恋愛成就につなげる4つの美学。出会いを大切にしよう!

2016/11/30

ただいま彼氏募集中!と、大きなのぼりを掲げるのはなんだか恥ずかしい。けれど、「アピールをしなければ恋愛は手に入らない」ということを知っている大人の恋愛上級者の女性には、いくつかの出会いの美学があります。今回はこの「出会いの美学」を心理カウンセラーの資格を持つ私オハナが、わかりやすくご紹介したいと思います。
恋愛成就につなげる4つの美学。出会いを大切にしよう!

恋愛成就|出会いの美学1「がむしゃらにはならない」

「数打ちゃ当たる」という言葉がありますが、恋愛でこれをやってしまうと見境のないダメな女性に成り下がってしまいます。
もちろんこれは性別問わず言えることですね。


とにかく恋愛がしたくてたまらなくなると、自分の中のボーダーラインがぐっと下がってくるようになります。
以前まで「コレは絶対に引き下がれない・譲れない」といったことが、もうこの際どうでもいい!とでもいうかのように、セーフティーゾーンに。


本来であれば、自分を大切にしてくれないような行動や態度があれば、「今のは傷ついた」などと言えていたことを言わなくなるということです。


「まぁ、このくらいはしょうがないよね♪だって○○だもん」というように、許すための理由を準備しています。
このように「自分を下げた」恋愛を“良し”としていたら、どんどん自分の価値を自分でさげていっていることになるのです。


ところが、そのような状態ですら「恋愛をしている気分」になるのですから、手放すということにはなかなかなりません。
なぜなら、恋愛をしている状態イコール脳内は麻痺しているからです。
こういう状態は恋愛にがむしゃらにしがみついているといえます。


「ひたすら」と「がむしゃら」ではまったく質が異なりますよね。ひたすらというのは、「ひとすじ」であったり「情熱的」であったりとなにかしら「気持ちがそこにある」状態です。
がむしゃらというのは、向こう見ずで後先考えずに行動することをいいます。


知的な女性であれば、どちらのスタンスで恋愛をするほうがいいのかが、すぐにわかりますよね♪
がむしゃらではなく、ひたすらに恋することができる相手を見つける。これが恋愛上級者の美学のひとつです。

恋愛成就|出会いの美学2「幸せを引き寄せる」

21 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -