不倫を見抜くために気を付けるポイントとは

2017/11/07

最近世の中を騒がせている「不倫」。ニュースで見る分には適当に意見を言えますが、自分の身に降りかかってくると、それはもう大きな問題です。 そこで今回は、パートナーがいる女性の皆さんにぜひ気を付けていただきたい「不倫の見抜き方」を伝授します。もし怪しい…と思うことがあったら、しっかり調べてみてくださいね。
不倫を見抜くために気を付けるポイントとは

不倫の疑いを持ち始めたら…

平和な結婚生活を送っている女性を一気に不幸のどん底に落としてしまう、パートナーの不倫。まさかうちの人に限って…と思うかも知れませんが、何と既婚男性の約半分に不倫の経験があるというデータもあるそうです。

しかしその人数のうち、本気の不倫は少数派。ほとんどは「一夜限りのつもりでふらふらと…」「でき心でずるずると…」という、まだあなたの手で引き戻せるような性質の不倫が多いとも言えるでしょう。

そこで、大切なのは「初動」です。これはまさに殺人事件と同じ。つまりいかに初めに正しい対応ができているかで、その後の進み方が全く変わってくるのです。

パートナーの不倫を疑い始めたら、ついつい「どうなってるの?」「本当のことを白状して!」と問い詰めてしまいそうですが、これはやめた方がいいでしょう。疑惑のうちは、あくまで気が付いていないふりをすることが大切です。

帰ってきたパートナーの胸ぐらをつかみ、「白状しなさい!」と迫って効果があるのは、日頃からあなたの方が強い権力を持っている「カカア天下」かつ「あなたがいなくなったら本当に困るパートナー」のいる家庭のみ。

一般的には全く気が付かないふりをして、証拠集めに力を入れる方がのちのち有利に働きますよ!

不倫を見抜くポイント|まずスマホとパソコンに注意

現代の「不倫の証拠」は、ほぼ100%スマホやパソコンに残っています。このふたつを一切使わずに不倫をすることは不可能とも言えるからです。

注意と言っても、すぐに画面ロックを解いて中を見て欲しいということではありません。パートナーのスマホやパソコンに対する行動に注意してみるのです。やたらとスマホを触るようになった、パソコンのログをまめに消すようになった…などのさりげなくも分かりやすい行動が発見できたら、不倫の確率は上がっています。

またやたらソワソワとスマホをいじるような行動を取るときは、「付き合いたての彼女がいて心を奪われている」もしくは「彼女から面倒なこと(早く奥さんと離婚して!もっと会って!など)を言われている時期である可能性が高いでしょう。

スマホを奪って見るだけが解決法ではありません。もし「しっかりと証拠をつかみたい」と思っているなら、パートナーの日常の動きに注意をしてみることをおすすめします。

不倫を見抜くポイント|こだわりが変わったら注意

いい大人が、今までこだわっていたことを簡単に変えたら…そこには誰かの影響があると言えるでしょう。
例えば、洋服に興味がなかった人が急にオシャレに目覚めたり、休日の外出時には歩くことを嫌がって車でしか行きたがらなかった人が「たまには電車もいいか、のんびり行こう」と言ってみたり…

それがたまたま「本を読んで影響された」「尊敬できる上司に誘われて新しい趣味を始めた」などが出発点になっているのなら問題はありませんが、新しい彼女の影響となると無視できません。

相手のこだわりや性格は、あなたが一番よく知っているはずです。あれ?と思うことが続いたら、こっそり調べてみてもいいかも知れません。

不倫を見抜くポイント|不倫がばれやすいお財布事情

不倫をしている男性の盲点は、お財布の中にあります。例えば「出張と言っていた日付で、駅前のレストランのクレジットカード決済履歴がある」などが分かりやすいですね。これは家計を預かる女性にとっては一番発見しやすいポイントではないでしょうか。

クレジットカードだけではありません。通勤用の交通系カードの支払い履歴に、おかしな時間帯にコンビニで使われた形跡などがあればそれも要注意です。

またばれることを恐れて現金で支払いをする男性でも、レシートを無頓着にお財布の中に入れっぱなしなこともあります。怪しいなと思うレシートを発見したら、こっそり保管しておきましょう。

本当に不倫を疑う場合は、お札の番号を控えておくという最終手段もあります。もし不倫相手とのデートに数万円を使っったあとに同じ金額をATMから補充してあっても…番号がまるっと変わっていたなら「どこかで大金を使った、そしてばれないように補充した」ということが分かりますよね。

不倫を見抜くポイント|生活の中の臭いでチェック

基本的なことですが、相手の体臭の変化に一番気付けるのは一緒に住んでいるあなたです。

王道の「女性の香水の匂いがする」「せっけんの香りがする、どこかでシャワーを浴びてきたらしい」という気付きももちろんありますが、人間は自分が思う以上に「生活臭」をまとって生きています。

それは家の中に染み付いた独特な臭いであったり、日常的に使っている柔軟剤の香りであったり…特別な臭いではありませんが、だからこそそこに「いつもと違う臭い」が入り込むことで自分自身では気が付かない変化が起きるのです。

もし同じ生活空間にいるあなたの嗅覚が「香水とかの分かりやすいものではないけど、何だか気になるな」という感じを察知したら。それはパートナーには気が付かない微量な「証拠」になるかも知れません。
35 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -