Androidの課金の種類と方法。デジタルコードが便利?!

2018/04/23

Androidのスマホを使用しているけど、デジタルコンテンツを買うための課金の方法がわからない。そんな人も多いのではないでしょうか。ここではそんな人たちのために、Androidのスマホから課金の方法を解説します。難しくはないので、ぜひ参考にしてみてください。
Androidの課金の種類と方法。デジタルコードが便利?!

Androidの課金の方法は主に3種類

スマホで音楽やアプリなど有料のデジタルコンテンツを購入するためには課金しなければなりません。

Androidスマホでは、基本的に3種類の方法で課金をすることができます。
クレジットカード決済、携帯キャリア決済、Google Playギフトカードでチャージして決済する方法の3つです。

どの方法を選んでもデジタルコンテンツを購入することができるので、自分に合った方法で課金しましょう。
では、それぞれの課金の仕方を詳しくみていきましょう。

Androidの課金の方法1:クレジットカードでの決済

Androidでデジタルコンテンツを購入する際にクレジットカードで決済できるようにするためには、Googleアカウントにクレジットカード情報を登録しなければなりません。

まずはAndroidのスマホやタブレットでGoogle Playストアのアプリを起動します。

メニューから「アカウント情報」を選び、「支払い方法を追加する」に進みます。

あとは画面の指示に従ってクレジットカードの情報を入力すれば、 Googleアカウントに新しいお支払い方法(クレジットカード決済)が追加されます。

クレジットカード情報を編集や削除する場合も、同じようにGoogle Playアプリを起動してアカウント情報に進みます。

「お支払い方法」を選んで「支払いに関するその他の設定」へと進みます。

ログインを求めるメッセージが表示されたらログインし、ブラウザでメニューから「お支払い方法」を選ぶと編集や削除することができます。

また、実際に有料コンテンツを購入した際にクレジットカード情報を登録することもできます。

コンテンツ購入時に、詳細ページに移動します。価格の横に下矢印が表示されているのでそこを開いて「お支払い方法」を選択。

ここで新しい支払い方法を追加でき、その際に自分のGoogleアカウントにその支払い方法が保存されます。

以降は有料コンテンツを購入する際にクレジットカード決済を選べば、登録してあるクレジットカードから代金が引き落とされるようになります。

パスワードを入力するだけで手軽に課金することができるので、非常に便利な反面、使いすぎには注意が必要です。

Androidの課金の方法2:携帯キャリアでの決済

Androidで課金した金額を携帯電話の請求と一緒に課金金額も支払うことができます。

クレジットカード決済の説明と同じように、Google Playのアプリを開いて「支払い方法を追加する」へと進んで、「キャリアの決済を利用」を選ぶと追加されます。

例えばドコモで契約している人だったら「NTT DOCOMOの決済を利用」という項目が現れています。

そちらを選ぶと、支払い方法に「NTT DOCOMO利用料金と一緒に支払い」という項目が追加されます。

キャリア決済は、ドコモ・au・ソフトバンクのいずれかのキャリアで契約を行っている場合で、さらにAndroidにそのキャリアのSIMカードが挿入されている状態でないと選べませんので注意ししてください。

無事に追加されれば、課金時に「キャリアの利用料金と一緒に支払い」を選んで、契約しているキャリアの請求と一緒に代金を支払うことが可能になります。

次はGoogle Playギフトカードでの決済方法について解説します。

Androidの課金の方法3:Google Playギフトカードでの決済

Google Playギフトカードとはプリペイドカードの一種です。

カードの裏面に記載されているコードを入力することで読み込んだ金額がGoogle Playにチャージされ、Google Playが提供している各種デジタルコンテンツやサービスの料金の支払いに利用できるようになります。

クレジットカードをもっていなかったり、キャリア決済ができない人でも手軽に利用できるのが大きなメリットです。

また、チャージした金額分だけしか使うことができないので、いつの間にか使いすぎてしまった、なんてことも起こりません。

Google Playギフトカードはコンビニや家電量販店など多くの店頭で販売されていて、
取扱店をGoogleの公式ホームページから探すこともできます。

購入できる金額は決まっていて、1,500円・3,000円・5,000円・10,000円・15,000円・2万円の6種類が用意されています。

Google Playギフトカードの使い方

カードを購入したら、チャージしなければなりません。

ちなみに、レジで料金を支払って初めてデジタルコードが有効になるという仕組みになっています。

まずは台紙からカードをはがして、裏面の銀のラベルを削り20桁のデジタルコードを表示させます。

次にスマホでGoogle Playストアのアプリを開きます。メニューを開くと「コードを利用」という項目があるので、そちらを選択。

するとコードの入力画面に以降するので、先ほど表示させた、カード裏面の20桁のコードを入力します。

これでもうGoogle Playストアにチャージが完了しました。

残高の分だけ、有料アプリの購入や課金コンテンツを楽しむことができます。

残高を確認したい場合は、Googleウォレットにアクセスする必要があります。ブラウザでGoogleウォレットを検索してログインしましょう。

メニュー内に「お支払い方法」という項目があるのでそちらを選択します。すると、支払い方法の一番下にカードの残高が表示されています。

支払い方法にクレジットカードなども一緒に登録されている時に有料コンテンツを購入した場合は、Google Playギフトカードのチャージ金額が優先して引かれるようになっています。

Androidの課金の方法のまとめ

Androidの課金の種類や方法を解説してきました。

クレジットカードやキャリア決済は気軽に課金できますが、知らず知らずのうちに使いすぎてしまう可能性があります。

Google Playギフトカードはクレジットカードを持っていない人でも利用することができて便利ですが、購入したりチャージするために20桁のコードを読み込ませたりと、少し手間がかかって面倒です。

どちらも一長一短といったところなので、それぞれ自分に合った課金の方法を選ぶのが良いでしょう。

細かく説明してきたので、一見すると課金するのは難しいと感じてしまうかもしれませんが、やってみると簡単です。

ぜひ参考にして、Androidでデジタルコンテンツを楽しんでみてください。
Google Playギフトカードの購入は、auの公式Online Shopから♪
au Online Shop
1 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -