App Store & iTunesギフトカードの購入履歴と残高確認の方法

2018/04/23

Apple社の提供するデジタルコンテンツを購入するための手段のひとつに、App Store & iTunesギフトカードを使う方法があります。ここでは、App Store & iTunesギフトカードは具体的にどういうものなのか、また、使い方や購入履歴・残高の確認方法について解説します。
App Store & iTunesギフトカードの購入履歴と残高確認の方法

そもそもApp Store & iTunesギフトカードってどんなもの?

iPhoneなどで有料アプリやアプリ内の有料アイテム、また音楽や映画などのコンテンツを楽しむには課金する必要があります。

課金する手段はクレジットカード決済やキャリア決済などがありますが、App Store & iTunesギフトカードを使うという方法も。

App Store & iTunesギフトカードとはいわゆるプリペイドカードの一種です。

カード裏面にデジタルコードが記載されていて、このコードを端末で読み込んだり入力することでApple IDにクレジットがチャージされます。

購入できる金額は4種類用意されていて、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円となっています。

例えば3,000円のカードを購入しiPhoneでコードを読み込めば、自分のApple IDに3,000円分のクレジットがチャージされるという仕組みです。

いちいちカードを購入しないといけないという手間はかかりますが、チャージした分だけしか使うことができないので使い過ぎを防ぐことができます。

また、クレジットカードを持っていない人でも課金して有料コンテンツを楽しむことが可能になります。
購入したすべてのものは購入履歴が残るので、過去に買った金額を確認することができます。
購入履歴の確認方法を見ていきましょう。

■App Store & iTunesギフトカードの購入は、auオンラインショップがオトクです♪

コンビニや家電量販店でApp Store & iTunesギフトカードを購入することができますが、わざわざ買いに行くのは面倒です。
そこで、便利なのがau Online Shopです。
au Online ShopでApp Store & iTunesギフトカードを購入するメリットは、3つあります。

1 App Store & iTunesギフトカードを買いに行ったり、カードの発送を待たずに使える
2 月々の携帯料金と支払えるauかんたん決済なので、その場にお金やクレジットカードがなくても購入できる
3 決済完了後、コードを確認したらすぐに使える


クレジットカードが使えない方や、どうしても今すぐ課金したい方におすすめです。
auが運営している公式通販サイトなので、安心安全に使えますよ。


auオンラインショップでApp Store & iTunesギフトカードをチェック!
au Online Shop

App Store & iTunesギフトカードの購入履歴の確認方法

自分のApple IDアカウントの購入履歴はiPhoneやiPadからでも、MacbookやWindows搭載のパソコンからでも確認できます。

App Storeで購入したアプリや、iTunes Storeで購入した音楽などはすぐに確認できますが、スマホゲームなどのアプリ内で課金したものの履歴を見るには少し手間がいります。

まずは、iPhoneやiPadで確認する場合をみていきましょう。
設定アプリを開き、「iTunesとApp Store」の項目を選びます。
Apple IDをタップし、「Apple IDを表示」を選択。認証を求められた場合はサインインします。
画面に「購入履歴」という項目が表示されるので、そこを選択すれば過去の購入履歴を確認することができます。
トップ画面は過去90日間になっていますが、「過去90日間」をタップすると年ごとの購入履歴を見ることができるようになります。

無料でダウンロードしたアプリなどもすべて表示されますが、有料のコンテンツの場合は、詳細画面の下部にある「再送信」をタップすると領収書メールが送信されます。

次はMacbookやWindowsなどのパソコンからの確認方法を解説します。

まずはiTunesを開き、サインインしていない場合はサインインします。

パソコン画面上部またはiTunesウインドウ上部のメニューバーから「アカウント」を選んで「マイアカウントを表示」を選択します。

Apple IDを認証して「アカウントを表示」をクリック。

アカウント情報のページに移動するので、「購入履歴」を表示、「すべて見る」をクリックすれば今までの購入履歴が表示されます。

iPhoneの場合と同じように、年ごとの購入履歴を見たり領収書メールを送ったりといったことが可能です。

次は、App Store & iTunesギフトカードの残高の確認方法をみていきましょう。

App Store & iTunesギフトカードの残高確認方法

App Store & iTunesギフトカードを購入しコードを読み込むと、自分のApple IDに購入した金額分のクレジットがチャージされます。

チャージされたクレジットの残高は、iPhoneのApp Storeで簡単に確認することができます。

まずはApp Storeアプリを開き、画面下部の検索以外の項目を選びます。

画面右上に自分のアカウント写真が表示されているので、写真をタップ。サインインを要求された場合はサインインします。
するとアカウント画面に移動し、クレジット:¥◯◯円と表示されているので、確認してください。

購入履歴と同じようにMacやWindows搭載のパソコンからでも確認することができます。

パソコンから確認する場合は、iTunesを開いてサインインします。

「ストア」の項目を選択します。クレジットの残高がある場合のみ、検索フィールドの下に¥◯◯円と表示があります。残高がまったくない場合は何も表示がありません。

以上がApp Store & iTunesギフトカードに関する購入履歴と残高確認の方法になります。

次はチャージされたクレジットについて少し補足しておきましょう。

チャージするのは端末ではなくApple IDのアカウント

App Store & iTunesギフトカードでクレジットをチャージするのは、iPhoneなどの端末本体ではなく、Apple IDアカウントとなります。

なのでApp Store & iTunesギフトカードを購入してきてiPhoneにチャージ、そのiPhoneと同じApple IDでパソコンからサインインすれば、パソコンからでも有料コンテンツを購入できます。

例えばiPhoneで1,500円分チャージして、同じApple IDでMacbookからiTunesにサインインして残高を確認すると、1,500円分のクレジットの残高が表示されているはずです。

また、古いiPhoneから新しいiPhoneに乗り換えた場合でも、同じApple IDでサインインすればクレジットはそのまま引き継がれます。

あくまでもApple IDのアカウントという、オンライン上にクレジットが残るので例え端末が破損してしまっても残高が消えることはありません。

ただ、Apple IDからApple IDへの残高の移動はできませんので、そこは覚えておいてください。

まとめ

App Store & iTunesギフトカードの購入履歴や残高について解説してきました。

まとめてみると、

・App Store & iTunesギフトカードとはプリペイドカードの一種で、Apple社の提供するデジタルコンテンツを購入できる

・iPhoneからでもパソコンからでも簡単に今までのすべての購入履歴を確認することができる

・同じくチャージ金額の残高の確認もiPhoneやパソコンで簡単にできる

・クレジットをチャージするのは端末ではなくApple IDのアカウント

このようになります。

アプリや音楽・映画など魅力的なコンテンツがあふれている現代、あれもこれもとついつい手を出して購入してしまう人も多いでしょう。

App Store & iTunesギフトカードの使い方など、知っておいたほうが良い情報がたくさんあります。

特に購入履歴の確認方法や残高の確認方法を知っていないと大変です。

自分がいままで何にいくら使ったのか、残高はいくらあるのか把握できなくなってしまうからです。

ぜひここで紹介してきたことを参考にしてください。
auユーザーなら、、au Online Shop で、デジタルコード類がお得に購入できます。 定期的にキャンペーンなども開催されていますので、ぜひ定期的にチェックしてみて下さい。
auオンラインショップは、こちらからチェック♪
au Online Shop
1 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -