対人関係療法で悩みを解消。自分に気がついてあげて

2016/11/29

あなたは周囲とのコミュニケーションで違和感のようなものを感じた経験はありませんか? 考え方や気持ちの違いに、戸惑ったり悩んだりすることもあると思います。 対人関係における悩みを改善させる方法を、心理カウンセラーの私オハナがご紹介します。
対人関係療法で悩みを解消。自分に気がついてあげて

対人関係療法で悩みを解消|気持ちのずれとストレス

私たちは、生まれた瞬間から人との関わりをはじめています。
成長するにつれて、親や家族との関わりから、保育園や幼稚園での小さな社会へと飛び出していきます。


やがては学校教育を通じ、就職して社会での対人関係が生まれるようになります。
こうした関わりには、多かれ少なかれストレスが生じるようになるのをご存知でしょうか?
友人や会社での対人関係など、さまざまな場面でいろいろなディスカッションが必要とされます。
または、大切なパートナーなどの重要な人とのコミュニケーションのあり方も考える場面もあるでしょう。


こうしたそれぞれの対人関係が、とても安定していて順調である場合には、多少のトラブルが起きても精神的にひどく落ち込まずにすみます。


しかし、不安定な状況でトラブルに見舞われたとき、私たちの多くは心に大きなストレスを抱えることとなるのです。
対人関係において、意思の疎通が自分が思ったのとは異なり、なかなかうまく行かないときあなたはどう感じますか?
「わたしは関係がないのに、とても叱られて悲しい気持ちになったし腑に落ちなかったけれど、それをいえなかった」
「良かれと思ってしたことが、相手の気分を害させてしまった」というような、経験をした人もいるかもしれません。


こうしたコミュニケーションにおける気持ちのズレは、まじめな人であればあるほど、それがストレスとして重くのしかかります。
そのような状態になったとき、正しい療法を知ることと対人関係療法を受けることは、ストレスからの脱却の第一歩となるでしょう。

対人関係療法で悩みを解消|うつ病とは・・・

17 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -