【恋愛お悩み相談】声をかけられるのを待ってしまい彼ができない

2018/08/08

Reliaでは、読者のみなさまの恋愛相談に答える恋愛相談のコーナーをスタートしました。今回は、自分から声をかけられず彼ができないという30代女子のお悩みに対して、編集部が答えます!
【恋愛お悩み相談】声をかけられるのを待ってしまい彼ができない

【恋愛お悩み相談】自分から声をかけなきゃいけないの?

20代の頃そこそこモテていたせいか、30を過ぎた今でも、自分から声を掛けたり連絡先を聞くことができません。
誘ってほしい人はいるのですが、どこかで「なんで私が誘わないといけないんだ」「きっと彼から声をかけてくれる」とどこかで思ってしまう自分がいます。

この性格を直さないと、彼氏なんてできないんでしょうか。

【回答】年齢的に焦ってしまう…そんな気持ちは分かります

ご相談者様は、20代の頃から、そこそこモテてきて…ということで、30歳を過ぎても、自分で声をかけることが出来ないのですね。
確かにそういった方は、ご相談者様だけでなく実は、そういった方はとても多いと思います。
現に、私もそうでしたし、そういう悩みを持つ友人もいます。

以前から受け身で過ごしてきたという方は、ある程度の年齢になっても、受け身のまま変われないことが多いんです。
でも無理をして積極的になっても、自分らしく振る舞えないようでは疲れてしまいますよね。なので、「絶対に自分を変えなくてはいけない!」と思う必要はありません。

しかし、気になる異性や、連絡を自分から取りたいと思っている異性がいるのに声をかけることできない…というのは、やはり意識的に改善してみても良いと思います。

30歳を超えると、そういった人と出会える機会も少なくなってしまいますので、そこは「20代の頃とは違んだ」と意識して、自分から変えていく必要があるのではないでしょうか。

「なんで私が誘わないといけないんだ!」という思いを切り替えてみよう

気になる男性がいても、「なんで私から誘わないといけないの…?」という気持ちになってしまうこともあると思います。
でも今の時代は、草食系の男性がとても多いのです。あちらから誘ってくれる男性ばかりではないと肝に銘じておきましょう。

さらに男性側からすると、20代の女性は軽く誘うことが出来たり、連絡を聞くことができたとしても、30代の女性が相手となると、身構えてしまい、なかなか聞くことが出来ない…ということもあります。

男性の心理的にはそういった感じなので、30歳を超えてからは、むしろ男性とは対等であるという風に思うようにしていきましょう。
今は女性もある程度積極的にならないことには、なかなか恋愛をしたりするのも難しい時代であると言えるでしょう。

「性格を直す」というのは、なかなか難しいと思いますので、考え方を少し変えてみる、その方がより出会いが見つかるだろうという風に切り替えたり、割り切ってみると良いでしょう。

特に気になる男性がいた場合には、自分から思い切って誘った方が良い結果が生まれる場合もあるのです。

連絡先の聞き方、誘い方もさりげなく

20代の頃から、そういったことをしてきていない場合には、なかなか考え方を変えるのも難しいかもしれません。
積極的といっても、不自然では相手とも変な感じになってしまいそうですよね。

そこで、さりげなく男性を誘ったり、連絡先を聞いたりする方法です!

例えば、自分から連絡先を聞くのは勇気がいる、恥ずかしいという場合は、「またお話ししたいな」という風にさりげなく言ってみてください。そういう流れになるように誘導するのが、相談者さんにはおすすめです。

電話番号交換が恥ずかしいというのであれば、「ラインのIDを教えてください」だとか、「楽しかったので、なんとなく~」というノリでも良いと思います。

さりげなく相手に伝えてみて、相手の反応を伺うほうが自分も楽なはずです。

でもこういった方法が効く男性と、まったく効かない男性がいるのも事実。驚くほど鈍感な男性も、この世の中には存在するのです。

なので、どうしても伝わらないという場合には、こちらが積極的になるしかありません。
「この人が気になる!」「なんとかして関わりたい!」と思ったら、自分の気持ちに素直に従いましょう。

30歳を過ぎると、チャンスはそうそう巡ってくるわけではないのです。その中で好みの人に出会う確率はさらに減りますよね。そう思うと、一回一回の出会いに真剣に向き合えるんじゃないでしょうか。
まずはさりげなく行うことからはじめてみる。それであなたの未来は変わるかもしれませんよ。
8 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -