iPhoneの課金残高はどうやって確認するの?移行はできる?

2018/04/23

iPhoneを利用している方は、課金して音楽や映画、アプリのコンテンツを楽しんでいる人がほとんどでしょう。App Store & iTunes ギフトカードやApp Storeカードを使うと、Apple IDに入金されてiPhoneでの課金が可能になります。ここでは課金残高の確認方法や、残高を他のIDに移行できるかどうかについて解説していきますよ!
iPhoneの課金残高はどうやって確認するの?移行はできる?

App Store & iTunes ギフトカードを使うとiPhoneに金額がチャージされる

コンビニや家電量販店で販売されているApp Store & iTunes ギフトカードを購入して、デジタルコードを読み込むと購入した金額分がiPhoneにチャージされます。

クレジットカードを持っていない人でも課金できるので、とても便利なカードです。

また、クレジットカード決済と違ってチャージした分だけしか使えないので課金のしすぎも起こりません。

チャージした残高がいくらあるかの確認は簡単にできます。

確認方法をみていきましょう!

iPhoneの残高確認の方法

チャージした残高は、App Storeで確認できます。

確認の仕方は、まずiPhoneのApp Storeアプリを開き、画面下部の「検索」以外の項目を選びます。

画面上の右側に自分のプロフィール写真が丸く表示されているので、写真をタップします。(状況や設定に応じてApple IDのパスワードを入力したりTouch ID・Face IDで認証する必要があります。)

アカウントの画面が表示され、クレジット: ¥◯◯円 という表示があるので、そこで確認しましょう。

パソコンからでも確認することができ、その場合はパソコンでiTunesを開いて、サインインしていない場合はApple IDでサインインをします。

「ストア」を選びます。クレジットの残高がある場合は、検索フィールドの下に¥◯◯円と表示されています。残高がない場合は、何も表示されません。

チャージしたクレジットの残高の確認方法は、以上になります。

次は、この残高を移行できるかどうかについて説明します。

他の端末への移行は可能!しかし、他のApple IDへの移行は不可能

App Store & iTunes ギフトカードなどでクレジットをチャージするのは、iPhone本体ではなくApple IDとなります。

なので例えばチャージしたiPhoneと同じApple IDでパソコンにサインインしていれば、パソコンからでも有料コンテンツを購入することができます。

iPhoneで3,000円分のiTunesカードを読み込ませるとApple IDに3,000円チャージされるので、同じApple IDを利用する端末であれば3,000円分のクレジットが表示されて、買い物が可能になるという仕組みです。

古いiPhoneから新しいiPhoneに買い替えた時も、古いiPhoneの時と同じApple IDを使用すればクレジットは残ります。

このように、同じApple IDであれば他の端末にクレジットの残高を移行することは可能です。正確には移行とは言えませんが…。

ただし、Apple IDからApple IDへの残高の移行は不可能となります。

少しややこしい話かも知れませんが、この点は注意が必要です。

ファミリー共有でもクレジット残高は共有できない

Appleはファミリー共有というサービスを提供しています。

このサービスは、家族6人までiTunesやApp Storeから購入した有料コンテンツやApple Musicのファミリープラン、iCloudのストレージプランを共有できるサービスです。

このファミリー共有を利用していても、クレジットの残高を使用できるのは本人のみになり、アカウントのクレジットを他の家族と共有することはできませんので気をつけましょう。

クレジット自体を共有することはできませんが、コンテンツを購入してしまえば、そのコンテンツは共有できます。

家族の誰かに何か欲しいものがあったら、それを自分で購入して共有する、という使い方をするといいでしょう。

何か贈りたいときは、App Store & iTunes ギフトカードを直接贈ろう

ということで、自分以外の人間にチャージ金額の残高を移行することはできません。

なので誰かに贈りたい場合は、直接App Store & iTunes ギフトカードやコンテンツなどのギフトとして贈りましょう。

iTunes StoreやApp Storeから一定の金額をクレジットや、音楽・アプリなどのコンテンツを直接誰かに贈ることができます。

家族や友人が気に入りそうなコンテンツを見つけたら、自分のApple IDにチャージしてあるクレジットを使ってその人のために購入することが可能です。
※ギフトを贈るには最新のOSをインストールしている必要があります。

では、贈り方をみていきましょう。

まずは一定の金額を贈る場合。
iPhoneのApp Storeアプリを起動し、画面の右上のプロフィールアイコンを選びます。
「メールでギフトカードを送信」の項目があるのでそちらを選択。
ギフトを贈りたい相手のメールアドレスを入力して、必要であればメッセージも添えます。

贈る金額を選択。デフォルトだと、ギフトは購入直後に送信されるようになっています。

あとで贈りたいという場合は、「今日」という項目をタップすると日付が表示されるので、贈りたい日を選択してください。

画面右上の「次へ」を選び、ギフトテーマし、再び「次へ」を選択します。

「購入」をタップして「今すぐ購入」を選べば、購入完了です。あとは選択した日に、相手にギフトが届きます。

クレジットではなくアイテムの贈り方も解説します。
まずはiTunes StoreやApp Storeで贈りたいアイテムを探します。App Storeでは製品ページ右上のアイコンを、iTunesではアイテムページ右上隅の共有アイコンをタップします。

「ギフト」という項目があるので、選択。あとはクレジットを贈る手順と同じです。

メールアドレスを入力して、メッセージを添えて、贈りましょう。なお、無料コンテンツを贈ることはできませんので注意してください。

■クレジットカードがない方・すぐにチャージしたい時は、デジタルコードがおすすめ!

自分で課金するにしても、誰かにアイテムを贈るにしても、残高がないと購入することができません。
チャージするためには、コンビニや家電量販店でApp Store & iTunesギフトカードを購入するか、クレジットカードで支払うかの2択となります。

しかし、クレジットカードを事情があって使えない方や、1分1秒でも早くチャージしたい時もありますよね。
そんな時は、auの公式通販サイト「au Online Shop(auオンラインショップ)」で販売されているデジタルコードがおすすめです!

デジタルコードは、わざわざApp Store & iTunesギフトカードをコンビニへ買いに行かなくても、ネット上で購入しその場で利用することができるので、とても便利なアイテムです。

また、カードタイプのものよりも購入金額の幅が広いのもデジタルコードの良いところ。
カードタイプは、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、バリアブルタイプの5種類が用意されていますが、
デジタルコードは、500円・1,500円・3,000円・5,000円・10,000円、バリアブルタイプの6種類が用意されています。

さらに、月々のスマホ料金と合算して支払うシステム「auかんたん決済」での支払いになるので、手元にクレジットカードやお金がなくても、すぐにチャージすることができます。

「今すぐプレゼントしたい!」「今すぐ自分で使いたい」というような時に、ぜひ利用してみてくださいね。
App Store & iTunesギフトカードの購入は、auの公式Online Shopから♪
au Online Shop

残高の払い戻しは可能?

App Store & iTunes ギフトカードやApp Storeカード、未使用のクレジット残高は基本的に現金と交換したり現金で払い戻したりすることができません。

ただし使用後のクレジットの残高の払い戻しについては、住んでいる地域によっては払い戻しを申請でき、払い戻し可能な場合があります。

有料コンテンツを購入後、半端な金額が残ってしまった場合に申請してみましょう。

iPhoneの課金残高の確認まとめ

iPhoneにクレジットをチャージした場合の残高確認や、残高を移行できるのかについて解説してきました。

残高の確認は簡単にでき、移行は同じApple IDを使っている端末間であれば可能ですが、Apple IDからApple IDへの移行はできません。

なのでどうしても移行したい場合は、一度ギフトカードを購入してギフトとして贈るという手順を踏む必要があります。

また、今すぐ課金したい、プレゼントしたいというような場合には、au公式通販サイト「au Online Shop(auオンラインショップ)」で販売されているデジタルコードの利用もしてみてくださいね。
App Store & iTunesギフトカードの購入は、auの公式Online Shopから♪
au Online Shop
1 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -