おみくじの正しい処分を知って、新しい運気を招き寄せよう

2016/12/21

1年の運気を教えてくれるおみくじ。結果がどうあれ、初詣などで神社やお寺に行くとついつい引いてしまいますよね。そこで今回は、持ち帰ったおみくじの正しい処分方法を寺社仏閣マスターの本田もみじご紹介します。せっかく授かったものですから、丁寧に処分をするようにしましょう。
おみくじの正しい処分を知って、新しい運気を招き寄せよう

引いたおみくじ、処分する?

おみくじを引いて中を読んだあとは、寺社の境内にある「結び処」にキレイにたたんで結んでくるのが基本です。
特に結果が「凶」など悪かった場合には、厄除けの意味を込めて結んでくることをおすすめします。

とは言え、意外とおみくじを持ち帰ることってありますよね。

一番多いのは「大吉のおみくじを引いた」とき。
とってもいいことがありそうなので、持ち帰って1年間保管したり、お財布に入れたりすることがあると思います。
そしてたまに読み返すことで、自分の心を正すことができますので、肌身離さず持ち歩くことはいいことなのです。

次は「自分にとって覚えておきたいことが書いてある」おみくじのとき。
大吉ではなくても、今の自分にピッタリくる言葉が書いてあったりすると、何度も読み直したくなるでしょう。
特に恋愛や就職などで嬉しいことが書いてあると、結んで帰るのが惜しくなりますよね。

また意外と「何となく持ち帰っちゃった」ということもあります。
ワイワイしていて結び処に行くのを忘れてしまった…
何回も引いて、そのうちの1枚がポケットに入りっぱなしだった…
など、あとから気が付いて一番処分に困るのはこのパターンではないでしょうか。

そして忘れてはならないのは、「昨年の初詣で引いて、お財布・引き出しに入れっぱなしの大吉のおみくじ」たちです。
おみくじもお守りと同じ、神仏から授かった大切なもの。
何年も入れたままだったりクシャクシャになっていることがあれば、ちょっと罰当たりな感じがします。

特に1年間あなたにメッセージを届けてくれたおみくじには、きちんと感謝をして処分をするべきでしょう。
そのようなことが自然にできていると、今後は神さまからのご加護もいただきやすくなりますよ。

おみくじの処分、寺社に返す方法はいくつも

14 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -