オススメ貯金方法とは?コツコツ派ならやって損はない積み立て預金

2017/01/19

「貯まりません!」「オススメ貯金方法あります?」という方に、簡単にできるオススメ貯金方法を、FPの資格を持ついぬあつがお教えします。
オススメ貯金方法とは?コツコツ派ならやって損はない積み立て預金

オススメ貯金方法を実践する前に~意識してお金を貯めることはとても難しい

定期預金というものは出費が必要になるまでの、ちょっといい利息がつく金庫という意識の人が非常に多い印象です。
時期が来たら解約するもので、貯蓄という意味は薄いというわけです。
また、意識して定期預金を自分からできる人はさほど多くなく、どちらかというと資産家が余ったお金をプールしておくサービスという印象も強いかもしれません。

そう考えると、《自分から生活費を工面して強制的に貯める》ということは、難しいものがあるのではないでしょうか。
普通口座にお金を入れていてもまったく貯まりませんという人も多いはずです。

そんな「貯まりません!」「オススメ貯金方法あります?」という方に、簡単にできるオススメ貯金方法を教えちゃいます。

オススメ貯金方法の出発点~お金がないから貯められない!それ本当?

貯蓄ができていない多くの方は「お金がないのです」と答えます。
実際、筆者も貯蓄ができていなければ「お金がないから貯蓄できません」と答えるかもしれません。

貯蓄方法として代表的なものは、やはり金融機関の定期預金です。
しかし、最近はごく少額から定期預金できる銀行もありますが、基本的にはまとまった額でお預けになります。
お金がなくて貯蓄に回せないという人に「じゃあまとまったある程度の額からよろしく」という言葉は、非常に酷です。
オススメ貯金方法だとしても、まとまった額が用意できずサービス活用を見送ってしまう人もいるはず。

しかし、これがもし1,000円だったらどうでしょう?
1,000円なら、コンビニ弁当の代わりに自炊を二日くらい頑張れば、浮かすことのできる金額ではないでしょうか。

「お金が貯まらない」「お金がなくて貯蓄できない」という人はあくまで額が問題であって、ごく少額ならある、そして浮かすことができるのです。
お金がなくて貯められないのではなく、貯めるだけの高額がないということなのですね。
その事情を起点にオススメ貯金方法を探っていきましょう。

オススメ貯金方法のポイント~《強制的に》お金を貯めること!

また、貯蓄できないという人の中には、お金があるととにかく使ってしまうという人もいます。
浪費が激しいわけではなく、お金の優先順位がローン返済や生活費の方が上で預金は最下位というタイプの人です。
オススメ貯金方法があっても、支出の優先順位の問題で預金に回すことができないのであれば意味がありません。

しかし、前項のごく少額なら何とか預金に回せるという人に向くオススメ貯金方法によって、とにかく生活費やローンの支払いに回してしまって貯金に手が回らないという人も貯蓄が可能になりますのでご安心ください。
ポイントは「何時かお金が浮いたら貯金を頑張ろう」ではなく、少額でも強制的に預金に回してしまうことです。

何が何でも強制的に貯金!

これ、こういったタイプの人たちが預金方法をセレクトする上でとっても大切なことなのです。

オススメ貯金方法は強制天引き!積み立て預金を活用しよう!

では、実際にオススメ貯金方法を説明していきましょう。

少額なら何とか貯められるけれど、定期預金に回すだけのお金がない人やとにかくお金を生活に回してしまう人にオススメの貯金方法とは『積み立て預金』です。

積み立て預金は毎月口座から強制的に指定額が天引きされ、こつこつと勝手に貯まっていく預金です。
天引き日になれば「生活費が!」「今月は少しでも預金を」と迷う間もなく強制的に天引きされますので、自分からなかなか貯蓄できないというタイプの人にとてもオススメです。
何しろ強制的に、ですから。

また、天引き指定額は金融機関によって最低額が異なりますが、1,000円からできるところもあります。
定期預金に10万円は辛いけれど毎月1,000円なら何とかなるという人も、この方法であれば手軽に貯蓄を始めることが可能です。

小さな額からこつこつと貯めるサービスですので、高額を貯めるには時間がかかります。
また、利息がついても微々たるものです。
しかし積み立て預金は《強制的》というところが大いにメリットがあります。
皆さんも、税金などの強制的に支払わなければならないお金は頑張って払いますよね。
貯蓄にも強制力を持たせることで、無理やりにでも貯めてしまうことができます。

参照 : http://moneykit.net/visitor/dc/dc09.html

オススメの積み立て預金はどうやって始めるの?その方法は?

そんなオススメ貯金方法である『積み立て預金』はどうやって始めるのでしょう。

実は、とっても簡単なのです。

基本的に金融機関に足を運んで、申込書を記載すればOKです。
その金融機関に口座がなければ一緒に作ってしまいましょう。
最近は口座さえ作っておけばATMから手続きできる銀行もあります。

また、これはちょっと貯金とは異なった情報ですが、積み立て預金を契約することで金融機関側のサービス優待を受けることができる場合もあります。
その金融機関を給与振込口座へ指定したり、積み立て預金を契約したり、公共料金の引き落とし口座に指定したりすることで、ATM手数料の優遇を受けられる金融機関もあります。
土日祝日や時間外手数料はけっこう痛手なもの。
オススメ貯金方法を活用すると共に、金融機関側の優待サービスも狙っていきましょう。

参照 : http://www.akita-bank.co.jp/personal/use/toku_club/toku_point.htm
21 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -