浄化して元気になる方法。疲れや無気力から解放されてハッピーな日に

2016/11/29

「最近疲れていてやる気がでない」、「自分の気持ちをグッと我慢して仕事をして、人づきあいをしている」「些細な事で落ち込んでしまう」「泣きたくなる」そんな時は自分の中に溜め込んでいる不要なものを掃除する浄化が必要です。今回は自分でできる浄化の方法を、スピリチュアルカウンセラーのみーこがご紹介します!ストレスが溜まっていて、最近ついてない!と思い当たることがある方はぜひ、試してみてくださいね!
浄化して元気になる方法。疲れや無気力から解放されてハッピーな日に

浄化とは?

まず、浄化とは何かについて説明します。
私たちはストレスが溜まり、言いたいことを我慢した時に知らず知らずのうちに自分の中に悪いエネルギーを溜め込んでいる場合があります。
この悪いエネルギーを定期的に浄化して外に出さないと、良いエネルギーが自分の中に入ってこなくなってしまいます。
お部屋の掃除と一緒で、悪いものを出して定期的に自分自身を浄化する必要があるのです。


浄化の方法は、体を動かして運動することや、海や山に行き自然に触れて自分を癒す方法などがあり、無意識に実践している人も多いかと思います。
浄化をすることで、滞っていたエネルギーが正常に流れ、肌がキレイになったり、痩せたり、頭がすっきりして、やる気が出てきて、運も良くなります。
まずは、自分がピンと来た方法から無理のない程度に浄化を始めてみましょう!
これから、日々の生活に取り入れられる浄化の方法をご紹介します。

浄化するには朝日を浴びる

昔から太陽は神として人々から崇められてきました。
太陽には強い浄化作用があるのです。

朝一番の太陽の光は、ポジティブなエネルギーを持ち、私たちを強力に癒してくれます。
太陽の光に当たると安心感が広がり、元気が湧いてきます。さらに悪いものを浄化してくれます。

室内にこもってばかりいると私たちはだんだんとパワーダウンして、やる気や元気がなくなってしまいます。浄化されないままになってしまうのです。
昼夜逆転している人は朝日を浴びることで狂った体内時計が元通りに戻ります。

浄化するには朝起きたらコップ1杯のお水を飲む

朝起きてコップ1杯のお水を飲むことは、胃腸をほどよく刺激し、便通を良くすることで、自分の浄化にもつながります。また、胃腸が刺激されることによって、副交感神経のスイッチが入り自律神経が整うので、朝スッキリと目を覚ますことが出来るのです。身も心もすっきりして、悪いエネルギーを出し浄化してしまいましょう。

さらに代謝もアップするので、ダイエット効果も期待できます。
ちなみに、ハーブティーやお茶ではなくて水を飲むことがポイントです。

冷蔵庫で冷やした水を朝から飲むと逆に体を冷やしてしまい逆効果なので、朝1杯目に飲む水は常温か白湯で飲むようにしましょう!これを習慣づけて日々の悪いものを浄化しましょう。

浄化するには常に心地よい、いい気分でいるようにする

機嫌がいい状態でいると、物事がスムーズに運び、他の人にも優しく接することが出来ます。周りの人も楽しい幸せな気持ちになり、自分の浄化にもつながります。この時、無理にポジティブにならなくてもいいので、自分を心地よいリラックスができる状態にすることが大切です。

この方法は「引き寄せの法則」にも有効的で「『引き寄せ』の教科書」著者の奥平亜美衣さんも「いい気分」でいると、「いいこと」が引き寄せられると常々語っています。

なるべく多くの時間をいい気分で過ごせるように、自分の心地いいと思うものに触れて、美味しいものを食べて、自分が行きたい場所に足を運ぶようにしましょう。
自分の「好き」を大事にして、自分を心地よい状態に持っていくことを心がけていると、気が付くけばあなたはキラキラと輝いているはず!

自分の「なりたい自分」に近づいているかもしれませんよ!自分に溜まった悪いエネルギーを浄化するには、自分自身が心地よい状態を作り出すことが大切なのです。

浄化するには瞑想をしてみる

社会のルールに縛られて他人の意見に左右され、自分の本音がわからなくなることってありませんか?
そんな時は一度自分のための時間を作り、瞑想をすることや、内観することで自分自身を浄化してしまいましょう。

また、ノートに今の自分の気持ちを書き出してみて眺めることで、自分の本当の気持ちや、本当にやりたいことなどがわかってきます。定期的に自分の時間を作り、自分の本当の声に耳を澄ましてみることが、浄化に繋がります。
29 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -