人間関係

人間関係に疲れた時にラクになれる方法とは

疲れ

2017/02/03

生きている限り関わっていくものが、人間関係。そして、トラブルがあると一番面倒なのも人間関係です。だから、人間関係に疲れたと感じる時は誰にだってあるんです。今回は、そんな人間関係に疲れた時にラクになれる方法をご紹介します。

人間関係に疲れた時ありませんか?

人間関係に疲れた時 

人間関係に疲れた時 

あなたは、人間関係に疲れた時ありませんか?
「人と会いたくない」「一人になりたい」「あの人と会うといつもイライラしてしまう」といった経験はありませんか?

人間社会では、人間関係が必ず関わってきます。
会社、学校、恋愛、友情・・・。
人間関係を経つことは生きている限り、できません。

人間関係と上手く向き合っていくには、人間関係に疲れた時の対処方法を知ることです。
人間関係に疲れストレスを感じると、溜め込めないでください。

疲れた時は、なにも気にせずラクになりましょう。
それこそが、人間関係を上手く築く秘訣と言えますよ。

人間関係に疲れた時は、ストレスが溜まっていることに気づこう

人間関係に疲れた時は、ストレスが溜まっている自分に気づいてください。

ストレスを感じると人間は、ストレスを溜め込もうとします。
たしかに人間関係を円滑にするには、我慢も必要です。
ですがストレスを溜め込むと、やがてそのストレスは大きく膨らみ大爆発してしまう可能性もあります。

人間関係に疲れた時は、ストレスが溜まっていることに気づいてあげてください。
「最近イライラするな~」「人と会うのが面倒くさい」「ネガティブなことばかり考えてる」といったことを考えることが多くなった人は、ストレスが溜まっている証拠かもしれません。

ストレスを溜め込むのではなく、ストレスが溜まっている自分を認めてあげましょう。

人間関係に疲れた時は、人と距離を置く

人間関係に疲れた時 人と距離を置く

人間関係に疲れた時 人と距離を置く

人間関係に疲れた時は、人と距離を置くことが大切です。

人間関係は親しくなるほど、いい加減になってしまいます。
例えば、冗談がきつくなってしまったり、相手のプライバシーに踏み込んだり、相手を気づける言葉を平気で言ってしまったり、仲が良くなると相手の気持ちを考えない行動をしがちです。
ですが「親しき仲にも礼儀あり」という言葉がある通り、こういったことは信頼関係を壊す原因となります。

そして、濃い付き合いをしていくうちに嫉妬や葛藤が生まれることもあります。
すると、この2つの感情が邪魔をし、普段のように接することができなくなりこともあります。

こうならないためには、ほど良い距離感を保つことが大切です。
また、少人数の人と濃い付き合いをするのではなく、幅広く友達の輪を広げるのも人間関係に疲れない秘訣です。

人間関係に疲れた時は、とにかく人との距離を置くことが重要ですよ。

人間関係に疲れた時は、気を遣うことをやめてみる

人間関係に疲れた時は、気を遣うことをやめてみてください。

人間関係に疲れた時の理由として、人に気を遣うことが1つの原因です。
仕事では上司に気を遣い、学校では友達に気を遣い、人間関係は人に気を遣うことがとっても大切です。

ですが、気を遣うばかりだと人間関係に疲れてしまいますよね。
そんなときは気を遣うことをやめてみましょう。
気を遣うことをやめるというのは、自分らしさをさらけ出すこと。
いつも自分らしさをさらけ出すことができずにいるのなら、思い切って出してみましょう。

人間関係に疲れた時は、一人の時間を大切にする

人間関係に疲れた時 一人の時間を大切にする

人間関係に疲れた時 一人の時間を大切にする

人間関係に疲れた時は、一人の時間を大切にしましょう。

休日は、必ず友達と一緒にいたりしてませんか?
せっかくの休みを友達と過ごすのも良いですが、たまには一人の時間を作って過ごすと人間関係に疲れにくくなります。

例えば、読書をしたり、一人で映画を見に行ったり、一人で美味しい物を食べに行ったり、一人の時間を堪能してみてください。
日頃の人間関係に関するストレスが発散されるはずです。

「人間関係に疲れた・・・」と感じている人は、人の誘いを断れないタイプが多いです。
たまには一人の時間を作るようにして、人の誘いを思い切って断るのも人間関係に疲れない秘訣かもしれませんよ。
一人でいることの楽しさを感じられるはずです。

人間関係に疲れた時は、苦手な人との関係を切ってみる

人間関係に疲れた時は、苦手な人との関係を思いきって切ってみてください。

あなたは苦手な人にも、気を遣っていませんか?
苦手な人にも気を遣っている人は、どうして気を遣っているのでしょうか?
嫌われたくないから。共通の友達がいるから。様々な理由があるのでしょう。

ですが、苦手な人との関係をこのままずっと続けていくのはストレスですし疲れてしまいます。
もし、あなたが今苦手な人との関係で疲れてしまっているのなら、関係を切ってみてください。

遊びのお誘いを断ったり、苦手な人がいる場には行かないなど、距離を置いてみてください。
すると、自然と心がスッキリとし変に気を遣うこともなく自分らしさを取り戻せるはずです。

人間関係に疲れた時は、信頼できる友達に打ち明けてみる

人間関係に疲れた時 信頼できる友達に打ち明けてみる

人間関係に疲れた時 信頼できる友達に打ち明けてみる

人間関係に疲れた時は、信頼できる友達に打ち明けてみることをおすすめします。

人に対する不満は、口に出して発散するのがとてもスッキリします。
誰かに打ち明けて、人間関係で疲れてしまったことを話して心からスッキリしましょう。

ただ、誰彼構わず不満を漏らすのではありません。
あなたが信頼できる人に打ち明けるのです。
誰彼構わず不満を漏らしてしまうと、その話を告げ口する人がいるかもしれません。
そうなると、さらに人間関係が悪化してしまう恐れも・・・。

そうならないために、信頼できる友達に打ち明けてアドバイスをもらうなりして、心をリセットしてみてください。

人間関係に疲れた時に響く名言

人付き合いがうまいというのは、

人を許せるということだ。

アメリカ合衆国の詩人、ロバート・フロストの人間関係に疲れた時に響く名言です。

人を許せることは、なかなかできる人はそういません。
ですが、これをできるようになれば器の大きい人間になれます。

良い時も、悪い時も同じ態度で接してくれた人だけ信じられんだ、そういう人と一生つきあっていきたい
日本の元プロ野球選手の落合博満さんの人間関係に疲れた時に響く名言です。

この言葉の通り、良い時も悪い時も同じ態度で接してくれた人間は、信頼できます。
あなたの周りでこういう人がいるのなら、大事にしてくださいね。

誰かを信頼できるかを試すのに一番良い方法は、彼らを信頼してみることだ
アメリカの小説家で詩人のアーネスト・ヘミングウェイの人間関係に疲れた時に響く名言です。

信頼できるか知るためには、まず人を信頼することから始まるのだそう。
自分がまず相手を信用するところからですね。

まとめ

人間関係に疲れた時 まとめ

人間関係に疲れた時 まとめ

人間関係に疲れた時に、ラクになれる方法と名言をご紹介しました。

人間関係を円滑にする方法。
それは我慢をしないことです。

いつも我慢をしてしまうあなた。
我慢をせず人間関係に疲れた時は、無理をしないことです。
一人の時間を楽しんだり、信頼できる人に打ち明けるなど気持ちをリセットしてください。

そうすると、モヤモヤしていた心がパッと晴れるはずですよ。

RELATED

関連記事

  • 女子の人間関係ってめんどくさい。ストレスフリーなれる対処法♡

  • 女子の人間関係がこじれる理由と6つの解決法

  • ソウルメイトとは?7つの特徴や大切な人の見つけ方について解説!