仕事の悩みはここを頼ろう♪女子のためのコーチングとは

2016/11/29

働く女子にとって、自分のマインドをコントロールしていい調子で仕事をすることはとっても大切なこと。しかしどうしても、「仕事を辞めたい」というほどに悩んでしまうこともあるでしょう。そんなとき、ひとりで悩まずに思考テクニックやプロに頼ることも考えてみましょう。今回は仕事の悩みを解決する、働く女子のための「コーチング」について仏像とお酒とひとり旅をこよなく愛する本田もみじがご紹介します。
仕事の悩みはここを頼ろう♪女子のためのコーチングとは

仕事の悩みを分解し、客観的に見てみよう

仕事で行き詰ったとき、イライラしたり泣きたくなったりして、その悩みにフタをしてしまうことはありませんか?

「もうこの失敗のことは考えたくない!」「あんなひどい上司の顔を思い出したくはない!」

仕事を辞めたいほどの気持ちで帰宅し、やけ食いをして寝てしまう…。
そんな日も必要です!
自分の悩みに向き合ってばかりいると、感情が爆発してしまいますから。

しかし、その怒りや悩みの「種」を理解しておくことも大切です。まずは心を落ち着かせて、自分に問いかけてみましょう。
とは言え、考えれば考えるほど頭は混乱しますよね。

「今、仕事を辞めたいのはどうして?安いお給料なのにこき使われるから?」
「お給料が倍になったら、納得して残業ができるの?」
「人間関係が良くなったとしても、この仕事は自分の本当にやるべき仕事?」
「ああ、答えが出ない!どうしていいかわからない!!」

もしかしたらあなたは、辞めたいという気持ちを「人間関係のせい」「帰れないせい」「お給料のせい」にして本当の理由に気が付かないふりをしているかも知れません。
また、答えを出すのが無意識に怖くて突き詰めて考えていないかも。

しかしそれでは、勢いで転職をしても同じ悩みを持ってしまう可能性がありますよね。そんなことになったら、「次の仕事こそが自分に合った天職!」という夢を持ったまま会社を渡り歩く困った人生を送ってしまうことになります。

でも安心してください。
実は、どんな大人でも、地位のある経営者でも、「自分のことはなかなか理解できない」「客観性を持って判断することができない」という悩みは持っているものなのです。

だからこそ、名のある会社の社長たちは「コンサルティング」という名の外部の相談役に会社の経営のことを相談したり、「メンター」と呼ばれる自分にとっての助言者に悩みをじっくり相談したりして会社を運営しているのです。

地位のある人たちにとって、人の助言を素直に受け入れられないということは「ワンマン」になってしまう危険性をはらんでいます。優れたビジネスマンやビジネスウーマンはそれを良く知っているため、自分の仕事の悩みを客観的な目で見てもらうことは当たり前のことなのです。

仕事の悩みを解決する!コーチングとはどんなもの?

コーチングという言葉を聞いたことがありますか?
これは「1対1で行う、対話式の人材開発のテクニック」のことです。そう聞くと難しく思えるかも知れませんが、実は簡単。具体例を参考に見てみましょう。
まだ答えが出ずに悩んでいるときに友人に話を聞いてもらい、話をしているうちに自分の心が見えてくる…。あなたはそんな経験をしたことはありませんか?

例えば「別れた彼をどうやって忘れるか」という悩みを持っているときに、友人に話を聞いてもらうことってありますよね。

あなたは気持ちがぐちゃぐちゃしてしまい、あれこれ思い悩んでいます。
そんなときに友人があなたの話を十分にゆっくり聞いてくれ、いろいろな質問をしてくれたら。

「どんなときに、彼のことを思い出して辛くなるの?」
「彼の良かった部分は?それは他の人には無い部分なの?」
「彼を忘れることで、あなたにどんな環境の変化がありそう?」

そのたびにあなたの答えはいろんな方向に行ったり来たりするかも知れません。
でも、ぐるぐる回る思考はいつかその渦の大きさが小さくなっていき、問題の本質が見えてきます。
そして
「忘れられないのは、寂しかっただけ」
「寂しさを埋めるためだけに彼氏が欲しいなんて、いい女ではないな」
「自分を愛してくれない人と一緒にいても仕方ないな」

と、自分の気持ちが改めて見えてくることで、自分自身が固まってきます。
この例は、女子ではよくあることですが、実は立派なコーチングのテクニックなのです。

このようにコーチングは「対話をすること」「相手の話を良く聞くこと(傾聴)」「感じたことを認めること」「質問から、相手に自発的な行動をうながすこと」が基本になっています。

そしてこれは仕事の悩みにもとっても有効。
いろんな嫌なことが頭をぐるぐる回り、自分の気持ちがはっきりしないときにはぜひ使ってみて欲しいテクニックなのです。

仕事の悩みもコーチングテクニックでスッキリ!

本当にコーチングによって自分を高めていこうと思うなら、プロに頼るのが一番です。
心理学やキャリアコンサルタントの勉強をしていたり、コーチングプログラムをじっくり実施してくれるコーチに出会うことができたら、自分の人生が急に開ける可能性もあります。
本当にコーチングによって自分を高めていこうと思うなら、プロに頼るのが一番です。
心理学やキャリアコンサルタントの勉強をしていたり、コーチングプログラムをじっくり実施してくれるコーチに出会うことができたら、自分の人生が急に開ける可能性もあります。


しかし身近にそんな人がいない、費用をかけることができないと思うなら、コーチングのテクニックを自分で学んでみることもおすすめ。まずは基本的な本を一冊読んで、考え方の仕組みを理解しましょう。それだけでも大きな成果はありますよ。

そして、自分の心の中で対話をしてみましょう。

「どうして今の会社に入ったの?あのときのモチベーションは?」
「カッコいいと思っていた憧れの先輩に、今の私は近づけてる?」
「今週中には絶対終わらない、投げ出したい量の仕事の優先順位は!?」
「今頑張ることで、夢にはどれくらい距離が縮まるの?」

成功のポイントは、自分の心の中のぐちゃぐちゃはいったん横に置き、他人として問いかけをしてみること。「でもでも」「無理無理」という自分の心の声は無視して、客観的に質問をしてみましょう。

このセルフコーチングのテクニックを身に付けることで、トラブルが起きてもパニックにならない冷静な自分を手に入れることができますよ。この手法はいろいろな場面で応用が効くので、プライベートでも使うことが可能です。

そしてそのうえでの判断なら、自分自身の納得レベルも高くなるでしょう。
また、仕事も含めて「自分自身のこと」をもっと深く知って人生を考えてみたいのなら、「女性向けコーチング」などの講座やコーチングのセッションを受けてみることもおすすめします。エステでお肌を磨くために使う15,000円も自分のためになりますが、コーチングの専門家に心のメンテナンスをしてもらう15,000円にもとっても意義があることでしょう。

仕事で成功している人ほど、これらのコーチング講座を受けている可能性が高いです。もし周りにキャリアを築いた女性の先輩がいたら、一度相談してみてはいかがですか?もしかしたらいい先生を紹介してくれるかも知れませんよ!

まとめ

仕事が嫌だ!と悩んでしまったら、まずはコーチングを参考に、自分との対話をしてみましょう。そのうえで自分らしい判断ができたらいいですね。

コーチングは、働く女子がすっきり仕事をするためのスキルです。まずは本など読んでみてはいかがですか?
そして、女性としてステキなキャリアを歩んで行けるように様々な心理テクニックの助けを借りてみましょう。きっとスッキリした明日を迎えられますよ。


【本田もみじ プロフィール】
関西在住の、仏像とお酒とひとり旅をこよなく愛するライター。
女性向け記事を中心に活動しているが、マニアックな寺社仏閣ネタと観光・街ネタ記事も積極的に書いている。
17 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -