あなたの運気を上げる方法教えます▼
最大10分無料!当たる占い

熱しやすく冷めやすい男性の特徴と上手に恋愛を続けるコツ

2019/09/26

熱しやすくて冷めやすい…。そんな男性とお付き合いをしていて、大変な思いをしている人は多いのではないでしょうか。今回は熱しやすく冷めやすい男性の特徴と、そんな男性とうまく恋愛を続けていくためのコツをご紹介!ぜひ、参考にして上手にお付き合いを続けていきましょう。
熱しやすく冷めやすい男性の特徴と上手に恋愛を続けるコツ

熱しやすく冷めやすい男性の特徴

・決めごとより、自分の気持ちを優先する

熱しやすく冷めやすい男性は、二人で決めたルールなどに縛られず、その時々の気分や衝動を優先する傾向にあります。そのため、デート当日に突然「やっぱり違うところに行きたい」と言い出したりし、その日のデートプランが台無しに…なんてこともしばしば。振り回されるのが嫌な人はストレスを抱える原因になってしまうかもしれませんね。

・突然誘ってくる

「今から会いたい!」とか「明日行こう!」と言ってくる男性はたくさんいます。付き合ってまだ日が浅いときなどは、「私に会いたいのかな?」と思うことが多く、急な誘いでも嬉しく感じるものです。ですが、そうした男性も、熱しやすく冷めやすい性格をしているかもしれません。そのため、いきなり「やっぱいいや」と約束をキャンセルしてくることも…。

・興味の幅が広い

興味の幅が広く好奇心旺盛な男性は、熱しやすく冷めやすい性格の特徴がよく見られるといわれています。あらゆるものに興味があるがゆえに、次から次に何かをやり始めてしまうことが多いんだとか。その結果、多趣味になることもしばしばあるようです。ただ、このような男性は基本的に話題が尽きず、場を盛り上げてくれる魅力も持っています。二人でいるときは、楽しいひと時を提供してくれるでしょう。

・時と場合によって恋愛に対する情熱が変わる

上記の内容と関係していますが、熱しやすく冷めやすい男性は、恋愛に対する情熱も時と場合によって変わります。そのため、「前はマメだったのに、今はすごくそっけない…」なんてことも多いです。しかし、こうした男性だからこそ、その時々のお互いの距離感や接し方がわかりやすくなるというメリットも。人によっては、「彼が何を考えているかわからない…」とモヤモヤしてストレスを溜めるよりはマシに感じられるかもしれませんね。

熱しやすく冷めやすい男性と上手に恋愛を続けるコツ

・常に刺激を得られるように工夫する

熱しやすく冷めやすい男性にとって、マンネリはもっとも避けたいことのひとつ。いつも同じデートプランだったりすると、彼はすぐに飽きてしまいます。そのため、デートのときは前回と同じところに行ったりしないように工夫する必要があります。常に刺激を得られるようなデートをしたりすれば、彼もマンネリすることなく、長く良いお付き合いができるでしょう。

・相手の興味があることに目を向ける

熱しやすく冷めやすい男性に対しては、「今は何に興味があるの?」と、たまには興味を示してあげることも大切です。彼にとって共通の話題で会話ができることはとても嬉しいこと。あなたが彼の話にのってあげれば会話も盛り上がり、二人の関係はよりよい方向に進むはずです。彼の行動にうんざりするのではなく、ときには同じ方向を向いてあげる努力をしてみましょう。

・相手の良いところはちゃんと褒める

お付き合いをしている以上は、彼の悪いところだけではなく、良いところも見てあげることが大切です。熱しやすく冷めやすいというのは、あくまで性格のひとつ。当然、長所と短所があるものです。短所ばかりに目がいってしまうということは、そもそも彼のことを尊重しようとしていない証拠。それでは上手にお付き合いをしていくことは難しいでしょう。良いお付き合いというのは、お互いが尊重し合ってはじめてできるもの。長所の部分が見られたときは、素直に褒めて尊重している姿勢を見せることが大事なのです。

・人格を責めるようなことは控える

お付き合いをしていると、いつも彼に振り回されることがきっかけでストレスが溜まり、喧嘩に発展してしまうこともあるでしょう。「喧嘩するほど仲が良い」とは昔から言われていること。喧嘩によってお互いの考えていることがわかることもあるので、ときには必要な場合もあります。ですが、喧嘩をしたときは彼の熱しやすく冷めやすい部分をあまり責めないようにしましょう。じつは、彼自身も自分の性格の特徴に悩んでいることがあります。そして、あなたのために何とか直したいと頭では思っているはずです。そのため、「なんでそんな性格をしているの?」と人格のことを否定するのではなく、嫌ところは嫌だとやんわりと伝えることが大切です。

まとめ

熱しやすく冷めやすい男性は、一見すると厄介なタイプのように思えます。ですが、少し工夫することで、そんな彼とも良いお付き合いができるようになります。彼の性格の特徴を理解したうえで、お互いが尊重し合える関係を構築していくようにしましょう!
1 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -