『引っ越し前 ・後の風水』意外と大事な引越しの時の風水ポイント5つ!

2017/06/01

引っ越しをする際は、どこに引っ越しをするのか方位がまず重要となります。そして引っ越しをする際に気をつけたいことや、引っ越しをしてからも風水の考え方を取り入れ、実践することでより良い環境作りができることでしょう。引っ越し前と引っ越し後に気をつけたいポイントをご紹介するので、参考にしてみてください。
『引っ越し前 ・後の風水』意外と大事な引越しの時の風水ポイント5つ!

引っ越しと風水の関わり

引っ越しをする際には、風水を取り入れる絶好のチャンスです。なぜなら荷物の整理をして大幅に不用品を処分する良い機会だからです。不用品をため込んだままにしていると悪い気が溜まってしまいます。同じ場所に住んでいると、大掃除をしてもなかなか隅々まで掃除ができていなかったり、スペースが許す限り、いらないものでも捨てずに保管してしまうでしょう。良い運を取り込むためには、引っ越しの際に荷物の整理をする時に、いるものといらないものを再度見直しましょう。

引っ越し前に注目する点

引っ越し先を決める際には方位に注目するようにしましょう。引っ越しの良い方位と悪い方位は毎年変わるので、今回は2016年と2017年の方位をそれぞれご紹介します。

五黄殺(ごおうさつ)というものは、全ての人にとって最凶の方位を表します。2016年は北東方位です。
暗剣殺(あんけんさつ)は、他人に巻き込まれて何か不幸なことがあることを表す方位で、五黄殺と反対の方位になるため、2016年は南西です。
歳破(さいは)は2016年の場合、北東の方位を指し、事故や怪我などを招くと言われています。
今年に引っ越しの予定がある人はこれらの方位を考えた上で引っ越し先を選ぶことが理想的です。来年に引っ越しの予定がある人は次の方位を参考にしてください。2017年の五黄殺は南、暗剣殺は北、歳破は東にあたります。

風水において、引っ越しの際に避けるべき方位をご紹介しましたが、そうは言ってもどうしてもその方位の物件に引っ越さなければならない事情もあるでしょう。その場合には「方違え(かたたがえ)」という方法をとることで、運気が下がるのを少しだけ抑えることができます。
方違えとは、引っ越しの移動の際に、直接のルートで目的地にたどりつくと方位が悪いので、そのかわりに違うルートで遠回りをして別の場所に行って、その場所で宿泊してから目的地に行くことです。または、もっと簡単な方法としては、神社にお参りすることです。土地を守る神様にお参りをして悪い方位の悪運を追い払ってもらいましょう。
17 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -