iPhoneのワイヤレス充電器とは?使うにあたっての注意点

2018/04/23

iPhone X、iPhone8で追加された目玉機能のひとつである、ワイヤレス充電。 iPhoneにLightningケーブルを繋がなくても、Qi規格に対応した充電器の上に置くだけで充電できてしまう便利な機能です。 ワイヤレス充電器を使えば、長いケーブルの煩わしさから解放されます。 iPhoneのワイヤレス充電器について解説していきます。
iPhoneのワイヤレス充電器とは?使うにあたっての注意点

iPhoneのワイヤレス充電器とは?|Qi規格のワイヤレス充電器とは

Qiは「チー」と読み、WPC(ワイヤレスパワーコンソーシアム)という機関が策定したワイヤレス給電の国際標準規格です。

携帯電話やスマートフォンを対象とした、15W以下の低電力向け規格が策定されています。
ワイヤレス充電器は、平べったいマットのような本体があり、その本体をケーブルで電源をつないでおき、マットの上にiPhoneを置けば充電が開始されるという仕組みになっています。

電磁誘導方式で充電するので、ケースを装着していたり、iPhoneとマットの間にケースに入れた磁気カードが入っていると、十分に充電ができなかったり破損につながる可能性があるので注意しましょう。

できるだけ、iPhoneと充電器の間には何も置かないようにすると破損の心配がありません。
ワイヤレス充電器はiPhoneの付属品ではなく、市販品を手に入れる必要があります。

アップルストアなどでアクセサリとして販売されています。

アップルスアではMophieとBelkin製の充電器を取り扱っています。こちらはApple推奨で、iPhone X・iPhone8に最適化されているので品質は保証できるといえるでしょう。

また、ホテルやカフェ、空港に設置されていたりして、それらを使って充電することも可能です。
普通のワイヤレス充電の充電速度は、有線での充電よりもわずかに遅いです。

しかし、iOSのアップデートによって高速ワイヤレス充電も可能になりました。

■ワイヤレス充電器を購入するなら、au Online Shopがオトク♪

ワイヤレス充電器は、アップルストアなどで購入可能ですが、店頭での購入は待ち時間があったりスムーズに購入することができない場合があります。

しかし、au Online Shopではネット購入なので、待ち時間がなくスムーズに購入することができます。
auが公式として行っているオンラインショップなので、安心して利用することもできますし、最短で翌日にお届けすることも可能なので、とても便利です♪

また、日本全国、送料無料になりますし、持っているauWALLETポイントで購入することもできます。

ワイヤレス充電器だけでなく、最新のスマホや携帯電話、スマホケースやデジタルコードなどのオプション品など2500点以上の商品を取り扱っているので、自分の欲しいものが見つかりますよ。

気になった方は、ぜひau Online Shopを覗いてみてくださいね。
au Online Shopは、こちらからチェック!
au Online Shop

iPhoneのワイヤレス充電器とは?|高速ワイヤレス充電も可能に

iOS11.2以降からは、高速ワイヤレス充電も可能になりました。
通常のワイヤレス充電器の出力は5Wですが、高速ワイヤレス充電器は7.5Wの出力になっています。

出力が大きいほど充電時間を短縮することができます。
iPhone Xで充電時間の比較をおこなったところ、通常のワイヤレス充電は1時間で38%充電できたのに対し、高速ワイヤレス充電では1時間46%だったというデータがあります。

今のところ、iPhoneで確実に高速ワイヤレス充電が可能な充電器はApple推奨のMophieとBelkin製の充電器のみになります。

その他のメーカーのものは高速充電ができるかどうかは、今の所不確実です。
また、これから高速ワイヤレス充電が可能の充電器が増えていくのかは、不透明です。

充電時間が短く制限されてしまうようなシーンでは、高速ワイヤレス充電はとても便利です。
なので、やはり無難にMophieとBelkin製の充電器を選ぶのが良いかと思います。

ただ、値段が6,980円と決して安くはないので、高速充電にこだわらない人はサードパーティ製の充電器を購入するのもありです。

ワイヤレス充電自体はQi規格に対応していれば可能なので、MophieとBelkin以外のサードパーティであれば1,000円代から購入できる充電器もあります。

また、種類も豊富なので、そちらでお好みの充電器を探すのも良いでしょう。

iPhoneのワイヤレス充電器とは?|Qi規格のワイヤレス充電器は昔から存在した

iPhoneで採用されることで話題となったQi規格のワイヤレス充電。

実はスマホのワイヤレス充電自体は昔から存在しました。
サムスンのGalaxyシリーズでは2014年から搭載されています。

しかしあまり大きく取り上げられることはありませんでした。
それが、大きな影響力を持つAppleが参入してきたことによって世間に大きく取り上げられました。

これは、公共のインフラに大規模な変化をもたらす可能性があることを意味します。

スマホのワイヤレス充電が登場してから、大規模ではありませんでしたが充電パッドをさまざまな場所に設置する取り組みが行われてきました。

例えばイギリスでは、1,000店を超えるマクドナルドの店舗に充電ステーションを設置されています。
そしてついにAppleがQi規格を採用しました。

これから充電ステーションの普及はどんどん広がり、カフェやホテル、ファストフード店ではもちろん、あちこちの公園や路線バスでQiの充電パッドを使えるようになるでしょう。

またひとつ、世の中が便利になります。

iPhoneのワイヤレス充電器とは?|まとめ

iPhoneのワイヤレス充電器についてお伝えしました。
Qi規格のワイヤレス充電というものは5年ほど前からあり、実際にアンドロイドのスマホには搭載されていました。

そしてAppleがQi規格を採用したことにより世間で認知されるようになったというわけです。
ワイヤレス充電器は数多くありますが、Apple推奨でアップルストアで購入できるのは、MophieとBelkin製の充電器です。

この2社の充電器は高速ワイヤレス充電にも対応しており、急いでいる時には便利です。

高速充電は必要なく、通常のワイヤレス充電で十分、というのであればサードパーティ製の充電器は1,000円代の安価なものもあります。

本当にマットにiPhoneを置くだけで充電が始まるので便利ですよ♪
au Online Shopでスマホライフを楽しく・・・☆
au Online Shop
1 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -