App Store & iTunesギフトカードが使えない時の対処法

2018/04/23

Apple社の提供する有料デジタルコンテンツを購入するためにApp Store & iTunesギフトカードを利用する人は多いかと思います。ここでは、カードをいざ使おうと思った時に使えないというトラブルが発生した時の対処法を紹介します。App Store & iTunesギフトカードが使えない、という方はぜひ参考にしてください。
App Store & iTunesギフトカードが使えない時の対処法

どんな時にApp Store & iTunesギフトカードが使えなくなるのか

まずは、なにが原因でApp Store & iTunesギフトカードが使えないのかをみていきましょう。

考えられる原因はたくさんあります。まずは自分の力で解決できそうな問題から見ていきましょう。

■ギフトカードの種類が違う



まずはカードの種類を確認してください。App Store & iTunesギフトカードの他に、「Apple Storeギフトカード」というカードも存在します。

Apple Storeギフトカードはデジタルコンテンツではなく、iPhone端末やMacbookなどのハードウェアに対して使用できるカードです。

デジタルコンテンツには利用できませんので、まずはApple Storeギフトカードと間違っていないか確認してみましょう。

■文字の入力を間違えている

カメラで読み取るのではなく、16桁の引き換えコードを手入力した場合は文字を間違えて入力している可能性があります。

「O」と「0」、「B」と「8」、「U」と「V」など、間違えていないかよく確認してみましょう。

■カードがすでに使用済みになっている


App Store & iTunesギフトカードがすでに使われているとのメッセージが表示される場合、チャージしたクレジット残高がうまく更新されていない可能性があります。
使っているすべての端末でiTunes Storeからサインアウトして、再びサインインしてください。
するとクレジット残高が更新されます。

以上のことを試してみても使えない場合は、Appleサポートへの問い合わせなどが必要になってきます。

App Store & iTunesギフトカードの購入は、auの公式Online Shopから♪
au Online Shop
フリマアプリやネットオークションでもギフトカードが出品されていることがありますが、使えない(レジを通さないと使えるようにならない)状態のものや使用済みのものである可能性もあり、問題となっています。正規販売店以外での購入はなるべく避けるようにしましょう。

自分だけでは解決できないApp Store & iTunesギフトカードが使用できない場合

ここからは、少々厄介な問題の解決法について解説します。

■カードが使えない状態になっている

カードを使えないというメッセージが表示される場合は、アクティベーションが正しくされていない可能性が考えられます。

アクティベーションというのは、カードを有効化することです。

レジなどでカードのバーコードを読み取ることで、カードに記載されているシリアルナンバーが有効になります。

なんらかの不具合で、このアクティベーションが正しく行われなかったと思われる場合は、カードを購入したお店に問い合わせ、解決方法を相談してみてください。

■コードを読み取れない

App Store & iTunesギフトカード裏面のコードを読み取れなかったり、コードが完全にはがれたり削れてしまい読み取り不可能な場合は自分ではどうしようもありません。

Appleサポートへ問い合わせてみてください。対応してくれる可能性があります。

■App Store & iTunesギフトカードが別の国のもの

App Store & iTunesギフトカードは、国や地域ごとに提供されています。日本で購入したカードは必ず日本で使う必要があります。 例えばアメリカで購入したApp Store & iTunesギフトカードを日本のiTunes Storeで使う、ということはできませんので注意してください。

また、カード自体の問題ではない可能性も考えられます。

次はその場合をみていきましょう。

App Store & iTunesギフトカードに問題がない時

カードに問題がなくても、カードを使えなくなる場合があります。

本来行われるべき決済が正常に行われていない時は、App Store & iTunesギフトカードを使用できなくなります。

その状態でApp StoreやiTunes Storeで買い物をしようとすると「前回のご購入に請求処理上の問題があります。お支払い方法を更新してください。」との表示が出ます。

有料コンテンツだけではなく、無料アプリなども一切ダウンロードできなくなります。

請求処理上の問題が生じる原因としては、Apple IDと紐付けられたクレジットカードやデビットカードの引き落とし先の口座の残高不足が考えられます。

App Storeなどで有料コンテンツを購入すると、数日後に未決済分の金額をまとめて請求される場合があります。

この場合コンテンツ購入時には残高が十分にあっても、決済が行われたタイミングで残高不足になっていると「請求処理上の問題」が発生してしまいます。

請求処理上の問題を解決するには、滞納してしまっている決済を完了させましょう。

請求分の過不足分をApple IDに登録してあるクレジットカードなどの決済情報に入金すれば解決します。

では入金の仕方を見ていきましょう。iPhoneやパソコンでできます。

まずはiPhoneの場合からみていきましょう。

App Storeで無料アプリをダウンロードすると、「確認が必要です」というメッセージが表示されます。そのボックスの「続ける」を選択します。

正常な決済ができるカードの情報を入力して、画面右上の「終了」を選べば、過不足分が解消されます。

次はパソコンの場合をみていきます。まずはiTunesを開きます。

画面上部のバーから「アカウント」をクリックして「マイアカウント」を選び、サインインします。

赤字でマイナス額が表示されている「請求先情報」という項目が出てくるので、そちらを選択。

十分な残高があり正常な決済ができるカード情報を入力して「完了」をクリックします。

登録した決済情報できちんと決済ができれば、マイナス額は解消されてApp StoreやiTunes Storeの利用ができるようになります。

過去の決済が正常に行われていなかった時の対処法は、以上になります。

まとめ

App Store & iTunesギフトカードが使えないという時の対処法を紹介してきました。

まとめると、

・まずはカードの種類を確認したり、文字の打ち間違えがないかを確かめる

・アクティベーションされていないと思われる場合は、Appleサポートではなく購入したお店に問い合わせる

・残高不足などにより過去の決済がうまくできていない時もApp Store & iTunesギフトカードは使用できない

・正常な決済ができる状態のカードを登録しなおせば過不足は解消され、再び各種Storeが利用可能になる

このようになります。

せっかく購入したApp Store & iTunesギフトカードが使用できないとなると、焦ってしまうかと思いますが、ここで紹介した例を参考にして解決してもらえれば幸いです。

紹介してきたすべての方法を試しても使えない、どれも当てはまらないという場合はAppleサポートへ問い合わせてみましょう。
App Store & iTunesギフトカードの購入は、auの公式Online Shopから♪
au Online Shop
1 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -