仕事の悩みはここを頼ろう♪女子のためのコーチングとは

2016/11/29

働く女子にとって、自分のマインドをコントロールしていい調子で仕事をすることはとっても大切なこと。しかしどうしても、「仕事を辞めたい」というほどに悩んでしまうこともあるでしょう。そんなとき、ひとりで悩まずに思考テクニックやプロに頼ることも考えてみましょう。今回は仕事の悩みを解決する、働く女子のための「コーチング」について仏像とお酒とひとり旅をこよなく愛する本田もみじがご紹介します。
仕事の悩みはここを頼ろう♪女子のためのコーチングとは

仕事の悩みを分解し、客観的に見てみよう

仕事で行き詰ったとき、イライラしたり泣きたくなったりして、その悩みにフタをしてしまうことはありませんか?

「もうこの失敗のことは考えたくない!」「あんなひどい上司の顔を思い出したくはない!」

仕事を辞めたいほどの気持ちで帰宅し、やけ食いをして寝てしまう…。
そんな日も必要です!
自分の悩みに向き合ってばかりいると、感情が爆発してしまいますから。

しかし、その怒りや悩みの「種」を理解しておくことも大切です。まずは心を落ち着かせて、自分に問いかけてみましょう。
とは言え、考えれば考えるほど頭は混乱しますよね。

「今、仕事を辞めたいのはどうして?安いお給料なのにこき使われるから?」
「お給料が倍になったら、納得して残業ができるの?」
「人間関係が良くなったとしても、この仕事は自分の本当にやるべき仕事?」
「ああ、答えが出ない!どうしていいかわからない!!」

もしかしたらあなたは、辞めたいという気持ちを「人間関係のせい」「帰れないせい」「お給料のせい」にして本当の理由に気が付かないふりをしているかも知れません。
また、答えを出すのが無意識に怖くて突き詰めて考えていないかも。

しかしそれでは、勢いで転職をしても同じ悩みを持ってしまう可能性がありますよね。そんなことになったら、「次の仕事こそが自分に合った天職!」という夢を持ったまま会社を渡り歩く困った人生を送ってしまうことになります。

でも安心してください。
実は、どんな大人でも、地位のある経営者でも、「自分のことはなかなか理解できない」「客観性を持って判断することができない」という悩みは持っているものなのです。

だからこそ、名のある会社の社長たちは「コンサルティング」という名の外部の相談役に会社の経営のことを相談したり、「メンター」と呼ばれる自分にとっての助言者に悩みをじっくり相談したりして会社を運営しているのです。

地位のある人たちにとって、人の助言を素直に受け入れられないということは「ワンマン」になってしまう危険性をはらんでいます。優れたビジネスマンやビジネスウーマンはそれを良く知っているため、自分の仕事の悩みを客観的な目で見てもらうことは当たり前のことなのです。
17 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -