iPhoneの課金種類と設定方法。デジタルコードが便利って本当?

2018/04/23

iPhoneで有料コンテンツを購入するための手段は、主にクレジットカードを使う方法と、App Store & iTunes ギフトカードを購入してチャージするという方法です。ここではiPhoneの課金の種類や設定方法について詳しく解説していきます。 課金の方法などで悩んでいる方はぜひ、参考にしてみてくださいね。
iPhoneの課金種類と設定方法。デジタルコードが便利って本当?

iPhoneへ課金する方法

iPhoneでは音楽や有料アプリ、アプリ内の有料アイテムの購入をするために代金の支払い方法を設定したり、お金をチャージしたりしなければなりません。

支払い方法は主に2つあり、Apple IDにクレジットカードの情報を登録してクレジットで支払う方法と、App Store & iTunes ギフトカードを利用して払う方法があります。

どちらの方法でも、デジタルコンテンツを楽しむことができます。

クレジットカード情報を自分のiPhoneに登録すれば、以降は気に入ったコンテンツを見つけたら気軽に購入することが可能になります。

ただし、注意点としては簡単に購入できてしまうので、使いすぎには気をつけなければいけません。

一方App Store & iTunes ギフトカードを買ってきてチャージすれば、購入金額分しか使うことができないので使いすぎることをなくコンテンツを楽しめます。

自分に合った方法を選択して課金してみましょう。

それぞれの課金の仕方を説明していきます。

クレジットカードの情報を登録方法

iPhoneへの課金をクレジットカードで行うには、クレジットカード情報をApple IDに登録しなければなりません。

やりかたを解説します。
iPhoneの設定アプリを開き、一番上にアイコンと自分の名前が表示されている部分をタップします。
自分の名前が表示されている名前をタップすると、「Apple ID」ページに飛びます。
ここの項目にある「iTunesとApp Store」をタップします。
「iTunesとApp Store」をタップすると、一番上に自分のメールアドレスが表示されます。
ここをタップすると、「Apple IDを表示」と表示されるので、タップしましょう。
自分のメールアドレスをタップすると、アカウントページに飛ぶので「お支払情報」をタップします。
そこにお支払い情報という項目があるので、そちらを選んでクレジットカード情報を入力します。
以上の操作で、iPhoneにクレジットカードの情報が登録されます。カードの情報を変更したい時や消去したい時も、同じ画面から可能です。

これで、音楽やアプリを購入する時にクレジットカードで支払われるようになります。

便利ですが、使いすぎには注意しましょう。

そもそもApp Store & iTunes ギフトカードとは

App Store & iTunes ギフトカードというカードを使ってiPhoneへ課金することも可能です。

クレジットカードを持っていない人や、クレジットカード払いだとついつい使いすぎてしまわないか不安だという人はこちらの方法で課金しましょう。

App Store & iTunes ギフトカードとはiTunes StoreやApp Storeなどで利用できる、プリペイドカードの一種です。

音楽や映画などの各種デジタルなコンテンツを購入することができます。

オンラインストアやコンビニ・家電量販店で販売されていて、1,500円・3,000円、5,000円、10,000円の4種類のカードが用意されています。

さらにバリアブルApp Store & iTunes ギフトカードというのもあり、こちらは500円〜50,000円の範囲の中で、1円単位で金額を指定して購入できます。

ちなみにApp Store & iTunes ギフトカードはレジを通さないとコードが有効になりません。

非課税なので、購入した金額がぴったりチャージされます。例えば5,000円分のカードを買うと、5,000円分がチャージされます。

では、実際にApp Store & iTunes ギフトカードを使ってiPhoneに課金する方法を解説します。

App Store & iTunes ギフトカードを使ってiPhoneに課金する

App Store & iTunes ギフトカードをiPhoneへチャージする方法を解説します。

まずはiPhoneのApp StoreやiTunes Storeアプリを起動します。

トップ画面の一番下にスクロールすると「コードを使う」という項目があるので、選択して自分のApple IDを入力。

そして、購入したApp Store & iTunes ギフトカードの裏面のラベルを10円玉などで削ってコードを表示します。

「カメラで読み取る」という項目を選ぶとカメラが起動するので、コードを読み込めばチャージ完了です。

「コードはキーボードでも入力できます」という項目もあり、そちらを選ぶとキーボードが表示されるので、そこでコードを入力してもOKです。

これでiPhoneへチャージされるので、チャージされた金額分だけ好きなコンテンツを購入したり楽しんだりすることが可能になります。

チャージ残高の確認も簡単にできます。iTunes StoreやApp Storeのアプリであれば、トップ画面の一番下に残高が表示されています。

設定アプリであれば、「iTunes StoreとApp Store」を選択、「Apple ID」をタップし、「Apple IDを表示」を選ぶと出てくるアカウント画面に残高が表示されます。

クレジットカードとApp Store & iTunes ギフトカードを併用する場合は、App Store & iTunes ギフトカードでチャージした分が優先的に使用されるようになっています。

チャージが尽きたら、クレジットカード払いに自動的に切り替わります。
フリマアプリやネットオークションでもギフトカードが出品されていることがありますが、使えない(レジを通さないと使えるようにならない)状態のものや使用済みのものである可能性もあり、問題となっています。正規販売店以外での購入はなるべく避けるようにしましょう。

iPhoneへの課金には、デジタルコードが便利

App Store & iTunes ギフトカードには実際のカードの他に、デジタルコードのみの販売もあります。

こちらは自分用だけではなく、メールに添付して相手に気軽に送ることができるので、特にプレゼントとして送る時に便利です。

その際にメッセージもつけて送ることができるので、誕生日や記念日などの祝い事に最適でしょう。

カードタイプよりも購入金額の幅が広がり、500円・1,500円・3,000円・5,000円・10,000円の5種類が用意されています。

Apple公式サイトのストア内や、iPhoneを扱っている各キャリアのオンラインストアで購入することができます。

コードのみの購入の場合、カードが届くまで待つ必要もなく、購入したApp Store & iTunes ギフトカードをクリックするだけですぐにチャージできるので便利です。
App Store & iTunesギフトカードの購入は、auの公式Online Shopから♪
au Online Shop

iPhoneの課金種類と設定方法のまとめ

iPhoneへの課金の種類や設定の仕方を説明してきました。

一見すると難しそうですが、やってみると案外簡単です。

まとめると、

・クレジットカード情報を登録すれば、以降は気軽にコンテンツを購入できるようになる

・課金したいけどクレジットカードを持っていなかったり使いすぎが心配という人はApp Store & iTunes ギフトカードを購入してチャージすると良い

・App Store & iTunes ギフトカードというのはAppleのコンテンツを楽しむためのプリペイドカードで、コンビニやオンラインでの購入が可能

・App Store & iTunes ギフトカードにはコードのみのタイプもあり、カードタイプよりも購入金額の幅が広く、メールで誰かに送ることもできる。メッセージも添えられるのでプレゼントに最適

・バリアブルApp Store & iTunes ギフトカードという1円単位で金額を指定して購入できるタイプのものもある

このようになります。

iPhoneはすっかり世間に浸透してきましたが、まだまだ細い使い方などがわからないという方も多いのではないでしょうか。

知らず知らずのうちに課金し過ぎてしまい大変なことに…。という事態にならないためにも、細かい知識を身につけておくことは大切です。
App Store & iTunesギフトカードの購入は、auの公式Online Shopから♪
au Online Shop
フリマアプリやネットオークションでもギフトカードが出品されていることがありますが、使えない(レジを通さないと使えるようにならない)状態のものや使用済みのものである可能性もあり、問題となっています。正規販売店以外での購入はなるべく避けるようにしましょう。

1 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -