出雲大社の縁結びパワーは日本一!効果的な参拝方法とお願いの仕方

2017/03/17

日本にはたくさんの神社がありますが、その中でも出雲大社は有名ですね。行った事が無い人でも「縁結び」と言えば出雲大社の名前が出てくるのではないでしょうか。そこで今回は、参拝前に知っておきたい、出雲大社の縁結びに効果的な参拝方法とお願いの仕方についてご紹介します。縁結びのパワーはもちろん、お参りをする事で人生の運気が上がるような参拝をしましょう。
出雲大社の縁結びパワーは日本一!効果的な参拝方法とお願いの仕方

出雲大社は日本一の縁結びスポット!

出雲大社が"縁結び"で知られるのはどうしてでしょうか。
その理由は、祀られている神様にあります。

出雲大社のご祭神は「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」です。
大国がダイコクとも読めることから、「天の下造らしし大神」である"だいこくさま"として国を作り、農業漁業や子孫繁栄、医薬など私達が生きるための環境作りをしてくださった神様なのです。

大国主大神は、愛情と救いに満ち溢れた優しい神様です。
そしてこの神様が司る「豊かさ」「愛する事」「子孫繁栄」「守る事・育てる事」などは、女性らしさに欠かせないものでもあります。

そして出雲大社で言う"縁結び"とは、ただ単に男女を巡り合わせる事ではなく、全ての人が幸せに発展して行くように、つながりが結ばれることを指しています。

出雲大社では「とにかくステキな出会いを」とお願いするよりも、

「愛情深く優しい女性になれますように」
「人生を豊かにする相手を縁がつながりますように」

と願う方が、大国主大神にも聞き届けられやすいようです。


■詳細情報
名 称:出雲大社(いづもおおやしろ)
所在地:島根県出雲市大社町杵築東195
アクセス:出雲大社駅から徒歩16分
営業時間:6:00~20:00
URL:http://www.izumooyashiro.or.jp/

縁結びは焦らずじっくり!出雲大社の鳥居を良く見てみよう

出雲大社はとにかく広い!
初めて訪れた方は、その広大さに圧倒されてしまう事でしょう。

入り口に到着すると、まず大きな鳥居が私たちを迎えてくれます。
そして、出雲大社の本殿にたどり着くまでには何と鳥居が4つも存在します。
その鳥居をくぐらないと、神様の元へたどり着く事ができませんので、心して進みましょう。

注目してほしいのは、こ4つの鳥居は材質がすべて違うという事。
まず1つ目は石、2つ目は木、3つ目は鉄、4つ目は青銅で建築されています。
石や木でできた鳥居は他の神社でも見かけますが、鉄や青銅は非常に珍しい材質です。
この材質の違いを知らないと、見上げることなくスルーしてしまいがち。

鳥居は神様の住処へ入るために結界をくぐるという事。
くぐるたびに一礼をして、少しづつ神様の元へ近づくようにしましょう。

縁結びを期待する人は、出雲大社での重要な参拝の手順を知っておこう

出雲大社の参拝には手順があります。
縁結びのご利益を焦るあまりに、とにかく本殿へ突進してしまっては、大国主大神にも驚かれてしまいますよ。

参道の途中には「祓社(はらえのやしろ)」という小さなお社があり、ここでまずお参りをする事が大切です。
私達が毎日の生活で溜め込んでいる汚れや罪を祓ってくれる場所ですので、面倒と思わずにしっかり手を合わせましょう。

その後は手水舎で手と口をお清めし、拝殿へ向かう準備をします。
手水舎でのお清めは、本来なら全身を洗わなくてはならないところを手と口だけに簡略化してくれるシステム。
神聖な場所に入るので、しっかりお清めをしましょう。

そしていよいよ拝殿に到着。
出雲大社本殿の荘厳さとパワーに圧倒される事でしょう。
拝殿の奥にある、本殿に大国主大神が鎮座しており、ここが出雲大社の「パワーの源」でもあるのです。

拝殿の後ろには八雲山がそびえ立ち、大国主大神の住まいを守っているかのように感じます。
その自然の力も一緒に感じ、お参りできた事に感謝をするとともに、縁結びをしっかり願いましょう。

知っておきたいのは、出雲大社のお参り方法です。
一般的な神社では、神様に手を合わせるときには「二礼・二拍手・一礼」を守ります。

しかし出雲大社では「二礼・四拍手・一礼」となるのです。
柏手を「パンパンパンパン」と4回打ちして、縁結びのお願いをするようにしましょう。

手を合わせる際は、指のフシとフシを少しずらします。
これには「フシ合わせ(不幸せ)」にならないように、という意味が込められているんです。
右手を少しだけずらして、お参りしてくださいね。

日本一の縁結びスポット・出雲大社の神楽殿の見どころは?

私達が出雲大社と聞いて真っ先に思い浮かべるのが、神楽殿にかかった大しめ縄でしょう。
長さ13.5m、太さは8mもあるこの大きなしめ縄は、何と重さが4.4トン!
こんなに重いものがぶら下がっている事に対し、神楽殿が倒れてしまわないか、ひやひやしてしまう大きさです。

2本のわら束が撚り合わされて作られるこの大しめ縄、わらで出来ていますから、時間が経つことで老朽化していきます。
そのため劣化が激しくなると新しいものに交換されるという事です。

古びて歴史を感じさせるしめ縄もいい感じですが、新しくなったしめ縄もぜひ見てみたいですね。
神様はキレイ好きですので、きっとみずみずしいパワーに溢れて私達に良い運を授けてくれるでしょう。

縁結びスポット・出雲大社に祀られる神様の魅力

出雲の国は古くから神様がいる国とされてきました。
大国主大神は、日本人ならきっと知っている「因幡の白うさぎ」の神話で、サメに襲われたうさぎに傷を治す方法を教えた神様です。

そのため出雲大社では、いたる所にうさぎのモチーフの置物を見る事ができます。
うさぎは縁結びのシンボルでもあるため、ますますお参り効果が高まりそうです。

神話なんて作り話でしょ?と思う人もいるかも知れませんが、とは言え日本にはたくさんの神様がいて、実際にこの現代まで神社が残っています。
出雲大社をはじめとする大きな神社やパワースポットへお参りをして「ご利益があった」「不思議なパワーを感じた」ということを、疑わずに素直に受け止めることも大切ではないでしょうか。

特に縁結びを願うなら、素直さと愛情に溢れた女性になることが一番です。
出雲大社の大国主大神は、あらゆる「ムスビ」の神でもあります。
あなたが心をフリーにして神さまの力を信じて参拝することで、男女の縁・お金の縁・人の縁などを授けてくれるでしょう。

またもし少しでも日本神話や神様について興味があったら、「古事記」などを読んでからお参りに行きましょう。
神社や神様のストーリーを知って行く事で、いつもより少し神様に近づく事ができるかも知れませんよ。

まとめ

出雲大社で縁結びを願う事は、日本を作った愛情に溢れる神様にお願い事ができたという事。
そこで今回は、日本一の縁結びスポット・出雲大社を

 

縁結びスポット・出雲大社

  • 出雲大社は日本一の縁結びスポット!
  • 縁結びは焦らずじっくり!出雲大社の鳥居を良く見てみよう
  • 縁結びを期待する人は、出雲大社での重要な参拝の手順を知っておこう
  • 日本一の縁結びスポット・出雲大社の神楽殿の見どころは?
  • 縁結びスポット・出雲大社に祀られる神様の魅力

 

以上の5項目に分けてご紹介しました。

 

きっとあなたにもいい縁がやって来ます。
また本気で縁結びを願う人は、お参りだけではなくご祈祷もお願いしてみましょう!
神様に近いところまで上がり、名前を告げてお願いをすることができるので、さらなる効果アップが期待できますよ!

 

出雲大社の縁結びについてもっと知りたい方は、

出雲大社で縁結びの由来と正しい参拝方法、縁結びのお守り

を、ご覧ください♪



15 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -