浮気はどこから?その定義とたった3つの浮気対処法

2016/11/29

「浮気するなんて最低!」とよく耳にしたり、悲しいかな経験したりすることも、長い人生あるかもしれません。でも、よく考えると「浮気」の基準ってなんなのでしょう?男女の「浮気」に対する考え方の違いはどこにあるのでしょうか。心理カウンセラーの私オハナが、浮気に関する定義と対処法ををみなさんと考えたいと思います。
浮気はどこから?その定義とたった3つの浮気対処法

浮気の対処法|フリーである独身者が使う「浮気」とは?

結婚をしていない独身の人が、彼氏や彼女に対して使う場合がありますよね。
お付き合いをしている自分以外の異性(相手にとって)と、二人で会っている場合に「浮気された!」などいっているのを聴いたりすることもありますね。

では、浮気はどこからが浮気と言うのでしょうか。
二人きりでお茶をした場合?メールなどで頻繁に連絡を取り合う場合?それとも、手を繋ぐと?キスをすると?

浮気の定義は人それぞれどうやら違うようなのですが、その根底にはやはり「嫌なことをされたら浮気」と言いたくなるようです。
でも、嫌なことをされただけで浮気認定をしてしまって正しいのでしょうか。「彼女としての立場を危ぶまれる行動をされたとき」が一番しっくりくるのではないかと思います。

例えば二人きりでお茶をするとしても、相手の相談に乗っているのかもしれませんし、メールも同様のことが言えます。例えば同性かのように昔から仲の良い友人として、彼氏が別の女性と手を繋ぐというのも稀にあるかもしれません。海外ではあるかもしれませんが、これを日本でやるとどこからどうみても「恋人同士」としてみられるでしょう。
ということは、彼女としての立場が客観的に揺らぐことになりかねませんよね。キスに関しても同様に海外ではありうるかもしれませんが、日本ではやはり恋人同士認定でしょう。

このように、彼女側の立場を揺るがすような行動をされたときには、「浮気みたいなことをしないで!」と言ってもよさそうです。
もちろん、肌と肌を密着させるような行為を繰り返されたときは、浮気としてもいいでしょう。

浮気の対処法|既婚者が使う「浮気」とは?

では、すでに結婚をしている夫婦のどちらかが、相手の行動に不信を持ったとしましょう。
旦那がどうやら他の女性と密会をしているようだ、誰かとコソコソとメールをしているなど、行動パターンとしては独身者とそう変わりはないでしょう。

浮気とは、読んで字の如く「浮ついた気持ち」を言います。
ほんの一夜限りの見ず知らずの者同士の肉体の交わりは、浮気というよりも「遊び」という枠に当てはまるかもしれません。なぜなら「気持ち」が伴っていないからです。

では、「この子可愛いな~」「また会いたいな~」という気持ちのもとに、何度かお茶をした場合。
こういった心の内側は当事者にしかわからないことなのですが、何度も二人きりで会うという行動が、当事者の心の内側に関係なく妻の自尊心と立場を傷つけます。

この場合には「浮気なんてしないで!」と言ってもいいのではないかなと思います。
なぜなら、気持ちが浮ついているからです。ついでに言えば、足も地についていないからフラフラするのでしょう。
同様の気持ちを前提に、手を繋いだりキスをした場合は、いやおうなしに浮気認定をしてもいいでしょう。

しかし、不倫にはあてはまらないのが現状です。
なぜなら、日本の法律では、既婚者同士において不倫というのは「性器の挿入」が前提です。(法律上の真面目な言葉なのでそのまま記載します)
ですので、お茶をする、手を繋ぐ、キスをするという行動において、「浮気」であっても「不倫」ではないのです。

浮気の対処法|性別によって浮気って違うの?

男性の浮気は、生まれ持った本能と言われていますよね。
たしかに本能であることは言えますが、そもそも女性と男性とでは体の作りがまったく違っていることを思い出しましょう。

男性の精巣では毎日精子が作られており、いつでも子孫を残すことが可能です。
女性は平均月に1度の排卵で妊娠をして、受精をするとおよそ10ヶ月の間は受精させることができません。こうしたことから考えてみても、男性がより多くの自分の子孫を残そうとする本能は、変えようがありません。

男性の「より多くの子孫を残したい」という本能とは違い、女性は「より優れた遺伝子を求める」本能が備わっています。このため、女性は片っ端から生殖行動をするのではなくて、本能と理性を上手に使って相手を見極めます。
それはなぜかというと、女性はより優れた遺伝子を選ぶために、その相手をより深く知る必要があるからなのです。

ようするに、それは時間をかけることになります。
いわゆる「恋愛」へと発展するのですが、当然ながら恋愛は心が伴っていないとできないわけですから、こうなると浮気ではなく本気になってしまうのです。

浮気の対処法|本気になる女性、浮気は浮気の男性

女性は「より優れた遺伝子を求める」という大義名分のもとに、無意識に自分の心を満たすために、恋愛相手を見つけます。

それは、愛されたいという欲求であったり、よりステキな男性と一緒に過ごしたいという欲求であったりします。
一方、男性もなにかしら満たされたいわけですから、肉体関係をすぐに結んでくれる女性を探します。
男性のホームタウンは彼女であり、奥さんですので、よそ見はあくまでもよそ見として、必ずホームタウンに戻ってきます。

ですので、彼女や奥さんがいる男性とお付き合いをしている女性で、彼女や奥さんを捨てて自分のもとにやってきたという女性は少ないはずです。
男性の浮気はあくまでも浮気、女性は浮気が本気になるという性差があるようです。
32 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -