自宅の近所の氏神様を知ってますか?近所の神社を大切にしたいわけ

2017/06/01

「氏神神社」と「崇敬神社」の違いってご存知ですか?どちらも、どの神社でも信仰は自由ですし、定期的に参拝する神社が複数あっても、行事によって祈願する神社をかえても問題はありません。神社には大きく分けて2種類ある「氏神神社」「崇敬神社」をご紹介します。
自宅の近所の氏神様を知ってますか?近所の神社を大切にしたいわけ

身近な存在、氏神神社と氏神様

氏神神社、氏神様にスポットを当ててご紹介したいと思います。

そもそも日本人は日常的に宗教を意識している人が少ないので、衣食住のほとんどに信仰心が表れている外国人を見ると少し不思議な気分になることもあるでしょう。しかし、毎年お正月には初詣に行く習慣がありますし、七五三や結婚式など人生の節目となる行事を神社で行います。受験や就職面接の直前、また、なにかがうまくいかないときなど、神社にお参りしたことのある人も決して少なくはないはずです。

このように、私たちを守ってくれる神様だという認識は誰にでもあるはずですが、自分の地域の氏神様まで知っている人はあまりいません。古くからその土地に住む人や高齢のかたが、神社のことを「お稲荷さま」「八幡さま」「天神さま」などと呼ぶことがありますが、祀られている神様に親しみと感謝を込めた呼びかたなので、とても身近で大切なものであったということが感じられます。

このように、氏神様の存在や神社のありがたみを昔は多くの人が当たり前のこととして知っていましたし、日常的にお参りをしていたのですが、現代ではそういう人も少なくなりました。「苦しい時の神頼み」ということわざの存在が、日本人、特に現代人と神様の関係をうまく表しているように思います。

吉方位じゃなくても大丈夫!地域は氏神様に守られています

14 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -