本当は結婚したくない?結婚線でみる結婚に向く女性の手相

2017/09/06

30代女性なら誰しも結婚について考えたことがあるはず。でも、なかなか結婚のご縁に恵まれない人や、パートナーはいても彼が結婚に二の足を踏んでいる…なんてこともあると思います。 必ずしも自分だけの努力でなんとか出来るものではありませんよね。 かんたんな手相で今後のことを占ってみましょう!
本当は結婚したくない?結婚線でみる結婚に向く女性の手相

結婚線はどこにある?

結婚線とは、小指の下の感情線と小指のつけ根の間の横線のことです。結婚線は、小指の幅の2/3くらいの長さになることが多いようです。この線がすごく伸びてくると、薬指の下まで伸びるものや、人差し指のつけ根につながることもあります。
理想的な結婚線は、長くてはっきりとした線が水平に伸びているものです。この線がある人は良い相手に恵まれ、仲の良い家庭生活を送ることができます。
結婚線で分かることは、結婚の時期や異性への関心度などで、1本はっきりと出ていることはまれで、普通は2、3本あることが多いです。
手相で結婚線が目立っていなくても、自分の意思や行動によって出てきたりもするので、あくまで自分がどうしたいのかということが大切です。

結婚線の流年法

結婚の時期は、結婚線の流年法使って見ることができます。
小指のつけ根と感情線のちょうど真ん中を平均的な結婚適齢期、今の日本では30歳前後ぐらいとみます。そして、真ん中からさらに感情線を半分に分けたところを25歳前後、真ん中から小指のつけ根を半分に分けたところを35歳前後とします。
1.感情線近くに出る結婚線
早婚タイプの人です。若いうちから恋愛をする暗示です。

2.真ん中あたりに出る結婚線
一般的な結婚適齢期に結婚のチャンスがある人です。

3.小指のつけ根の近くに出る結婚線
晩婚タイプです。逆に言うと世間でいう結婚適齢期ではなく、遅くに結婚した方が幸せになれるタイプだといえます。

こんな結婚線に要注意!結婚できないかもしれない手相

●結婚というより恋がしたい人の結婚線

結婚線が薄く、たくさん刻まれている人はまだ結婚の時期ではなさそうです。
もしたくさんある線がどれもはっきりと刻まれていれば、一人に決めかねている状態をあらわします。この手相の人が結婚をしたいと思ったら、しっかり一人に絞ることです。
逆に言うと人気商売にも向くタイプなので、結婚に縛られないほうが人生うまくいくかもしれません。

●結婚に消極的な人、自信がない人の結婚線

結婚線に島 (アイランド) がある人は結婚に気持ちが冷めていることをあらわします。
島というのは、線上に出る丸い形の島のようなものです。結婚線に限らず、どこの線上にあらわれても悪い意味にとらえます。
この島が、結婚線上にあらわれていると、何らかのトラブルを抱えることの暗示です。
結婚に対して不安があったり、相手への不満だったり、パートナーシップがうまくいっていないときにも出ます。この相が出たときは結婚をあせらす、不安や不満の原因は何なのかを考えて、納得した上で事を進めることが重要です。
32 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -