家計が苦しいときにしておきたい、臨時収入のためのおまじない

2016/11/30

今月も、いろいろな出費があってお財布がカツカツ…。ひとり暮らしで頑張っている人も、家族の家計を預かっている人も、こんな悩みは持っていることでしょう。今回は家計に余裕を持って明るく過ごすための、ちょっとしたおまじないをご紹介します。すぐにできることばかりなので、家計が苦しいときに試してみてくださいね。
家計が苦しいときにしておきたい、臨時収入のためのおまじない

家計が苦しいときに、お財布に願いを託すおまじない

「家計が苦しい」と節約をしたりバイトに行ったりしている人は、それに合わせてお財布についても見直してみてください。お財布はお金のマイホームです。中をキレイにしておくことはもちろん、中に入れておくものでも金運は変わってきます。


中でも一番効果のあるおまじないは「種銭」を入れておくこと!


種銭とは、お金を育てる種となる「使わない」お金のことです。入れておくだけでお金がぐんぐん育って行くので、ぜひ入れておきたいものです。しかしこれはもちろん、どんなお金でも良いわけではありません。


おすすめは「お金持ち」のお財布から5円玉を分けてもらうこと。「家計が苦しい」と感じたときはラッキーな人の運気をたっぷり吸い込んだ5円玉は、あなたのお財布の中で大きな力を発揮してくれます。もし身近に裕福な人や運気が良くて幸せな人がいたら、お願いをして5円玉を分けてもらってください。


そして乾いた布で軽く拭き、あなたのお財布へ。効果が出るまで使わずに大切にしておくようにしてくださいね。このおまじないには即効性があるので、すぐにでも効果が出るかも知れません。


また神社やお寺でいいパワーをもらってくることもおすすめです。お寺には「銭洗い弁財天」など、お金を洗うための水が流れている弁天さまのお社があったりします。そこで種銭にするための小銭を洗って持ち帰りましょう。


もちろん金運に効果のある寺社仏閣で、お金モチーフのグッズや小判の形のお守りを買ってくることも効果的。お財布はもちろん、いつも身に付けておくことで金運がどんどん上がっていきますよ。


また、お財布を常にバッグの中に入れっぱなしの人は、今すぐそれを止めてみてください。バッグは「動き」の象徴です。その中に入れっぱなしだとお金は落ち着かずそわそわしてしまい、すぐに出て行ってしまいますよ。


帰宅したらすぐにお財布はバッグから出しましょう。そして、暗くて落ち着けるような「定位置」に置いてあげることが効果的です。夜にはお財布をゆっくり休ませてあげることで、お金の廻りが良くなることを実感できるおまじないです。家計が苦しいときは、タダでできるおまじないに頼ってみては?

家計が苦しいときは、フットケアでおまじない

14 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -