生活が苦しい原因と乗り越える3つの方法

2016/11/29

まったくお金がないわけではないけれど、かといって余裕があるわけでもない日々を不安に過ごしている方はいませんか?苦しい生活をどのようにして切り抜けていくか、心と知恵をうまく生かしながら一緒に考えてみましょう。
生活が苦しい原因と乗り越える3つの方法

生活が苦しいと感じるのはどこから?収入と生活のバランス

生活が苦しいと感じるときは、当然ですが金銭が絡んでいます。
まったくの無収入というわけではない限り、私たちはある程度のお金を所持しているはずです。
たとえばアジアのどこかの国では、現金が8万円もあれば生活が苦しいと感じることなく過ごすことが出来ますよね。


しかし私たちが暮らす日本で8万円の生活費となると、衣食住の基盤すら危うくなってしまいます。
このようにどこで生活しているかによって、生活水準もまちまちなのです。
ざっくりいってしまうと、自分の収入に見合った地域で生活をすれば、苦しいなんて感じることはまず皆無でしょう。

生活が苦しいのは、限界値がみえていると感じてしまうことゆえの、苦しさ

私たちが日常を生きていくうえで、食料品にはこの金額を、子どもの学校費用等にはこの金額をなど振り分ける必要がでてきます。


そのほかに家賃や医療費や交通費、上下水道光熱費などさまざまな費用がかかります。
ただその地域で生活をするだけで、お金は手元をごく当たり前に離れていくのです。


お金が減っていくことで、精神的に不安を感じて生活の苦しさを実感してしまいます。
それはなぜかというと、お金が減っていくと「なにかができる」という余裕も一緒に減っていくから苦しいのです。
子どもや家族に関わる、急な出費に対応できる余裕がなくなるのです。

こうした限界値がみえてしまうと、自分が身を置いている生活が窮屈に思えて、やがては生活が「苦しくてつらい」と脳が認識してしまうのです。

生活が苦しいと感じるのは物質的な貧しさと、心の貧しさから

欲しい洋服があるけれど、それを買うお金がなかったり、お友達と飲みに出るお金もないなどの「物質的な貧しさ」というものがあります。
かたや、物質にも恵まれて華やかな交友関係もありながら、心は孤独を感じているなどの精神的な貧しさがあります。


この両者は、どちらも生活の苦しさを感じさせる要因でもあるのです。
たとえば、決して裕福とはいえない収入であっても、自分のやりたい仕事に就いて満足を感じていれば、そこには生活の苦しさというのは介入しないでしょう。


また、心が孤独で欲しいものはたいてい手に入ったとしても、孤独な心は満足を得ることはありません。
こうして、生活の苦しさの感じ方というのは、心の持ち方一つでどうとでも変わるということがいえるのではないでしょうか。

生活が苦しいと感じる不安を乗り越える3つの方法

生活が苦しいと感じるときには、そこに不安という心の状態があります。
物質的にお金が足していない場合も、心が満たされていない場合にもそこに不安定な心の状態があるから苦しく感じるのです。


こういうときはそのままその波に乗ったりせずに、早めに苦しみを乗り越えていくことが大切です。
では、どのように乗り越えていったらよいか、いくつかご紹介しましょう。

■信頼のできる家族や友人に苦しい心の内側を話しましょう

現在、生活が苦しいことを恥ずかしがることなく打ち明けて相談してみましょう。
公的援助の情報や、仕事に関する情報など教えてくれるかもしれません。

■家計の見直しをしてみましょう

23 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -