ご近所付き合いは辛いよ。疲れず上手に向き合うコツ!

2016/11/29

生きている限り、人間関係とは向き合っていかなければいけないもの。楽しい生活を送りたいならご近所付き合いも大事です。疲れずに上手にご近所さんと付き合うコツをご紹介します♡
ご近所付き合いは辛いよ。疲れず上手に向き合うコツ!

まずは、ご近所付き合いの基本マナーを知って良好な人間関係を築いていこう!

独身のときはあまり感じていなかったご近所付き合いも、結婚や出産があったりすると、なくてはならないものへと変わっていきますよね。

ご近所付き合いが上手くいっていないだけで、一気に生活に悪影響が及ぶことも・・・。
今まで快適に生活していたのに、ご近所付き合いが悪化したことで人の目が気になってしまって、生活しづらい環境になったりもします。

リラックスできる環境ではなくなると、メンタル面や身体にも悪影響が出てくるかもしれません・・・。

そうならないためにも、ご近所付き合いと上手く向き合っていく必要があります。
疲れずに上手なご近所付き合いを知って、もっと住みやすい環境にしていきましょう♪

ご近所付き合いって意外と大変なのです。

■挨拶は忘れずに!

挨拶は、ご近所付き合いにかぎらず、人間関係を円滑にするための基本中の基本のマナーですね。
ご近所さんに会った際は、笑顔で挨拶をすることを心がけてください。
笑顔で挨拶されて嫌な気持ちになる人はいません!
急いでいる場合は、会釈だけすることも大事ですよ。

また時間に余裕があるのなら、「今日はお天気がいいですね」「来週から大雨だそうですよ~」などと他愛もない話をすることもご近所付き合いのコミュニケーションにもなるのでおすすめです♪

一番してはいけないことは、知らないフリをすることです。
人見知りだからと言って、知らないふりはもってのほか!
「無愛想な人だな」と印象は最悪に・・・。
何があるにしても、挨拶だけは大切にしましょう。

■ゴミ捨てのマナーや、地域の当番などはしっかり守る!

ゴミ捨てのマナーや、地域で行っているものの当番などはしっかりと守りましょう。

ゴミ捨てに関して、その地区でゴミ出しの曜日が決まっていたり捨てる場所が決まっていたりしますよね。
いつでもゴミが出せる環境ではありますが、しっかり曜日を守り地域が住みやすい環境にしていきましょう。

また、地区で行っている清掃なども嫌がらず積極的に参加していきましょう。
「使っていないし、参加しなくてもいいでしょ」と思わず、ご近所さんとのコミュニケーションと考えて参加していきましょう。

もしどうしても参加できない場合は、家族に頼んだり仲の良いご近所さんに順番を代わってもらったりすると良いでしょう。

■噂話には、耳を傾けないようにする。

ご近所付き合いでも良くあるのが噂話。
噂話に花を咲かしている噂話が大好きなご近所さんたちっていますよね。
そういう人たちが話している噂話には、耳を傾けないようにしましょう。

ご近所さんと付き合うことは大切ですが、愚痴や噂話に関しては「へ~、そうなんですね」くらいにしていた方がいいでしょう。
仲が良くてもプライバシーには踏み込まず適度に距離を取ることで、安定したご近所付き合いができるはずです。

■ペットを飼っている場合は、ペットのマナーもしっかり守りましょう。

ペットを飼っている場合は、ペットのマナーを守ることも大切です。
必ずしもすべての人が、動物が好きとは限りません。
ペットの問題に関して敏感なご近所さんもいるかもしれないので、マナーはしっかりと守りましょう!

散歩の際はペットの排出物を処理するゴミ袋を持ったり、人とすれ違うときは迷惑にならないようにリードを短く持つなどの配慮を心がけましょう。

また、ペットの鳴き声がうるさいことで問題になり、ご近所付き合いが悪化してしまったケースも少なくはありません。
よく吠える動物はストレスや何か原因があって吠えているので、散歩に連れて行ったりすることで解決するかもしれないですよ。

ご近所付き合いに疲れずに、人間関係を良くしていく方法

■話を聞くのが8割、話すのが2割

35 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -