスを利用するのが確実ですが、太宰府天満宮から歩いて向かうこともできます。
また、春には桜が、秋には紅葉が境内を彩り、それらの鑑賞目的で足を運ぶ人の姿も。
竈門神社に行かれるのであれば、桜か紅葉の時期がオススメです。
もうひとつ、オススメの時期が、毎年4月中旬に開催される、「えんむすび大祭」の日です。
この日には、恋愛関係の縁のみならず、仕事との縁など、あらゆるものとの良縁・良いつながりを願い、多くの人がこの大祭に参列します。
竈門神社の縁結びのパワーを、最も強く体感できる日と言ってもいいでしょう。
えんむすび大祭の開催日は4月16日近辺ですが、毎年微妙に日付が変動しますので、その日の参拝をお考えの方は、必ず事前に調べてくださいね。

これが社務所!?おしゃれなデザインで女性にも好評♪

14 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -