結婚に進む前にしておきたい、10の準備と心構え

2017/10/02

いよいよ結婚へ秒読み!でも、式までに何をしておくべきなのかな?もしあなたがそんなことを考えているのなら、先輩方のアドバイスを十分に参考にしてみましょう。そこには「結婚式の準備」とはまた違う、人生のための準備のエッセンスが詰まっています。
結婚に進む前にしておきたい、10の準備と心構え

結婚の心構え|自分名義のお金の整理

初めからリアルな話ですが、親元から離れて新しい家庭を作るということはそういうことです。まずは「自分の名義の通帳・保険」を把握し、どう扱っていくかを考えましょう。

良くあるのが「母親や祖母が勝手に積み立ててくれていた貯金や、養老保険」です。それはあなたが使えるようになりますか?契約者や受取人は誰になっていますか?

生命保険に入っている場合は、受取人を夫に変更しますか?それともしばらくは親のままにしておきますか?

面倒ですが自分の資産の棚卸は結婚前に絶対にしておくべきです。これからの時代は男性に経済的にぶら下がるようでは幸せにはなれません。

結婚の心構え|病院へ行っておく

結婚後しばらくは、ものすごく忙しくなります。ちょっとした不調で寝込んだり病院へ行く時間などありません。またせっかくの新婚生活なのに、思いっきり楽しめなかったら大変です。

持病がある人はしっかり検診へ。また歯医者へ行っておくこともおすすめします。人と生活をするようになったら口臭や虫歯が今まで以上に気になります。しっかりケアしておきましょう。

結婚の心構え|友達に頼んでおく

結婚すると、意外と「人間関係の整理」が進みます。今まで適当な繋がりだった人とは、会う機会も減ります。しかし生活環境が変わっても仲良くできる人は、本当の友達。

できれば忙しくても礼節を忘れずに。そして「困ったことがあったら相談に乗ってね」「私がワガママなことを言い出し始めたら注意してね」と、客観的なアドバイスがもらえるように頼んでおきましょう。

結婚の心構え|職場の制度を知る

結婚後も仕事がしたい、でも赤ちゃんも欲しいと思っている人は、勤務先の就業規則をすみずみまで読んでおくこと。

出産手当、産休育休、社会保障や年金はどうなる?会社からどんなサポートが受けられる?
これらを理解しきちんと利用できなければ、仕事と家庭の両立はなかなかの難問。男性はこのようなことはやってくれません。自分で身を守りましょう。

結婚の心構え|行政のサポートを知る

「何かあったら親に頼ろう」と思っているなら、新米花嫁失格です。何かあったらふたりで解決するために、結婚したのです。

今まで捨てていた自治体のパンプレットなどを読んでみましょう。意外といろいろなサポートがあったり、税金の優遇があったりします。家計をやりくりしたり、困ったときに相談できたりするのは安心ですよね。

結婚の心構え|彼の食事の好みを知る

32 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -