2017年大殺界の星人を発表!その意味と乗り切り方

2016/12/28

大殺界とはなにか、2017年、大殺界を迎える方は何星人か、大殺界の乗り切り方までを、今回はご紹介いたします。大殺界だからといって、気にしすぎず、注意すべきポイントまでご説明いたします。
2017年大殺界の星人を発表!その意味と乗り切り方

2017年大殺界|大殺界とは

大殺界とは、六星占術の運命周期のうち、「陰影」「停止」「減退」という3つの運気が停滞する時期のことを指しています。

六星占術では、種子・緑生・立花・健弱・達成・乱気・再会・財成・安定・陰影・停止・減退の12周期を1サイクルとしています。年・月・日はそれぞれこの12周期を運命周期としてまわっているという考え方です。

そのサイクルの中で、最も運命が停滞するのが、「陰影」「停止」「減退」の3つ。この3つの期間が、大殺界と呼ばれていて、注意が必要だと言われています。

大殺界には、何をやってもうまくいかない、トラブルに遭いやすい、前に進めないといった状況に陥ってしまうイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、大殺界を迎える場合でも、大殺界との向き合い方や乗り越え方、考え方を知っていれば、必要以上に不安になることもないはずです。

2017年大殺界|あなたの運命星は何?運命星の出し方

大殺界を知るには、まずあなたの運命星を割り出す必要があります。

まず、生まれ年と生まれ月から、運命数を導き出します。
運命数から1を引き、生まれ日を足した数が星数になります。
この星数を、下記表に照らし合わせて運命星を導きます。


<星数>     <運命星>
1~10      土星人
11~20     金星人
21~30     火星人
31~40     天王星人
41~50     木星人
51~60     水星人
運命星が+か-かを自分の干支から確認する

●子年生まれ(+)    ●丑年生まれ(-)
●寅年生まれ(+)    ●卯年生まれ(-)
●辰年生まれ(+)    ●巳年生まれ(-)
●午年生まれ(+)    ●未年生まれ(-)
●申年生まれ(+)    ●酉年生まれ(-)
●戌年生まれ(+)    ●亥年生まれ(-)

これで、あなたの運命星がわかりましたね。
あなたの運命星

 

今だけ無料占い

 

2017年大殺界|2017年のあなたの運命周期は?大殺界は何星人?

それでは、あなたの運命星が2017年、どの運命周期にあたるのか見てみましょう。
2017年、大殺界に当たるのは、土星人(+)、金星人(+)、金星人(-)、土星人(+)霊合星、金星人(-)霊合星、金星人(+)霊合星の方々です。

2017年大殺界|大殺界の過ごし方とは

大殺界に当たってしまった年は、どのように過ごせばよいのでしょうか。

大殺界の時期は、「いつも通りの自分」の行動が、不運を招いてしまう可能性もあります。
つまり、いつもの自分ならこうするというやり方をやり過ごし、別の方法を見つけてみることで、大殺界の不運をやり過ごすことができるのです。

別の方法が、たとえ自分にとってマイナスに感じるようなこと、逃げていると感じたり、足踏みしているように感じたり、面倒だと思うことだとしてでも、大殺界の時期は、そちらを選択してみるのがベターです。

大殺界の時期は、いくつもの困難に見舞われ、身も心も疲れ果ててしまうかもしれません。
だからと言って、ひねくれず、何事からも「学ぶ」という謙虚な気持ちを忘れずに、そして、辛い時期こそ、「感謝」の気持ちを大切にするよう心掛けてみてください。自分よりも貴いものがあることを忘れないために、親やご先祖様に逢いにいくのも良いでしょう。

何より、穏やかな表情で毎日を過ごしてください。身体と心は繋がっていますから、きっと穏やかな心を取り戻し、大殺界の魔力をはね退けるエネルギーを感じることができるはずです。

大殺界の時期は、自分の外側や新しいこと、未来に目を向けるのではなく、静かに自分の内側や過去と向き合いましょう。上手くいかないからといって、大きな変化を求めることは逆効果です。


この世に、無駄なことは一つもありません。どんな小さなことも、どんな苦労も、生きていくうえでは大いに参考になるはずです。

運気は、良いときもあれば悪いときもあります。六星占術では12周期で必ず巡ってくるものです。そこを、無理に良くしようとするのではなく、悪い時なりの過ごし方をすればよいのです。

謙虚な気持ち、感謝の気持ちを忘れずに、まわりの人のアドバイスを素直に受け入れる姿勢でいることで、大殺界の不運を寄せ付けないバリアをまとうことができるはずです。

まとめ

2017年の大殺界についてご紹介しました。
大殺界にあたる方も、ここでご紹介した大殺界の過ごし方、必要以上に恐れず、謙虚な気持ち、感謝の気持ちを忘れずに、素直な気持ちで過ごしてくださいね。
22 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -