おみくじの正しい結び方とご利益の受け取り方

2016/12/20

初詣に行ったら必ず引くのが、おみくじ。特に女子にとっては、これからの運気を知ることができる新年の必須アイテム。そこで今回は、引いたおみくじの結び方・扱い方を、寺社仏閣マスターの本田もみじがご紹介します。せっかく引いたおみくじ、もっと運が良くなるようにしていきましょう!
おみくじの正しい結び方とご利益の受け取り方

おみくじはそもそも、引き終わったら結ぶべきなの?

引いたおみくじを結ぶかどうするかは、寺社によっていろいろな見解があります。
「大吉を引いたら持ち帰る」などのジンクスもありますが、いろいろな説があるため引いた後に「どうしよう」と迷うこともあるかと思います。

おみくじとはそもそも、あなたと神仏の縁を結ぶもの。あなたが心を決めて引きメッセージを受け取ったことで、神さま仏さまとの縁はすでにできあがっています。そのため、引き終わったおみくじは特に決まりにとらわれずに、結ばずに「自分の気が向くように」しても構いません。

おみくじに書いてあるメッセージは、もともとは「いましめ」「教訓」として書かれたもの。
だからこそ、大吉や凶などの結果に関係なく「自分にとって教訓となる言葉が書いてあるから、覚えておきたい」と思ったら持ち帰ってもいいのです。

特に結果が良かった場合は結ばずに持ち帰りたくなることが多いかと思います。
嬉しい言葉が書いてあると、テンションも上がりますよね。その場合はお財布の中などに入れて持ち歩き、迷ったときや心をリフレッシュしたいときに読み直すこともおすすめです。

逆に結果が悪かったなら、「凶をその場にとどめ、吉に転じさせる」という意味合いで結んで帰ることをおすすめします。あまり嬉しくはないことが書いてあったら「神仏がこれ以上悪いことが起きないようにいましめてくれている」と思うようにして、少し気を引き締めて生活をするようにしましょう。

おみくじを結ぶ場所はどうすればいいの!?

13 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -