晴明神社の「晴明占い」が大人気│「水」属性

2017/05/21

陰陽師・安倍晴明と言えば、平安時代に活躍した有名人。様々なご利益がある晴明神社が残されています。ミステリアスで魅力的な安倍晴明と、陰陽道を基にした占いの力から、今だにたくさんの人から大きな信仰を受けている晴明神社。今回は晴明神社とそこでできる占いについて解説をしてみます。
晴明神社の「晴明占い」が大人気│「水」属性

晴明神社は「水」属性

パワースポットは、自分の属性にあった場所に行くほうが効果が得やすいと言われています。
属性とは、風水の考え方によって分けられた「地」「水」「火」「風」「空」という分類です。

この属性ごとに相性の良いパワースポットが存在します。

自分の属性と属性別のパワースポットは
相性の良いパワースポットを探しに行く前に。自分の属性を知ろう! で確認してみてください。


晴明神社は、「水」属性だと言われています。
「水」属性の方は特に相性がよいので、ぜひ足を運んでみましょう。

晴明神社に参拝する前に、そのパワーの理由と晴明占いについてご紹介します。

  

晴明神社の神様・安倍晴明のすごいパワーと占いとは?

安倍晴明が亡くなったのは、平安時代後期の1005年です。
そしてそのたった2年後には、彼の偉業をたたえて晴明神社が建てられています。

その頃の京都では、政治はもちろん国家安泰から個人の願いにまで陰陽道が広く使われていました。

陰陽道とは、古代中国で使われていた陰陽五行説(陰陽と、木・水・土・金・火の5元素が万物の原理とする説)を基にして作られた学問の事です。

平安時代の朝廷には、陰陽寮という部署がありました。
これはれっきとした国家のお役所です。
その陰陽寮のトップであった安倍晴明は、とても高い地位にあったという事が分かります。

安倍晴明は陰陽道だけではなく天文学や数学などにも通じていました。
天文陰陽博士として取り立てられていた晴明は、天文の動きから宮中の異変や事件、また遠方での異変などを察知し天皇に報告するという国家レベルの仕事をしていたのです。

また彼は式神という霊体を自由自在に操ったとも言われています。

式神とは、人に使われる使役神の事で、普通の人間にはまったく見えません。
しかし晴明は式神を自由自在に操り、身の回りの世話からお使いまでを任せていたとも言われています。
何も見えない人たちにとっては、とっても不思議だったはずです!

さらに安倍晴明は、白いキツネの母親を持つと言われています。
そのため晴明は稲荷神社との縁も深く、奈良の安倍文殊院というお寺には彼の母親にまつわる稲荷神社が残されています。

キツネが母とされるなんて、きっと当時も晴明はプライベートが謎な人物だったのでしょう。
そして出生の不思議と扱う術のレベルの高さから、政治的に重用されるとともに「妖しい人物」というイメージも常に付きまとっていました。
政敵も多く、残っている伝説も不思議なものばかりです。

晴明の使う様々な力が本当だったのかどうかは謎ですが、晴明神社には今も不思議な出来事が代々伝わっています。
さらに境内には陰陽道のシンボルでもある五芒星をかたどったものもたくさん見受けられ、京都の雅さとは少し違う不思議な雰囲気が漂う神社なのです。

そのため最近では京都ブーム・陰陽師ブームもあってたくさんの参拝客で賑わっています。
芸能人が書いた絵馬が掛かっている事でも有名で、ついつい眺めていると時間が経つのを忘れてしまいますよ。

しかし晴明神社は、このブームが来るまではひっそりとして荒れ果てた、京都人からも忘れ去られたような神社だったと言います。
そう思うとパワースポットや占いブームには勢いを感じますね!

晴明神社の見逃したくない境内の不思議スポット

晴明神社境内には五芒星が描かれた小さな井戸「晴明井」があり、その水は倍晴明の神通力によって湧き出たものと言われています。

その水は「霊水」とされており、飲む事によって病気が治る、願いが叶うなどご利益の話には事欠きません。
また何と、あの豊臣秀吉が好んで飲んでいた、千利休がお茶を点てるのに使ったなどの逸話もたくさんあるパワーウォーターなのです。

また水が湧き出るところは毎年向きが変わります。
その年の恵方を向くようにしているという事ですが、方角をとても重要視する陰陽道らしい仕掛けですね。

パワースポット好きな人の間では一時、この晴明井の写真を撮ってスマホやパソコンの待ち受け画面にする事が流行りました。
電子機器に五芒星を映しておく事で、パワーが増幅されてご利益がいただけるんだとか。

それが本当かどうかは、ぜひあなた自身で試してみてください。
もし運気が上がったら、さすが陰陽道!と嬉しくなりそうですね。

さらに、晴明神社境内では厄除けのモチーフとして使われている桃をかたどった「厄除け桃」も見逃してはいけません。
この桃をなでて願いを唱える事で、開運や厄除けのご利益が得られると評判ですよ。

晴明神社で出来る、「晴明占い」とは?

そんなすごい力を持っていた安倍晴明ですが、実はいまだに彼の使っていた式神が堀川通りの一條戻り橋の下に住んでいるんだとか。

この式神たちは、頭上の橋を渡る人たちを占う「橋占い」をしていたと言われています。

そう聞くと、堀川通りの残る一條戻り橋まで行ってついつい下を覗き込んでしまいたくなりますが、現在の一條戻り橋はほぼ「跡地」として残っているだけです。
車通りも多いため、妖しい雰囲気はまったく残っていません。

しかし晴明神社から徒歩数分の場所にあるため、興味がある人はぜひ行ってみてください。
平安時代には、安倍晴明や雅な装束を着た貴族たちが同じ場所を歩いていたと想像すると、とってもロマンを感じますね。

そんな「安倍晴明が不思議な力を持っていた」という由来から、晴明神社では今でも「晴明占い」をしてもらう事ができます。
それは四柱推命に基づいた占いです。
おみくじのように運任せで引くというものではなく、じっくり神主さんに話を聞いてもらい占いの結果が聞けるという事で、とっても人気なのです。

そのため週末などには120分待ちなどの行列もできています。
残念ながら予約はできませんので、遠方からの参拝で「今日しか無理」と言う人は、時間をずらすか待つ事を覚悟して行くようにしましょう!

しかし待ってでも「聞いて良かった!」と喜ぶ人が多いのがこの晴明占いです。
せっかく晴明神社に行ったなら、なるべく占ってもらうようにしてみましょう。

また晴明神社では名付けのアドバイスもしてもらえるという事で、京都人の間では「晴明さんに名前を付けてもらった」という人もたくさんいるそうです。

陰陽道や風水など、古くからの統計学に基づいて付けられた名前なら、パワフルな子どもに育ちそうな気がしませんか?
お子さんの名付けに悩んでいるなら、晴明神社に相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

晴明神社はそんなに大きな神社ではありません。
しかしその境内には不思議な仕掛けがたくさんあり、いまだに安倍晴明の存在を感じる事ができます。
ぜひあなたも占いや絵馬、グッズなどで陰陽道を身近に感じてみてはいかがでしょうか?

 

そこで今回は、晴明神社の占いや不思議スポットなどを、

 

晴明神社の占い&見どころ

  • 晴明神社の神様・安倍晴明のすごいパワーと占いとは?
  • 晴明神社の見逃したくない境内の不思議スポット
  • 晴明神社で出来る、「晴明占い」とは?

 

以上3つの項目に分けてご紹介しました。
あなたも安倍晴明に興味を持ったら、本や映画などで研究をしてみてくださいね。
ミステリーに包まれた彼の人生は、とっても面白いですよ!

 

■詳細情報
名称:晴明神社(せいめいじんじゃ)
所在地:京都市上京区晴明町806(堀川通一条上ル)
アクセス:・今出川駅より徒歩約12分
営業時間:9:00〜18:00(無休)
URL:https://www.seimeijinja.jp/

 

12 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -