招き猫発祥の地、東京・豪徳寺で幸運を得よう!

2017/07/26

リアル「猫の恩返し」伝説のある豪徳寺(ごうとくじ)は、彦根城のゆるきゃら「ひこにゃん」のモデルにもなった猫がいた寺です。そのため、猫へのリスペクトがすごい!猫好き必見の招き猫たちをご覧あれ。
招き猫発祥の地、東京・豪徳寺で幸運を得よう!

街中に猫が!豪徳寺までの道で見かけた猫たち

豪徳寺駅の改札を出ると、まず目に入るのがこの招き猫。
「招き猫いますよ」感をPR。

商店街の旗やポールにも猫!

飲食店の看板も猫を使ったものが多く、街中ねこだらけ。
豪徳寺商店街は、たまにゃん通り商店街とも言うんです。

猫が招いた幸運!招き猫のモデルは豪徳寺のねこちゃん

招き猫のルーツについては諸説あるのですが、そのひとつが豪徳寺と言われています。

江戸時代、豪徳寺は貧しいお寺でした。そんな中、時の和尚さんは猫に自分の食事を分け与えたり、子どものように可愛がっていました。

ある夏の日の昼下がり、彦根藩二代目藩主、井伊直孝が豪徳寺の門前を通り過ぎようとすると、一匹の猫がこちらを見つめながら手をあげ、招くようなしぐさを見せてきたのです。

井伊直孝はそれに従い豪徳寺で休憩をしていると、夕立が起き、近くに雷が落ちました。
雷が落ちた場所は、先ほどまで井伊直孝がいた場所。
猫招きで雨宿りをしたことにより、災難を逃れた井伊直孝は、猫に感謝し、豪徳寺を井伊家の菩提寺にしたそうです。

井伊直弼のお墓があるのもそのためです。

12 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -