毎月赤字の家計を黒字化に!見直したいポイント

2016/11/29

毎月家計が赤字、そこまでいかなくても給料日前には苦しい・・・という方は多いのではないでしょうか。今回は、実際に毎月赤字の方の体験談を元に、黒字化するために見直したいポイントを、金融業界出身の筆者がご紹介いたします。
毎月赤字の家計を黒字化に!見直したいポイント

毎月赤字の家計を黒字化にするには、「振り分け」を取り入れよう

毎月「家計の切り盛りをしっかりしよう!」と思っても、うまくいかないというAさん。
赤字が続いているといいます。


「私は毎月、夫から生活費としてお金を貰います。毎月同じ額で、その中から子供達の学校諸費や習い事費を払ったり、食費や日用品を買うのに使います。その他の支払い(光熱費等)は夫。貰った生活費は私が自由にやり繰りする分なので、例えば私が一人で外出する際の交通費もそこから。子供達の必要な物を買ったりするのもそこから…と言う感じです。」


学校のそれ以外の集金(写真代やバス代等)や、病院にかかった時等はその都度旦那さんがだしてくれるそうですが、毎月の生活費では足りないとのこと。


予定外の出費等を都度報告したり、家計簿をつけたりはしていないとのことで、支出を把握できていないことが、毎月赤字の原因と見られます。
急な出費には、貯金を切り崩して生活しているそう。


Aさんは、「家計を黒字にする為にも、まずはお財布を分けてみたいと思います。」とおっしゃっています。お財布を新調する前に、練習として、封筒に必要な用途ごとにお金を入れてみてはいかがでしょうか。


赤字になりやすい家計の特徴は、入るお金と出るお金がきちんと把握できていない点にあります。収入を支出が上回れば、当然家計は赤字に。それを防ぐためには、一度すべての収入と支出を洗い出し、振り分けることが必要です。


収入が把握できたら、次は毎月の予算を立てていきます。


まずは固定費。
家賃や駐車場代、生命保険や医療保険、子供の塾の月謝、お小遣いなど、毎月定額を支払っているものをピックアップしていきます。


次に、水道光熱費。
季節によって多少の変動はあるかもしれませんが、平均してどのくらいかかっているかをチェックし、計上します。


貯金をする場合、この時点で先取りしておくと良いです。先に貯金分を分けておくと、残ったお金でやりくりしなければならず、自然と節約の意識が生まれます。


そして最後に変動費。残ったお金で生活するにはどうしたら良いかを考えます。
もし、「残ったお金では生活できない!」という場合には、固定費を見直すことが必要でしょう。


スマホのプランを安いものに変えたり、保険の見直しをしたり、お得な電力会社に変えたりなど、月にかかる固定費を減らすことで、かなりの余裕ができることも少なくありません。

毎月赤字を黒字化にするには、目標に向けて家計簿をつけ現状把握

11 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -