運命の人っている?運命の人に出会う前兆や特徴とその見分け方を教えます!

2017/06/01

「運命の人と出会えるかな?」。女性も男性も運命の人について一度は頭によぎったことがあるのではないでしょうか。または「運命の人と出会うときって、どんな感じ?」と、期待にも似たワクワク感を経験した人も少なくないのでは。今回は、心理カウンセラー有資格のわたくしが、運命の人との出会いの前兆や特徴、見分け方をご紹介いたします!
運命の人っている?運命の人に出会う前兆や特徴とその見分け方を教えます!

運命の人との出会い方・前兆って、どんな感じ?

今回はたった一人の運命の人についての特徴と見分け方をご紹介いたします。
わたしたち一人一人には、たったひとりの運命の人がいます。
それを「ツインソウル」といいます。元々ひとつだった魂がふたつに別れてこの世に存在しているといわれています。
そのため、一心同体で相性もこの上なく良いといえます。
必ずしも異性であるわけではなく、同性同士ということもありますので、ここではそのどちらも同じように当てはまるお話をしていきましょう。

—運命の人との出会い—
ツインソウルと出会う前には前兆のような出来事が起こります。付き合っていた大好きな人と別れたり、仕事を失ったり、家族を失ったりと、なにかしらとても辛い出来事に見舞われ、打ちひしがれます。
そして、運命の人との出会いは突然やってきます。
たった一人の運命の人である、ツインソウルとの出会い方はただならぬ衝撃が走ります。出会った瞬間に理屈抜きで惹かれあい、心の中を突風が突き抜けていくかのような感覚に陥ります。
どんな障害があったとしても、それをものともせずお互いに求め合うようになります。
離れようとしても離れられない。それが運命の人「ツインソウル」との出会いなのです。

ツインソウルの特徴や見分け方は?

それは、姿形のほかに性質・気質に如実に現れます。
巷でよくいわれている「爪の形が同じ」というのは、必ずしも当てはまりません。
持っている仕事やこれまでの自分の生活形態によって、極端にいうとたった1ヶ月で指先の形なんかはまったく違ってきますし手先の特徴は、だいたい似たり寄ったりの人に出会うことが多いからです。

—運命の人の特徴—
たった一人の運命の人の特徴は、一緒にいることで運命の人だと実感することができます。
それは、お互いに真逆の性質を持っているため、頻繁にお互いの考え方が衝突することがあったり、また、ある条件に関しては「わたしたち似たような性格ね!」と思えることが非常に多くなったりします。
これは、離れ離れになっていた間に、もう一人の気質を補おうとして得た特徴がそれぞれ違うからです。

同じ性格ゆえにぶつかりあうことも多いはず。何度ぶつかっても決して離れるという概念が湧かない、これがツインソウルの特徴です。
また、心穏やかに順風満帆なお付き合いから、結婚に至るカップルの多くは、ソウルメイトと呼ばれるものでツインソウル(運命の人)ではありません。

運命の人と触れ合うと・・

運命の人と肌を触れ合うと、これまでと違った感覚が体中に走ります。
握手でもハグでも構いませんが、一番よくわかるのはベッドインすることです。
これまでお付き合いしてきた人たちとの行為が、まるで「ただの肉のぶつかり合い」だったのかと思い知らされることになります。
あれだけ愛して、あれだけ大好きだったはずの今までの人たちとの交わりが、単なる行為に感じてしょうがない。
あれはなんだったんだろう!と感じてしまう。それが運命の人(ツインソウル)との肌の交わりです。

体そのものが交じり合う感覚と、言葉では決して表現できない目に見えないエネルギーのようなものが相手と自分を行き来して
しっかりと結びつくような、そんな壮大な感覚に陥ります。
肌を重ねるだけで、得も知れぬ快感が津波の様に押し寄せ、二人を飲み込み、その空間が宇宙に浮かぶような気さえしてきます。
ただのエクスタシーとはまるきり別物なのです。

運命の人との結末は!?

先ほどもお話しましたが、同じ性質と真逆の性質を持ち合わせている者同士なので衝突することが頻繁にあります。
どちらかの生きてきた経験が低いと、片方が自分たちはツインソウルだと気付いていても「喧嘩ばかりだから別れよう。合わないから」ということになり、別れを選ぶしかなくなってしまいます。

反対に周囲が「もうやめときなよ」と諭そうとしても、別れるという考えを持たずお互いに愛さずにはいられない関係性を持続し育てていけるのであれば、それは生きていく目的を1つ全うしたことになります。

終わりに

いかがでしたか?運命の人との出会い、もう経験した人はどのくらいいるのでしょうか。
お互いがお互いを大事にし、成長していける運命の人に出会えていたら良いですね!
人と人との出会いはちゃんと意味があるのだということを実感しながら過ごしていきましょう♪
11 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -