App Store & iTunesギフトカードはどこで買えるの?

2018/04/23

アップル製品やiPhoneでコンテンツを買うための支払いは、クレジットカード決済以外にも便利な方法があります。ここでは、App Store & iTunesギフトカードについて、AppleStoreギフトカードと比べながら説明します。一見、名前が若干違うだけで同じものだと思われがちですが、実は別物なのです!
App Store & iTunesギフトカードはどこで買えるの?

App Store & iTunesギフトカードとは?メリットと使用方法

App Store & iTunesギフトカードはプリペイドカードの一種で、カード裏面に記載されたコードを入力することでApple IDに金額がチャージされます。

チャージした金額分iTunes Storeの音楽や動画を楽しんだり、App Storeでアプリを買ったりアプリ内の有料アイテムを購入したりといった使い方ができる便利なカード。

アップル社が提供している各種有料デジタルサービスの支払いに利用できるということです。

App Store & iTunesギフトカードを利用すると、クレジットカードや携帯電話会社のキャリア決済等、他の便利な支払い方法にはない大きなメリットがあります。
それは、チャージした金額分しかお金を使うことができないので、知らないうちに使いすぎてしまったということが起こらないという点です。

App Store & iTunesギフトカードはApple Storeや、家電量販店やコンビニなどで購入することができますが、実は店舗に行かずとも「au Online Shop」でデジタルコードとして購入できます。
必要な時に、すぐに購入して使うことができるので非常に便利ですね♪

購入方法は簡単です。
金額1,500円分・3,000円分・5,000円分・10,000円分の4種類が用意されていて、この中から使いたい金額のカードを選んで購入します。
フリマアプリやネットオークションでもApp Store & iTunesギフトカードが出品されていることがありますが、使えない(レジを通さないと使えるようにならない)状態のものや使用済みのものである可能性もあり、問題となっています。正規販売店以外での購入はなるべく避けるようにしましょう。

App Store & iTunesギフトカードの購入は、auの公式Online Shopから♪
au Online Shop

App Store & iTunesギフトカードでできること

App Store & iTunesギフトカードでできることは、こちら。

・iTunes Storeで音楽や映画を購入・レンタルする
・App Storeで有料アプリを購入する
・アプリ内の有料アイテムの購入
・iBooks Storeで電子書籍を購入する
・Apple Musicを利用する
・iTunes Matchを利用する

ただしApple Musicの利用については、Apple Musicギフトカードというものが用意されていますので、長期利用が前提であればそちらを利用したほうが実はお得です。

オトクな理由は、下記の記事で明かされています。

AppleStoreギフトカードとは

App Store & iTunesギフトカードと比べるとAppleStoreギフトカードの知名度は低いのではないでしょうか。また、同じものだと思っている人もたくさんいるはずです。

App Store & iTunesギフトカードと同じようにAppleで使えるのですが、実は全く別のギフトカードなのです。
特に気をつけなければいけないのは、その用途。
ギフトカードを使える場所と購入できるものが全く異なるのです。

App Store & iTunesギフトカードはAppStoreでアプリなどを購入する際に使いますが、AppleStoreギフトカードはAppleStoreでの利用が可能となります。MacbookやiPhone、AppleWatchなどApple製品の購入に利用することができます。

iTunesストアで音楽を購入したり、AppStoreでアプリを購入、アプリ内で課金アイテムを購入するなどの使い方はできませんので注意しましょう。

AppleStoreギフトカードはAppleの店頭やApple公式オンラインストアで販売されています。そして利用できるのもApple店頭か公式オンラインストアのみになります。

誕生日などの祝い事のときに、プレゼントとして利用する方が多いようです。

実物のカードタイプとEメールで送るタイプがあり、それぞれ有効期限はありません。(2013年10月以前のものは10年という有効期限がありました。)購入可能金額は2,500円から50万円までとなります。

Eメールのものを使うと気軽にギフトを贈ることができてとても便利です。また、メッセージを添えることも可能です。

デザインは4種類用意されています。Eメールタイプだとすべてのデザインで50万円まで金額指定が可能ですが、実物のカードだとそれぞれ購入できる上限の金額が変わります。

シルバーは3,000円まで、スペースグレイは5,000円まで、ゴールドは10,000円まで、ホワイトは50万円までとなります。

特にデザインのこだわりがなければ、ホワイトを選んでおけば間違いありません。

もしもAppleStoreギフトカード1枚では商品代金に足りなかった場合、カードを追加購入してプラスすることができます。

こうしたカードの同時利用は8枚までとなっています。現金やクレジットカードと併用しての購入も可能です。
フリマアプリやネットオークションでもギフトカードが出品されていることがありますが、使えない(レジを通さないと使えるようにならない)状態のものや使用済みのものである可能性もあり、問題となっています。正規販売店以外での購入はなるべく避けるようにしましょう。

App Store & iTunesギフトカードとAppleStoreギフトカードの違いまとめ

App Store & iTunesギフトカードとAppleStoreギフトカードは似たような名前ですが別物ということをご理解いただけたでしょうか。
利用できる場所や用途が全く異なるということを押さえておきましょう。

2つのカードの違いをまとめてみると、

・App Store & iTunesギフトカードの購入場所はコンビニや家電量販店でも購入できるが、AppleStoreギフトカードはApple店頭と公式オンラインストアでしか購入できない

・App Store & iTunesギフトカードはiTunesやAppStoreなど、ネット上で利用する。対してAppleStoreギフトカードはApple店頭やオンラインストアでの利用になる

・App Store & iTunesギフトカードは音楽や映画、アプリなどデジタルコンテンツの購入に使う。AppleStoreギフトカードはMacbookやiPhene、AppleWatchなどのハード的な製品の購入に利用する

・App Store & iTunesギフトカードの購入可能金額は1,500円〜50,000円。AppleStoreギフトカードは2,500円〜50万円まで

・デザインはApp Store & iTunesギフトカードが5種類あり、AppleStoreギフトカードは4種類

・現在はどちらも有効期限はなく、いつまでも使える

・どちらも実物のカードタイプと、コードだけのタイプがある

このようになります。

また、App Store & iTunesギフトカードは一度アカウントにギフトコードを登録すると登録の解除はできません。

AppleStoreギフトカードは商品の代金を支払う際にPINコードが必要となります。このPINコードを知っていれば、家族でシェアして使うといった利用が可能です。

細かい違いはありますが、AppleStoreギフトカードはAppleの製品全般に利用するのに対しApp Store & iTunesギフトカードはアプリや音楽などのデジタルコンテンツに使うということを覚えておけば問題ないでしょう。

App Store & iTunesギフトカードは、au OnlineShopなどのデジタルコードでも気軽に購入できるので、思う存分デジタルコンテンツを楽しんでください。
App Store & iTunesギフトカードの購入は、auの公式Online Shopから♪
au Online Shop
1 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -