【守護霊診断】私の守護霊は何タイプ?ちょっと気になる私の守護霊

2017/06/01

先にお断りしておきますが、「無料の診断で『あなたの守護霊は○○です』と結果が出る」ようには守護霊のことは判明しません。しかし、それには理由があり、その理由についてもお話しています。守護霊に興味があるけれど、診断で出る結果はどうにも違う気がする…というあなたには、何かのヒントにはなるかもしれないお話です。
【守護霊診断】私の守護霊は何タイプ?ちょっと気になる私の守護霊

そもそも、守護霊って何だろう?

守護霊の話をする前に、皆さんにひとつ、お聞きしたいことがございます。
もし、全く知らない人に「守護霊」というものを説明するとしたら、あなたならどう説明しますか?

そもそも、守護霊の概念も含めたスピリチュアルな領域は、少なくとも肉眼で見えるような世界ではありません。
だからでしょうか、スピリチュアルで取り上げられる概念は、その呼ばれ方や定義が曖昧なままになっていることが往々にしてあります。
「守護霊」も、また例外ではありません。
「複数の役割を持ち、人に付いている霊的存在の総称」として定義している場合もあれば、「あくまでも“守護”を担当する霊のみを表す」と定義されている場合もあります。
これが、「自身の守護霊がどんな存在か」を、具体的には把握するのが難しくなっている一因のようにも思います。

とはいえ、「守護霊」と表現した場合には、細かな差異はあれど、共通した概念も多くあります。
例えば、「ある人を守っている霊的存在である」という点は、共通です。
言葉としては「守護霊」という表現ではなくとも、この点に当てはまる霊的存在については、昨今のスピリチュアリズムの中でだけでなく、昔から様々な文化圏で言及されています。
また、「誰にでも、必ずひとりは付いている」というのも、おおよそ共通した考えです。

今回の記事では、こちらの、「特定の人に付いて守護する霊的存在」という定義を前提とした上で、できるかぎり、多くのケースに共通していると思われる事柄に絞ってお伝えします。

守護霊は入れ替わる?

もうひとつ、自分に付いている守護霊が、具体的には特定しにくい理由があります。
「守護霊は、付いている人の意志や成長に合わせて、新しく付いたり、入れ替わったりする場合がある」からです。

これもまた、守護霊の定義に共通して見られる特徴です。
特に、守護霊という言葉に、「付いている人へ指導やサポートをする存在」という意味が含まれている場合、共通して「守護霊は入れ替わることがある」と言われます。
ただ、筆者としては、「純粋に守護を行う存在」としてのみの守護霊という言葉であっても、この事実は変わらないと考えています。

理由としては、守護霊は、付いている人の自由意志を尊重するということです。
自由意志とは、「自分自身で考え、自分のことに関する選択を行う意志」です。
守護霊にとっては、あなたがする選択には、違いはあっても差はありません。
ですので、「今日の晩ご飯、何を食べよう?」という選択も、「どちらの会社に入社しよう?」という選択も、守護霊から見れば等しく大切な選択であり、
たとえあなたがどの選択肢を選び取ろうとも、守護霊はその選択肢と意志を尊重し、強制的に変更したりすることはありません。
つまり、どういうことかというと…
あなたの自由意志を受け入れた上で、あなたと縁がある霊的存在の中にその時のあなたに最適な守護霊がいた場合、新たに付いたり、今まで付いてくれていた守護霊と入れ替わったりすることがある、ということです。
9 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -