そのやり方大丈夫?気をつけたい自己流ホワイトニングのNGポイント

2016/11/29

今や芸能人だけでなく、一般の人でも歯の白さをキープすることは、常識になりつつあります。歯は、食べ物や飲み物による着色汚れであるステインを除去すると白くなることから、自己流のホワイトニングに励む人も少なくないようです。しかし、自己流のホワイトニングは、使用する物や方法によっては歯が白くならないばかりか、歯を傷めて逆効果になってしまうこともあります。ここでは、一般的によく行われている自己流ホワイトニングがダメな3つの理由をご紹介します。
そのやり方大丈夫?気をつけたい自己流ホワイトニングのNGポイント

ホワイトニングのやり方|研磨剤が入った歯磨き粉のNGポイント

研磨剤入りの歯磨き粉を使うと、歯は一時的にキレイになります。

しかし、歯の表面に傷がつきやすくなるため、結果的に食べ物のポリフェノールなどの色素が歯に付着しやすくなります。

また、研磨材がたくさん入った歯磨き粉を使用して、電動歯ブラシで磨くと、より歯の表面を傷つけるリスクが高くなってしまうので、注意が必要です。

ホワイトニングのやり方|電動歯ブラシのNGポイント

最近ではホワイトニング機能がついた電動歯ブラシが発売されています。

しかし、本来人の歯は真っ白ではなくクリーム色をしているため、電動歯ブラシで磨くだけでは、もともとの歯の色以上に白くなることはありません。

磨けば磨くほど白くなると思って、電動歯ブラシを使い過ぎると知覚過敏になることもあるので注意しましょう。

ホワイトニングのやり方|歯の消しゴムのNGポイント

シリコンゴムと研磨剤を含んでいる歯の消しゴムという物が販売されています。

歯の消しゴムは、少しだけ歯の汚れを取るならまだしも、強くこすりすぎると歯の表面に傷がついてしまいます。

傷ついた部分は、食べ物や飲み物などのステインにより、一層歯に色が着きやすくなってしまいます。

ホワイトニングのやり方|医師に相談して安全な方法を選ぼう

次のような状態の人は、歯科でホワイトニングを受けようと思っても、場合によっては受けられない可能性もあります。

・歯周病や虫歯がある人
・歯並びが極端に悪い人
・妊娠している人
・テトラサイクリン系抗生物質を飲んでいて、歯がグレーになっている人

「ホワイトニングでどれくらい効果が得られるか」ということは、それぞれの歯の状態、健康状態によっても変わります。

安易な自己判断でホワイトニングを行うよりも、歯科を受診して適切なホワイトニングを行う方が、単に歯を白くするだけではなく、結果的に歯の健康を保つことにもつながります。
【記事提供】
16 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -