2017年後半!九星別開運手帳のデザインは?

2017/06/01

元占い師のマリアです。2017年、この年は九星でいうと一白水星になります。そして、丁酉(ひのととり)で、酉年です。この年、どんな手帳を使うと良いのでしょうか。全員に良いのはゴールド系の色のものです。プリントはリボンや花柄。では、九星別に良いデザインも見てみましょう。
2017年後半!九星別開運手帳のデザインは?

一白水星の2017年を幸せにする開運手帳はコレ!

一白水星の年である、2017年。一番パワフルなエネルギーが持てるはず。しかし主人公として活躍するなら良いのですが、パワーがど真ん中に命中しすぎて、疲れる可能性も。一白水星は、水のパワーということで、偏りすぎればジメジメグズグズなエネルギーになってしまいます。ストレスをためて最後には大爆発になりかねません。

そんな2017年には、ベージュ~茶系を基本にした手帳を用意してみましょう。イラストが付いているなら、植物や動物が良いです。スリムサイズの縦長が良いです。

カッカと熱くなった時にスケジュールを見直すと、より冷静にしてくれます。デザインは、カバーがしっかりした多少アンティークな雰囲気を持つものなら落ち着きもくれます。システム手帳でもポケットダイアリーでも良いです。革製のカバーも良いですよ。

二黒土星の2017年を幸せにする開運手帳はコレ!

これまでの結果が良い意味で出る人が多いですが、テンションが上がり、普段の二黒土星さんらしくない、お喋りすぎでの失敗があるかも。良いことが多そうな時期なので、気を付けながらも楽しめると良いですね。

そんな2017年の運気を安定させてくれて、より楽しめる手帳は、ブラック~濃い目の茶系が使われているものを。可愛くなくても良いなら、ちょっと男性的なビジネス手帳も良いです。もし真っ黒なデザインを選ぶなら、どこかにゴールドの文字が入っているとなお良いです。

大きさは、少し大きめでもOK。

もし、和風の柄や和紙素材のものがあれば、ウキウキしすぎの失敗を防いでくれ、金運をはじめすべての運気を上げてくれます。こちらは他の色でも落ち着きがあれば大丈夫。

三碧木星の2017年を幸せにする開運手帳はコレ!

嬉しい事もありますが、うっかりミスもありそうな1年。「変化」「成長」をキーワードにして、少しくらい思い通りにいかなくても学びだと思いましょう。「バタバタして何も残すことが出来なかった」なんて年末に思わなくて済むように。

そんな2017年の、良い変化を促すのは、明るい色の手帳です。赤系~オレンジ~黄色系までが良いです。原色でも良いのですが、できれば中間色に近い色のほうがトラブル回避になります。

デザインはできれば、有名デザイナーのものとか、ワンランク上のものが良いです。スマホも筆記具も入ってしまう「ポーチダイアリー」タイプならミス防止にもなります。大きさも、前年より大きいほうが良いです。

ただ、変化するのが嫌という人は、穏やかに日々が送れるように深めの色、グレー~ブラックのものにしてくださいね。

四緑木星の2017年を幸せにする開運手帳はコレ!

「形がはっきりと浮かび上がる」という運命の年です。悪さをしていた人は、ばれちゃうかも?!とにかく「真面目にコツコツと」をモットーに乗り切ってくださいね。

そんな2017年をサポートしてくれるのは、クリーム色~白までの色の手帳です。ドットなどちいさな柄があるものが良いです。全体運を上げてくれます。

この年の運気の中で、落ち着かない部分を抑え込んでくれるのは、ブルー系なので、気持ちがそわそわするのが嫌だという人は、こちらを選びましょう。

スケジュール確認をしやすい、カレンダーが見開きタイプのものも良いです。

五黄土星の2017年を幸せにする開運手帳はコレ!

「自分はやる気満々なのに、周りがなんだか乗ってくれない」なんていう気分に支配されそう。コミュニケーション能力を発揮して乗り切りましょう。

そんな2017年に、環境と自分とのバランスを取ってくれそうなのが、白を基調としたデザインのてのひらサイズ~小さめの手帳。魚やイルカの絵が付いているとなお良いです。ほかの生物でも良いですが、できればわれわれに近いイメージの生物が良いです。

なのでジュゴンとかでも良いのですが、なかなかないですね。水族館もラッキースポットなので、そこのお土産にあればぜひ入手を。価格はそんなに高くなくても良いのです。
27 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -