【玉の輿運アップ】玉の輿体質になる開運法

2017/06/01

女性なら誰でもが一度は憧れる玉の輿。裕福な旦那さんと結婚することは一生の幸せを保証してくれる可能性が高いので、みなさん挑戦してみたいと思います。ただお金持ちは人気者ですので、競争率が高いのも事実。人と同じことをしていては玉の輿に乗ることはできませんね。ここでは、玉の輿体質になるための開運法を見て行きましょう。
【玉の輿運アップ】玉の輿体質になる開運法

下準備 これまで付き合っていた人と別れる

玉の輿に乗るためには一朝一夕でサッ、と乗れるわけではありませんので、下準備が必要です。下準備とは、別名、身辺整理のことで、今までの縁を全て清算する、ということです。例えば、現在満足していない彼や夫がいる場合は、我慢をせずに別れてしまうということです。
人間は思ったことがそのまま現実になりますので、あなたが相手のことを微妙と思っていると、相手はどんどん微妙なります、つまり納得のいかない人といると、人生がどんどん納得のいかないものになるのです。同じく、玉の輿に乗ると決意した瞬間、これまで付き合っていた女友達とも縁を切りましょう。今より上の縁をつかむ時は、霊格があがったときです。霊格が上がると、古い人間関係は全て不必要なものになりますので、前もって清算します。
なんか冷たい人と思われそう、と思うかもしれませんが、玉の輿に乗った人は、例外なく、心地よい人間関係の中に身を置いています。ぎすぎすした付き合いや、自分に相応しくない人と付き合っている人は皆無です。顔には出さないかもしれませんが、きっと陰で努力しているのだと思います。

カワイイ女性になる

下準備を終えたら、あとはひたすらカワイイ女性をめざしましょう。現代は、男女平等が盛んにさけばれて、男性のように快活な女性も人気がありますが、玉の輿に乗る人はほとんど、カッコイイ女性より、カワイイ女性です。パンクロッカーみたいな格好の人や、言葉遣いが汚い女性が玉の輿になる可能性は低いとみていいでしょう。ごくまれにそういうパターンもありますが、その場合、遅かれ早かれ、ご主人の事業が上手くいかなかったり、家が潰れたりします。そういう不幸に巻き込まれないためにも、カッコイイ女性は今すぐやめ、カワイイ女性になりましょう。

それにはまず、化粧をして、ネイルやマツエクなど、出来るだけきれいにします。お金持ちの男性は、外見で女性を判断します。外見、といっても美人かどうかだけではありません。あまり容姿に自信がなくても、手入れをしている、美しくみせるように努力していることが大切です。ちなみに美は風水的には、火の気を持ちますので、水の気である洗面所でお化粧をすると火の気を消してしまうのでNGです。必ず、メイク台か、自室など別の場所で行ないましょう。
服装もTシャツやジョガーパンツなど、ユニセックスなものはやめ、ワンピースやレースのシャツなど女性しか着こなせないものにします。少しヒールのついた靴は、目線が物理的に上がることで世界が変わりますから、とてもオススメです。
仕上げにアクセサリーをつけ、フレグランスをつかって、いい雰囲気を演出しましょう。

合コンや異業種交流会に積極的に参加する

外観を変えてリフレッシュしたら、今度は合コンや異業種交流会に積極的に参加しましょう。恋愛にこだわらない人は、お見合いもいいと思います その時、参加する交流会を選ぶ際に風水的なポイントがあります。一つはバーやクラブなど水商売のお店ではなく、公共施設やホテルラウンジなど、明るく楽しい雰囲気の場所。
とくにガラス張りで天井が吹き抜けの場所ですと、いい気が充満しており、良縁が生まれやすくなります。機会は少ないかもしれませんが、夜より昼に開催されるものがオススメです。普段生活しているとあまり気がつきませんが、実は夜になると邪気の力が強くなります。夜は、なんとなく見栄をはりたくなり、悪い気持ちが出やすくなるのです。

出会い狙いのイベントは夜が多いですが、習い事や資格試験の勉強など、昼のことを通じて知り合うのもオススメです。仕事をもっていると、中々そういうことがしづらいと思いますので、夜の集まりへ行く場合は、お塩を小さな紙に包んだものをコスメポーチや定期入れに持っておくと、強い邪気がある人を避けることができます。
パーティーなどで運良く人と知り合うことができても、その日は二次会へ行かず、その場で別れるのが良縁を引き寄せるポイントです。そうしてメールやLINEなどでフォローを入れておくと、交流が広がるきっかけになります。

すでに身近な所に、玉の輿の友人や知人がいる場合、積極的に観察して、いい所を観察し、どんどん真似しましょう。玉の小塩人は運が強いので、一緒に過ごすうちに強運をわけてもらうことができます。あまりしつこいのはNGですが、相手が快く会ってくれるなら、お返しはしつつ、甘えてしまいましょう。
同じ人生ならば、苦労でイヤなことだらけよりも、楽しくてのんびり玉の輿に乗って、人生を満喫しましょう。
8 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -