【手相の見方】感情線で見えてくる…彼の性格と自分の恋愛運

2017/09/06

手相には、感情線・知能線・生命線・運命線の4本の基本線があります。 珍しい手相で有名な「ますかけ線」や「二重感情線」というのも、この感情線です。 あなたの性格は?恋愛傾向は?今回は、目に見えない心を表す手相の「感情線」をクローズアップしてご紹介します。
【手相の見方】感情線で見えてくる…彼の性格と自分の恋愛運

手相の感情線とは

小指の下から中指や人差し指に向かって伸びている線のことを感情線と呼びます。

感情線は、その名の通りに「気持ち」を表しています。
愛情の持ち方、気持ちの癖、感性と感覚、性格の表と裏など、その人の性格が一番現れている線とも言えるでしょう。

感情線は大きく上向きか、下向きかでタイプが大きく分かれます。

感情線が上に向かっている場合は、情熱的で思い込んだら命がけ、猪突猛進なところがあります。
感情線が下に向かっている場合は、情緒的でロマンチスト、情に流されやすいところがあります。

感情線は、カーブが大きかったり、線が乱れていたり、支線が多かったりする方が、喜怒哀楽に溢れ心が豊かであると見て、良い相としています。

感情線が中指と人差し指の間に向かって伸びている場合

喜怒哀楽が豊かで、理性とのバランスが整っているので、穏やかな性格をしています。

愛情深く献身的で、結婚すると家庭人になる相。
とても理想的な感情線です。

感情線が中指と人差し指の付け根近くまで伸びている場合

感情線としては、平均より少し長めです。感情豊かで愛情が深く相手に尽くしますが、尽くした愛への見返りを求めないのが、この相を持つ人の特徴です。

それ故に、尽くさなくてもいい相手にも愛情を渡してしまうので、依存されることも。
相手との距離感を大切にすると良いですよ。

感情線が中指と人差し指の間に入り込むところまで伸びている場合

感情豊かで愛情深いですが、喜怒哀楽がハッキリしているため、良いものは良い、嫌なものは嫌と明暗もハッキリしています。

とても思いやりがあり義理堅く、見込んだ相手の面倒をとことん見る世話好きで、兄貴肌や姉御肌になることが多い。世話好きが度が過ぎてしまう所があるので気をつけましょう。

感情線が人差し指に向かって伸びている場合

愛情豊かではありますが、表にあまり出しません。気持ちをしっかりコントロールして冷静沈着な行動が出来る相です。

一度決めたことをしっかりとやり遂げる一途さと、それが行き過ぎると頑固になる側面もあるので、あえて妥協できるところを作るようにすると人間的魅力の幅が出ます。
41 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -