浮気はどこから?その定義とたった3つの浮気対処法

2016/11/29

「浮気するなんて最低!」とよく耳にしたり、悲しいかな経験したりすることも、長い人生あるかもしれません。でも、よく考えると「浮気」の基準ってなんなのでしょう?男女の「浮気」に対する考え方の違いはどこにあるのでしょうか。心理カウンセラーの私オハナが、浮気に関する定義と対処法ををみなさんと考えたいと思います。
浮気はどこから?その定義とたった3つの浮気対処法

浮気の対処法|フリーである独身者が使う「浮気」とは?

結婚をしていない独身の人が、彼氏や彼女に対して使う場合がありますよね。
お付き合いをしている自分以外の異性(相手にとって)と、二人で会っている場合に「浮気された!」などいっているのを聴いたりすることもありますね。

では、浮気はどこからが浮気と言うのでしょうか。
二人きりでお茶をした場合?メールなどで頻繁に連絡を取り合う場合?それとも、手を繋ぐと?キスをすると?

浮気の定義は人それぞれどうやら違うようなのですが、その根底にはやはり「嫌なことをされたら浮気」と言いたくなるようです。
でも、嫌なことをされただけで浮気認定をしてしまって正しいのでしょうか。「彼女としての立場を危ぶまれる行動をされたとき」が一番しっくりくるのではないかと思います。

例えば二人きりでお茶をするとしても、相手の相談に乗っているのかもしれませんし、メールも同様のことが言えます。例えば同性かのように昔から仲の良い友人として、彼氏が別の女性と手を繋ぐというのも稀にあるかもしれません。海外ではあるかもしれませんが、これを日本でやるとどこからどうみても「恋人同士」としてみられるでしょう。
ということは、彼女としての立場が客観的に揺らぐことになりかねませんよね。キスに関しても同様に海外ではありうるかもしれませんが、日本ではやはり恋人同士認定でしょう。

このように、彼女側の立場を揺るがすような行動をされたときには、「浮気みたいなことをしないで!」と言ってもよさそうです。
もちろん、肌と肌を密着させるような行為を繰り返されたときは、浮気としてもいいでしょう。
32 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -